fc2ブログ

鋼殻のレギオス 第23話「イグナシスの欠片」

オーロラ・フィールドより突如出現した汚染獣ダインスレイフを斬り裂く勁羅砲。
だが、フェリ・ロスは念威にて汚染獣の生命反応があり、心臓も2つ存在している事に気付く。カリアン・ロスは2匹となって甦る可能性に気付き、第1小隊長ヴァンゼ・ハルデイに勁羅砲の第2射を準備させる。
小隊たちはグレンダンの動向を確認するため、待機。
ぶっちゃけ、グレンダンが本気になれば、小隊なんていようがいまいが関係ないと思うんだけどね。たぶん、道の砂利が増えたようなものでしかないと思うよ。

この間にニーナ・アントークがツェルニから都市の外へと出ていた。
電子精霊を回収する為、カリアンは第17小隊を向かわせる。
あくまでもツェルニの回収を第1優先と考えるカリアンは、都市を預かる者として最悪ニーナがディン・ディーと同じ道を辿るのも止む得ないという覚悟を決めていた。
ところで、結局前回のラストでニーナが悲鳴を上げたのは何故? 汚染獣とは無関係で、単に廃貴族に支配されたことの苦しみだったのか?
「やっと会えたと思ったら、真っ二つにされちゃって。
 コレじゃあ、奴らの思う壺よね」
呟く女王アルシェイラ・アルモニス。
“奴ら”とは誰かは直ぐに発覚。
グレンダンへの侵入者の報告をカナリス・エアリフォス・リヴィンから受ける。
迎撃に天剣の一人バーメリン・スワッティス・ノルネを向かわせると、既にディクセリオ・マスケインが狼面衆と対峙していた。
口の悪いバーメリンは、敵味方関係なくディクセリオ諸共、狼面衆に攻撃を開始。
ディクセリオは狼面衆に故郷の都市を破壊された過去を持っていたようです。
アルシェイラ・アルモニスはグレンダンには6人の天剣が残れば十分だと、鋼糸使いリンテンス・サーヴォレイド・ハーデンたちを汚染獣討伐へと向かわせる。
6人残せという事は、2人欠けているので、実質4人だけ差し向けるという事か。
未だに見えてこないアルシェイラの真の目的。
グレンダンがわざわざ足を運んだのは、この汚染獣が出てくることなどを読んでいたからなのか。

出撃を控えたシャーニッド・エリプトンはダルシェナ・シェ・マテルナに残っても良いと告げる。本気で言っているのかと問い掛けるシェーナに、シャーニッドは「俺がお前に嘘を吐いた事があるのか」と告げる。
ダルシェナはシャーニッドから嘘しか聞いた事がなく、何時になれば真実が聞けるのかと口にする。
この二人の関係は相変わらず微妙なまま。
シャーニッドは最終回に告白か?

勁羅砲によって念威端子が満足に使用出来ない状況で、小隊の仲間と共に出撃するフェリを止めたカリアンだが、フェリは仲間と共に出撃すると聞かず、あくまでも止めようとするカリアンに念威端子を向けるほどの覚悟を示す。
そんな彼女の成長を少し寂しくさえ感じるカリアン。
以前なら出来る限り自分の力を使いたくないと思っていたのに、自分から率先して戦いの場へと足を向けるようになりました。
仲間のために、少しでも力になろうという心意気を見せるフェリ。仲間のためというか、男のため?
お兄ちゃんとしては寂しい限りか。
それにしてもフェリが行ってどうなるというのなら、ハーレイの方が行ってどうなるという感じなんですけど。彼は技術屋で戦いは出来ないよな。
前から思っていたのですが、汚染された外気から身を守るために防護服を付けているはずなのに、何故女性陣は揃いも揃って太ももを剥き出しにしているんでしょうか? あの絶対領域は確実に爛れるぞ。

避難所に避難するリーリン・マーフェス。
かつての自分はレイフォンの側にいながら、何も知らなかった、何も知ろうとしなかったと後悔する。
その時、外の様子を確認してきた一人の学生がツェルニの暴走が止まり、これでツェルニが助かるという話を広め、ナルキ・ゲルニは不確かな情報を広めないようにと注意を促す。だが、男子生徒は第17小隊が汚染獣を倒しに向かったから安全だと言う。
本当にうかつな小僧がいたもんですが、彼はどこから第17小隊の出撃なんて細かい情報まで手に入れたんだろうか。お気楽過ぎるのはレイフォンさえ戦えば、汚染獣を倒せると思い込んでいるところか。レイフォンとて、老生態が相手なら一人では倒せないというのに。
話を聞いたリーリンはレイフォンにダイトを届けようとするも、ナルキが彼女を汚染獣に届けられる者等この都市にはいないと制止。
すると、リーリンはゴルネオ・ルッケンスの居場所を尋ねる。
ゴルネオを思い付いたのは、ルッケンスの名前がそれだけ有名だという事なのかな。リーリンが思い付く限り、レイフォン以外で唯一頼れそうな相手というところか。

狼面衆と戦うバーメリンの天剣は銃……
仕留め損ねたというバーメリンに、念威繰者デルボネ・キュアンティス・ミューラは迷宮に配した天剣たちで止められたらいいのだがと言う。
迷宮でオーロラ・フィールドから出現する狼面衆との戦う天剣のカナリス、ルイメイ・ガーラント・メックリング、ティグリス・ノイエラン・ロンスマイア、カルヴァーン・ゲオルディウス・ミッドノット。
「レギオスは消え。
 リグザリオの思想は塵と化す
 今こそイグナシスの夢想が実現するのだ。
 オーロラフィールドからの使者、ダインスレイフがそれを可能とする。
 我々はイグナシスの邪魔をする眠りを引きずり出し、その正体を暴く」
一人ずつは天剣からするとただの雑魚ですが、次々と沸いて出てくるのでキリがない。そもそも彼らは人間ですらないのか?
レギオスだのイグナシスだのと言われても何の事だかさっぱり判りません。
とりあえず、狼面衆がイグナシスとやらを崇拝して、付き従っているっぽい事だけは確かなようですが。

