スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-saki-全国編 第8局「防塞」

・インターハイ2回戦第3試合副将戦
永水女子 薄墨初美(3年)
宮守女子 臼沢塞(3年)
姫松高校 愛宕絹恵(2年)
清澄高校 原村和(1年)

東四局、東と北を立て続けに鳴いた薄墨初美で場は一気に緊張を迎える。
臼沢塞は顧問の熊倉トシより、初美が北家の時に東と北を鳴く事が非常に多いと伝えられていた。
鬼門の牌を鬼門に置く、そうする事で初美の手には次々と南と西、すなわち裏鬼門が入ってくる。
次々と初美の手が集まる中、塞によって初美の力が封じられて牌が集まらなくなる。
初美の能力は判りやすい能力であるよね。北家限定で発動条件は限られるけど、その分確実に役満になるから破壊力は抜群なんだけど。

初美は対局前に狩宿巴から塞に注意するようにと警告を受けていた。
ニライカナイの力を持つ沖縄の銘刈が1回戦で一度も和了る事が出来なかった。岩手県予選でも塞のマークした対戦者は和了ることが出来ず、石戸霞は見つめた相手の手を塞ぐ能力ではないかと推測していた。
能力を封じる能力者という特殊系能力。姫松もこれには気づいてないみたいで、気付いているのはどうやら永水だけらしい。まぁ、姫松は基本的に無能力者ばかりだから関係ないというのもあるのかな。でも和了りを塞ぐという意味では、能力者かどうかは関係ないのかな。
銘刈の能力が判らないけど、ニライカナイなので配牌時点で聴牌しているとか、ツモが凄くいいとかだろうか。

続きを読む

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

咲-saki-全国編 第7局「注目」

・インターハイ2回戦第3試合中堅戦後半戦
永水女子 滝見春(1年)
宮守女子 鹿倉胡桃(3年)
姫松高校 愛宕洋榎(3年)
清澄高校 竹井久(3年)

前半戦では緊張から大幅失点をしながらも調子を取り戻したことにより先制する竹井久に対して、安手で回して場を流す滝見春と鹿倉胡桃。
胡桃は一切リーチせず、全てダマで打つ打ち手。
聴牌気配が見えないだけであるため、完全に消える東横桃子ほどのオカルトではなくとも、久にとっては一番厄介な相手。
胡桃は地味な打ち手ながら、100%ダマの上にテンパイしているか判りにくいと、現実的にはあまり対戦したくない相手る
そういえば久は公式戦でオカルト能力者とはぶつかってないのか? 個人戦では対戦してるか。
まぁ普段から和や咲とかと打ってるし、合同合宿では衣たちともやってるからオカルトへの免疫はあるんだけど。
愛宕洋榎は春が安手で流そうとするのを見越した上で、彼女から直撃を奪い取り、自分と久では格が違うと語る。
が、胡桃から点数申告しろと怒られる。
相変らず洋榎に対しては容赦ないツッコミを入れまくる胡桃。
かなりの自信家の洋榎であるが、彼女だけは春季大会も含めてここまで常にプラスの収支であり、自信を裏付けるだけの結果も伴っていた。
迷いのない彼女を羨ましく感じる久は、本来の調子を取り戻してきていたが、思うとおりに進めることが出来ないでいた。
そんな状況も「楽しい」と感じる久は、この場所へと連れてきてくれた仲間たちに感謝する。
実力は確かだけと、とにかく騒々しい洋榎だけど実力は確か。おそらく姫松のエースは彼女なんだよな。

