FC2ブログ

アスラクライン EX005「交わり合う心と体」

アバンではスーツケースを手に機巧魔神(アスラ・マキーナ)と戦う黒崎朱浬が、善戦空しく敗れて海に投げ出されてしまう場面が。

帰宅した夏目智春は鳴桜邸の前で倒れている黒崎朱浬を見付けて、自室に運び込む。彼女は例のトランクを持っていましたが、同じように機巧魔神(アスラ・マキーナ)が入っているのか、それ以外のものが入っているのか。
目隠ししないと女性の身体も拭けない、智春の相変わらずなヘタレっぷりが全開です。結局は裸を見ているわけですが。
しかし朱浬だと思っていた少女は、自分の事を紫浬だと名乗る。

紫浬という双子の妹がいるという噂は学校にはなく、少なくとも同じ私立洛芦和高校の生徒ではないようで。
しかも事情を聞こうとした朱浬も学校を無断欠席。
第一生徒会長 佐伯玲士郎は第二生徒会が何やら活動しており、警戒していてそこに朱浬が関わっているんじゃないかと疑っているようです。
人前で平然とあれこれと話してますが、そんな公然と話していい内容なんでしょうか……
第二生徒会そのものが立場的に何を目差しているのか、彼らにも判っていないのか。
やむを得ず彼女の自宅である教会へと訪れても、そこに朱浬の姿はない。ただ朱浬に似た女性の映像のようなものが一瞬出ていますが、やはりこれは操緒と同じ射影体だったんだろう。
智春は 下着泥棒 紫浬の着替えを物色です。そこで何故か智春が体験した飛行機事故の記事のスクラップがありました。この事故について何か調べているという事なのか。
それにしても悪魔側の人間が教会に住んでいるんですね。まぁ、キリスト教の天使や悪魔と、彼らのいう悪魔というのは直接結びついているわけじゃないからいいのか。
教会でアニア・フォルチュナ・ソメシェル・ミク・クラウゼンブルヒと出会い、教会の神父がいない事、そして朱浬が3年前に教会にふらりと現れてそのまま神父の養女になったという情報を入手。
懺悔しにきただけ、とかあからさまに胡散臭いです。

紫浬は自分と瓜二つな女性と共にアスラ・マキーナに殺される夢を見ていたようですが、戦っているのは明らかに朱浬だよな。夢に出てきたのはニア。
やはり朱浬は双子で、一度殺されて、朱浬の方はサイボーグになったという事なのか?
紫浬はノーパンにワイシャツだけという姿。せめてズボンでも穿かせていれば良かったんではないかと思いますが。
鳴桜邸にはトランクが大量にあるようで、夏目直貴は今回の一件にかなり深く関わっているのではないかという感じようです。
副葬処女(べリアル・ドール)という単語が夢の中で出てきたようですが、智春も水無神操緒も知らない。
次々と新しい単語が出てきて大変だなぁ。

そこに真日和秀による突然の襲撃。
相変わらず次々と破壊される屋敷です。
智春が学校を卒業するまでにこの家は無くなるんじゃないか?
彼は仕事で紫浬の持つ安定装置(スタビライザ)を狙っているようです。
和秀は紫浬の事を朱浬と呼び、記憶を失っていると言っているから、やはり彼女は朱浬という事なのか。多重人格か何か?

嫌な気配を感じて駆けつけた嵩月奏に助けられるものの、智春が鐵を召喚すると神操緒が消えてしまい、智春も苦しむ。
そして夢で自分を襲った鐵の姿に、紫浬も怖がってしまうという展開に。
紫浬はぶち切れて、性格が豹変したように攻撃。この性格は完全に朱浬だから、やはり朱浬本人なんだろう。
何故アスラ・マキーナの召喚に失敗したのかは謎。
奏が止めようとしていたから、何かここでは呼べない条件があったのか?

スタビライザは和秀に奪われてしまったようです。
和秀に仕事を依頼したのは教会であったニアでした。しかしスタビライザの入ったトランクを開けると、大爆発。
ニアもアスラ・マキーナを持っているようで、朱浬たちを襲ったり、夢の中に出てきたのもこのアスラ・マキーナだな。
偽物だったのか、それとも他の人間の手に渡らないように、ただ開けるだけでは爆発するように仕掛けをしていたのか。

第5回にして、まだまだ謎だらけです。

次回 EX006「闇の向こうに浮かぶ贄」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい


こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト



theme : アスラクライン
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事