fc2ブログ

大正野球娘。 第九話「誤解の多い料理店」

鈴川小梅は寝る前に川島乃枝の情報を下に、朝香中学野球部の情報を必死に頭に叩き込む。
夜更かしが寝過ごして祟って家を飛び出した小梅。
引き出しに朝香中のメンバーの写真を押し込むも、運悪く高原伴睦の写真だけが引き出しから落ちてしまい、母親の鈴川八重に発見されてしまう。
八重から相談された鈴川洋一郎は、小梅が高原の事を想っていると勘違いする。
よりによってあの男の写真とはまた運が悪いというか。

子供達との試合には勝てるぐらいに強くなったものの、子供達には本気で勝つなら使える魔球を覚えろと指摘されて、小笠原晶子はふくれることに。
確かに、そろそろ別の変化球も必要だよな。果たしてどの球種を覚えるのか。ナックルは今後使わないのか気になるところ。もしかすると最後の最後に一か八かの決め球として使うのかな。
アンナ・カートランドは朝香中に正式に試合の申し込みをすることを表明するが、小梅や晶子にはまだ親に野球の事を説明していないという問題が残っていた。
晶子と小梅の二人以外は話しているということだろうか。まぁ、雪やタマちゃんは小さい時から野球していたりしたから、反対は少ないのかもしれないな。
乃枝も家で公然と分析とかしてたし。
家に帰ると両親に呼び出された小梅は、八重から高原伴睦の写真を突きつけられる。
互いに誤解したまま話しを進め、喧嘩を始める小梅と洋一郎。
代名詞ばかりで話を進めるからそういう事になるのですね。
誤解が生じないように、会話はちゃんと名詞を使用しましょう。

『櫻花會』では乃枝がプレイ時間の短縮を課題とする。
朝香中は全員が胡蝶並に早く、中でも一番の俊足は自称小梅の恋人である伴睦。
塁に出られた時に、今のままだとアウトにするのも難しく、どんどん盗塁されるということだな。何か工夫を凝らしてくるのか、それとも単純にスピードアップをするだけなのか。
少しでも早くするには、送球方法などの工夫が必要だとアドバイスする乃枝は、新しい魔球の開発もするように念押し。
伴睦はああ見えて優秀な選手という事ですか。

紀谷三郎は小梅を呼び出し、八重と洋一郎の会話を聞いてしまったことを話す。
「あんな事」する女の子が嫌いかと訊ねる小梅に、小梅は浅い考えで行動する人間ではないと知っており、小梅が本気かどうかを知りたいのだという。
「本気です!
 もう後へは引けません。
 この先、どんな苦難の道が待ち受けているか、判らないけど。
 必ずやり遂げるつもりです」
勘違いしたまま話は進み、三郎は泣きながら「頑張ってください」と応援し、小梅は「必ずやり遂げてみせるから」と笑顔で応じる。
話が見事なまでにややこしい方向に絡んでいっていますね。
ちゃんと主語を使わないから……

翌日、魔球の開発にいそしむ小梅と晶子。
三郎に応援してもらった小梅は不気味なぐらいに笑顔で、みんな不思議がる。
一方の三郎は茫然自失で、仕事も完全に上の空。
お互いに勘違いしているせいで小梅は上機嫌なのに、三郎は凹みまくり。
応援したものの、あれだけ笑顔で「頑張る」と連呼されたら凹むのもわかるけどね。

東邦星華高等女学院からの正式な試合申し込みに、一も二もなく賛成の高原だが、彼の意見はみんなで無視。
もうチーム内でも彼の言葉は軽視されているのか。
満を持しての申し込みに、向こうも相当の自信を持って挑んできているのだろうと感じる部員達だが、岩崎荘介は未だに乗り気ではない。高原は晶子との仲直りもチャンスだと言うも、それでも難色を示す。
偵察している記子の事を知っているのは、以前にスコアラーの男の子と話していた部員だな。乃枝に言われて記子がしょっちゅう偵察に来ているのを知っているだけに、相手の真剣さを把握しているのか。

『櫻花會』の正式な申し込みに対して、学校間の問題でもあると、試合については朝香中学の校長が預かることに。

晶子達が助けた老人・小倉矢八郎は学校長と顔馴染みで、『櫻花會』の練習風景を見学することに。
校長先生も真剣に取り組んでいる櫻花會を認めてきてくれてるのですね。
そこに朝香中からの返答が送られてくるも、返事を目にした校長が顔をしかめる。
神聖なグラウンドに婦女子を入れる事はベースボールに対する冒涜として、試合を拒否する内容だった。
校長も必死に頑張っている生徒の姿を見ているし、彼女自身も校長の座に着くほどの人物ですから、女性蔑視に対しては腹が立つのでしょう。


怒りの収まらない晶子は岩崎に荘介をする。
試合を受けると返事をしたはずなのに、拒否していると知った荘介は驚く。
晶子は荘介の言葉を信じられないと電話を切ってしまう。
岩崎は悩んでいたけど、結局受ける事にしていたんだね。
校長は彼らの意見を考慮しなかったのか。