続きを読む

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

咲-saki-全国編 第6局「萎縮」

インターハイ2回戦第4試合でも次鋒戦が終了し、臨海女子のリードを熱弁する実況アナウンサーの福与恒子。
解説の小鍛冶健夜はほっと一息。
休憩に入った二人がお昼をとりにいくと、藤田靖子が久保貴子と一緒にやってきました。
こーこちゃん、変な女子アナ扱い。間違っているわけではないですけど。
赤土晴絵率いる阿智賀女子の話題になる靖子と健夜。
晴絵は健夜がかつてインターハイで対戦した対戦相手で、監督となって母校をインターハイに導いてきたが予想外の活躍をしていることから話題にあげただけ。
靖子の目的も知らなかった健夜ですが、説明する前に姫松高校の監督赤阪郁乃がやってきたので、めんどくさいとそそくさと退散してしまいました。
晴絵がすこやんに敬語なのは、彼女の方が先輩だからですね。

永水女子の中堅・滝見春と解説の戒能良子プロとの関係について言及した方がいいのではないかと訊ねるアナウンサー・佐藤裕子だが、戒能本人は話を聞かずにケータリングのお弁当に集中。
そんな彼女に、裕子は今度一緒にそのお弁当の店に食べに行かないかと誘うことに。
はるるんと戒能は従姉妹同士らしい

続きを読む

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

咲-saki-全国編 第5局「神鬼」

・インターハイ2回戦第3試合先鋒戦
永水女子 神代小蒔(2年)
宮守女子 小瀬川白望(3年)
姫松高校 上重漫(2年)
清澄高校 片岡優希(1年)

片岡優希の東1局連荘で幕を開けたが、マヨヒガの子・小瀬川白望がここに来て力を発揮し始める。
上重漫の爆発に期待する末原恭子だが、なかなか爆発しない漫にこのままだと罰ゲームだと語る。そんな彼女が漫に厳しいという愛宕絹恵に、恭子は愛の鞭だと答える。
ダメっ子に見える漫も一応能力者です。そういえば姫松の能力者はこの娘だけか? ほかは解析したデータを下に高い地力で打つだけの子たちばかりだよね。
準決勝で恭子が化けるのかな。

十五ヶ月前、姫松高校では校内での練習中に恭子は麻雀部監督代行の赤阪郁乃に屋上へと呼び出された。
団体戦のレギュラーに恭子を入れるつもりだという郁乃だったが、恭子は即答で断る。
他には3年の中岸、箕野、梅末、2年は愛宕洋榎をメンバーと考えていたが、恭子は漫をメンバーへと推薦する。
部内でのルールでは非常に弱い彼女だが、単純収支累計では非常に好成績を残していた。それは相手が強いほどに爆発的に勝つという特性を持っていた。
3年生は引退して今はいないメンバー。ただこの時のメンバーでは決勝戦には行けなかった、という事なんだろう。
本来の監督は病気療養中で、交代したのが郁乃。のほほんとしたメンドクサイ人ですが、強豪校の監督を任されるだけあって、手腕はなかなかなんですよね。

続きを読む

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

咲-saki-全国編 第4局「東風」

インターハイベスト16に残った初出場校は2校。うち一校が長野県代表・清澄高校だった。
ちなみにもう一校は南北海道代表・有珠山高校。準決勝での対戦校で、大将がヤバイらしい。たぶんサイドテールの子だと思うけど。
もし決勝進出が清澄と有珠山になったら、決勝戦が常連校一校、初出場二校、二度目が一校という大波乱状態。でも有珠山の先鋒の子ではお姉ちゃんを相手に戦うには戦力不足だから、姫松か臨海女子だろうな。真っ当に考えれば臨海。

・先鋒戦
永水女子 神代小蒔(2年)
宮守女子 小瀬川白望(3年)
姫松高校 上重漫(2年)
清澄高校 片岡優希(1年)

片岡優希の起家でゲームが始まる。
南大阪代表・姫松高校は先鋒戦での要注意人物を優希としていた。
永水女子・神代小蒔はその実力から注意するのは当然であったが、優希は県予選にて東場のみで歴代ハイスコアを残していた。
清澄ではダメっ子っぽい優希ですが、東場のみに注目した場合は凄い子なんです。個人戦でも東風戦の時は大活躍していたし。

続きを読む

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。