アルシェイラはサヤが眠っているのか、何を思っているのか、彼女がリーリンを守ってくれているのかと考えるが、そこに天剣を取りに戻ったサヴァリス・ルッケンスがやってくる。
「天剣に負けは許されないわよ」
自分はレイフォンとは違うというサヴァリスに、アルシェイラはレイフォンはまだ「負けてはない」と言う。
天剣ってやはり通常の錬金鋼(ダイト)よりも強力な武器なんだろうか。
アルシェイラはやはりまだレイフォンを天剣に戻すことも検討しているということなのかな。

汚染獣ダインスレイフの下に向かったレイフォンはニーナを発見するが、ニーナは既に廃貴族ガンドウェリアに取り囲まれていた。自分の邪魔をするなと襲いかかるニーナに対して、彼女を傷つけるわけに行かないレイフォンは攻撃を躱しながらニーナの仮面を外す。
と、その時、汚染獣が復活を始める。
あの仮面って廃貴族の証として肉体の一部とかだと思ったら、普通に外れるのな。ただ汚染から身を守る為のアイテムだったのか。

都市へと向かうレイフォンに、ニーナは自分がどうしたらいいのか判らないと溢す。
大切なものを守る為に強くなりたいと願ってきた。
都市を守りたいというツェルニの意志は自分の願いでもある。廃貴族を抱えたままの自分がどうなってしまうのかという恐怖に震える。
レイフォンは自分が戦いを否定しながら、小隊で戦ってきたのだと告白する。賭け試合に出場した事は、養父を裏切り、サイハーデンを裏切った事であり、贖罪をしようと考えていたのだという。故にサイハーデンの技と刀の使用を封じた。
だが、フェリを救うための戦いで、刀を、技を使いたいという気持ちが溢れてきた。未だに罪を償っていないというのに。
「レイフォン、戦いの理由を誰かに武器に託すな。
 いや、戦いたい気持ちを自分以外のものに理由付けするな。
 その気持ちは、自らわき起こるべきだ。
 戦う目的も同じだ。
 人が戦うから、自分も戦うのではない。
 同じ目的の者の中に、自分を置き、律し、協力し、行動する。
 それが、一番正しいと思っている」
しかし自分は間違えてしまった。レイフォンの気持ちも考えずに、彼を第17小隊に引きずり込んでしまったというニーナに、レイフォンは今は17小隊が自分の居場所だと語る。
カリアンにも戦いの理由を誰かに託すなと言われたのですが、向こうの話はちゃんと聞かなかったけど、隊長の話には耳を傾けるんだな。

レイフォンをフェリたちに届けたレイフォンは、彼女らが都市へと向かうと、自らは天剣たちが戦っている廃貴族の下に向かう。
だが、廃貴族を奪取すべく、サヴァリスがやってきていた事を彼は知らない。
フェリはフォンフォンに勁羅砲の発射時刻に変更はなく、気を付けるようにと注意する。
「必ず戻ってきて下さい、フォンフォン」
念威で伝えるフェリ。

活動を始めた汚染獣ダインスレイフとの戦いを開始するリンテンス、リヴァース・イージナス・エルメン、カウンティア・ヴァルモン・ファーネス、トロイアット・ギャバネスト・フィランディン。
少しでも足止めすべく汚染獣へと向かったレイフォンだが、そこにフェリの念威が飛んできて、天剣授受者にニーナが攫われたと報せてくる。
天剣相手ではあっという間だった。しかもサヴァリスは天剣を抜きさえしなかった様子。

珍しくCパートを使用。
待機中のゴルネオとシャンテ・ライテの下にやってきたリーリンは、サイハーデンの刀の錬金鋼(ダイト)を見せ、レイフォンの下に届けたいのだと告げ、汚染獣の下へ連れて行ってくれるように頼む。
届けて下さいではなく、あくまでも自分が行くというのが決定事項な本妻。
レイフォンはニーナ奪還に向かうから、汚染獣のところにいないのでは……
途中でフェリたちと出会ってその事を知る事になるのかな。

話は進んだようで、あまり進んでないなぁ。
もはやメイシェンとミィフィは存在すら忘れられている。
レイフォン争奪戦、メイシェンはもはや空気です。

次回 第24話「胎動する都市」

廃貴族を支配した男=イグナシス
迷宮の奥に眠る荊姫=サヤ
12本目の天剣の行方
瞳に月を宿す少女=リーリン

再び動き出す「レギオス」とは何なのか。
レジェンド・オブ・レギオスと繋がるのか。
イグナシスを眠らせているのがサヤという事なんだろうな。
イグナシスを完全に倒すのに、12本の天剣が必要なのか? と、なるとリーリンの役割はなんなのか。
どうも、サヴァリスがイグナシスになってしまう、という展開のような気がするな。
次回は一気に謎が解明しそうな感じです。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい




こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト



theme : 鋼殻のレギオス
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

鋼殻のレギオス 第23話「イグナシスの欠片」

イグナシスってなんだろうw また狼面衆が出ましたね! ディックも。 みんな、どこからやって来てるんでしょうw アルシェイラ女王さ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事