翌日、荘介は監督の言葉に耳を貸さず、校長に対して自分たちの意見を聞かずに断った事に対して抗議する。
だが校長は正式な試合であり、職員会議で決まった事だと直談判にも耳を貸そうとしない。
真剣に考えて結論を出したのに、自分たちの意見すら聞かずに教師たちが勝手に真逆の返答をしていたのだから、岩崎が腹を立てるのも当然だろう。
その時、矢八郎が校長の下を訪れる。
校長の言い分を耳にした矢八郎。
女は家庭に入れば良く、男の真似事をするのは部を弁えぬ滑稽な行為だと笑う校長。大蔵から訊ねられると、お嬢様の相手などするほど暇ではない、という校長の意見を真っ向から否定する荘介。
明らかな女性蔑視を自慢げに話して、それを小倉が賛同してくれるとでも思っているのでしょうが。当然この人がやってきたのは『櫻花會』の申し込みを断った真意を探るためで、それが差別意識からなら賛同するはずもないよな。
真剣に挑んで来ている以上は、しっかりと受け止めるべきだという彼の言葉に感心する矢八郎。
校長が女から逃げているのではないか、口にした矢八郎は女から逃げるような中学の後援会長をしていた事を情けないと嘆き、彼との関係をこれまでにすると切り出して校長を驚かせる。
校長、まさかの事態におおわらわ。
学校の名誉のためとして断った事が、逆に経営の危機になろうとは。
これでは申し込みを受けるように訂正するしかないだろう。辻打ち騒ぎがこんなところでいい結果を有無とはな。

朝香中から試合承諾を報せにきたアンナに、喜ぶ『櫻花會』は、夏休み明けの試合に向けて気合いを入れる。
しかし試合までに多くの課題が残っている。
そこで晶子は夏休みに彼女の家の高原の別荘で合宿する事を提案する。
流石はお嬢様。高原の別荘とか持ってますよ。特に1年生コンビはかなりテンション上がってます。
巴はひたすらホームラン狙いで、静に呆れられてるし。
この子はホームランさえ狙わなければ、男子相手でも引けをとらない好打者だと思うのだけど。

ご機嫌で帰宅する小梅に声を掛けてきた伴睦は、試合で『櫻花會』が朝香中に負けたら小梅が高原とランデブーする、という賭を申し込む。
前みたいにチームでの約束にすると、また岩崎に却下されてしまうから、今度は直接挑発してきたわけだ。
勝手に承諾したと思い込む伴睦。
二人の話を偶然目撃した三郎は、勘違いを更に深めてしまう。
雪達磨式の勘違い。

元気のない三郎を不思議に思う小梅は、八重から小梅が伴睦と会いランデブーの約束をしていたと聞かされた小梅は、慌てて三郎を追いかける。
「三郎さんの馬鹿ぁぁぁぁぁ!!!」
「お嬢さん」
「大嫌いっ!」
「え?」
小梅は伴睦の事など好きでもなんでもないのだと説明する。
ランデブーは試合に負けた時の賭だという小梅に驚く三郎。
誤解しているのにいきなり「バカ」呼ばわりあんまりです、小梅さん。
まぁ、婚約者である三郎ではなく、自分が伴睦と付き合おうとしていると思われた事が嫌だったのかもしれないけど。

小梅が秘密にしていたのが野球だと知り、両親も勘違いしていた事を知る。
坂道で手を差し出した三郎に照れる小梅。
二人は三郎のハンカチの握ることに。
ピュアすぎる。大正時代の娘だから仕方ないのかもしれませんけど。
それはさておいても、小梅は野球をやってるやってないに関わらず、この程度の坂はへっちゃらだと思いますよ。あの野球部の部室を作っていた時のタフさを考えると。
野球も元気な小梅らしくて良いという三郎に、小梅は両親には内緒だと笑う。
結局両親は誤解したままにしておくのか。二人は未だに小梅が三郎ではなく、高原の事を好きだと思い込んだままになってしまうのですね。

丘の上にやってきた二人。
三郎は自分と賭をして欲しいと言い出す。
「もしお嬢さんが勝ったら」
「勝ったら?」
「……小梅さんと呼んでもいいですか」
「三郎さんの意地悪。
 私が負ける気が無いことを知ってるくせに」
「賭になりませんか?」
「ううん。その勝負、受けた!」
無駄にラブラブな二人。
しかし名前で呼ぶのに、わざわざそんな条件を出すとはえらい純情です。
しかも条件が勝ったらなので、小梅は嫌なら負けなければならないという条件。ま、嫌じゃないからいいんでしょうけど。

次回 第十話「私は何をする人ぞ」


いよいよ合宿。
鏡子の暴走話みたいです。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい






こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト



theme : 大正野球娘。
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事