FC2ブログ

源氏物語千年紀 Genji 第10話「謀叛」

光源氏の牛車にすれ違いざまに投げ込まれた扇子。そこに書かれていた文字から、相手が朧月夜(六の君)だと悟った源氏は、宿下がりしている朧月夜との逢瀬を再開。
朱雀帝に入内しているにも関わらずの逢瀬は、帝の見舞品を持ってきた右大臣にあっさりと知れるところになってしまう。
頭の中将に目の敵にされるから注意しろと言われたばかりだったのにな。まぁ、この時代には女のほうが男の屋敷を訪れるというのではなく、男が夜這いをかけるというのが普通ですし、ラブホがあるわけじゃないから密通にはこういう危険が伴うのは仕方ないこと。


右大臣からその事をきいた弘徽殿の女御はこの機に源氏を失脚させようと、朱雀帝への謀叛の意ありと、流刑を提言する。
しかし朱雀帝は恋愛は自由であり、そもそも先に恋仲に落ちたのは源氏と朧月夜であり、割り込んだのは自分であると告げる。いずれ六の君を正妻に迎えたいと考える朱雀帝だが、それも六の君の気持ち次第だと、母親である弘徽殿の女御の言葉も聞き入れない。
人の良さは父親譲りです。
弘徽殿の女御が東宮であった朱雀帝を生みながらも、桐壷更衣や藤壺に寵愛を奪われながら、それでも慕い続けたように、ただ朧月夜の心が自分に向く時を静かに待つと言う。
痛いところをつかれて納得するしかなくなった弘徽殿の女御ですが、これで諦めたのかと思いきや、そういうわけでもなく、今は単に帝の説得を無理だと思っただけ。
朧月夜と源氏の関係は噂は尾ひれをつけて瞬く間に世間に広がる。
人気と注目度の高い源氏の不祥事故に、強力な敵意を含み源氏への風当たりが増していく。綺麗な女性は貴族から町娘、飯炊き女にまで手を伸ばすと口さがない流言蜚語が飛び交う。
そんな中で頭の中将は源氏のような男を友にしたのは愉快だと笑う。完璧な相手には嫉妬を覚えるが、その完璧に見える相手が世間に叩かれる様は愉快なのだと笑う。
影で言うのではなく、堂々と本人に笑いながら言う辺りが、頭の中将らしく、源氏にとっても救いというもの。
紫の君は世間の源氏に対する風評に胸を痛める。
まぁ、源氏は自業自得でしかないんですけどね。

さらに追い討ちをかけるように、源氏と藤壺の密通の疑惑が持ち上がり、東宮が先帝・桐壺帝ではなく源氏の子供ではないかと囁かれ始めてしまう。
六の君は、弘徽殿の女御にそんなに桐壷更衣の息子である源氏が憎いのか笑う。激怒した弘徽殿の女御は六の君に謹慎中であるのだから、部屋で大人しくしているようにと告げる。
目いっぱい図星を突かれている弘徽殿の女御。
しかし右大臣のあの性格からなんでこんな気性の強い娘ばかりが生まれているのやら。

源氏を呼び寄せた朱雀帝だが、叱責するでもなく問い詰めるでもなく、ただ彼の心労をねぎらう。
そして一番大切なものが何かと問いかける。
源氏は桐壺帝から後見人にと託された東宮、そして自分のために働く人々であると答える。
大切なものに本人が含まれていないと驚く朱雀帝に、源氏は自分はただ「あるがまま」だと答える。
幼き頃からそうして耐えてきたのだと感じた朱雀帝は、今回の一件を自分に一任して欲しいと告げる。
源氏の場合は自由奔放に生きてきたという感じがしないでもないです。
東宮が大切なものというのは、普通に考えるとこの噂が立っている状況ではわが子が可愛いと思っていると取られてもおかしくないんですけど、そう思わないのが朱雀帝。


そして臣下を集めた朱雀帝は、源氏から謹慎の申し出があったとしてこれを受け入れた事を公表する。
最低でも流罪で家財を没収されると思っていた人々は思いもかけぬ
意義のある者は直々に聞くので言うようにと告げた朱雀帝に、臣下は皆受け入れるのみであった。
あれ、原作では須磨流しになったのはこの時じゃなかったかな。謹慎という表現だけど、須磨に行く形になるのかな。


因果応報。
自分のしてきた事の報いで窮地に立たされてしまった源氏ですが、人の良い朱雀帝のおかげで最悪の事態だけは避ける事が出来た。
源氏が本当に辛い人生を送るのはもっと年を取ってからです。


第11話「若紫」
最終回です。
最終回にしてようやくメインヒロインにスポットの当たる話。
原作ではもっと早い段階の話に付けられたタイトルですので、原作とは違う内容かな。
流れから言えば、源氏が親しい人と別れを告げて須磨に一人で退去するというところか。
女遊びを続けた源氏が須磨で寂しい日々を送って終わる感じ?

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい


こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト



theme : 源氏物語千年紀Genji
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

源氏物語千年紀 Genji 第11話(最終話)「若紫へ」

源氏物語千年紀 Genji 第11話(最終話)「若紫へ」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事