スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルラキル KILL la KILL 第十八話「夜へ急ぐ人」

理事長・鬼龍院羅暁を迎えて開催された大文化体育祭。
しかしそれは鬼龍院皐月と本能字学園が羅暁と生命繊維への反旗を翻す時だった。
彼女と戦うために、この日まで堪え忍んできた皐月。
生命戦維に食われたと思われた人々も、ヌーディストビーチの武器を解析して作った針で解放される。
羅暁を助けようとした鳳凰丸礼の攻撃を蟇郡苛が受け止めると、三つ星極制服・縛の装改で動きを封じる。
大阪での襲撃時にヌーディストビーチの対生命戦維用武器のデータも収集していたのか。
生命戦維にみんなを食わせたのも油断させるためのカモフラージュだったんだな。

突然の事態に混乱する纏流子。
美木杉愛九郎や黄長瀬紬にとっても想定外。
意気込んで乗り込んできたのに、3人は流石に展開についていけてないし。
羅暁を倒すためには一ミリの疑いを与えてはならない。何よりも自分たちに負けるようでは生命戦維との戦いには勝てないと、皐月は流子やヌーディストビーチと戦ってきたのだ。
皐月は決着をつけるのであれば全てが終わった後に戦うと告げ、今は同じ目的のために共闘を伝える。
やっぱり皐月の目的は流子を鍛えることにあったんだろう。
羅暁や生命戦維は強力だから、本能字学園の生徒に負ける実力では流子もヌーディストビーチも戦力としては役に立たないしね。
生命戦維と一体化した羅暁は心臓を貫かれても再生する強靱な回復力を誇り、皐月は彼女を怪物と呼ぶ。
ただ背中に無数の傷跡があるという事は、傷は再生しても傷跡は残る、という事なのかな。
針目縫の相手は猿投山渦ら四天王が引き受ける。
しかし三つ星極制服改を身に着けた四天王と戦っても平然としている縫も只者ではないよね。普通の人間とは思えない戦闘能力なんだけど。彼女も生命繊維と一体化しているんだろうか。
満艦飾マコは家族と再会すると大阪土産を渡してくつろぎ始めるも、苛に観客を逃がすように命じられる。
相変らず縁のある二人です。しかしこの状況で大阪土産を食べ始める満艦飾一家は凄いよな。

皐月は心変わりしたのではなく、物心着いた時からこのために生きてきた。
五歳の頃、父親から花嫁衣装だと神衣純潔を見せられた皐月だが、同時にこれを着た時に生命戦維の奴隷となると、生命繊維、カバーズ、そして羅暁の真の目的を教えられた。
父・総一郎は才能を見込まれて羅暁と結婚して子供を産んだが、それは生命戦維の実験台とするためだった。
結婚した当時は総一郎も羅暁の美しさに惹かれ、生命繊維に興味を持っていたんだろうな。
純潔もおそらく彼が作ったものなんだろう。

皐月は実験台とするのが遅すぎたため、翌年に産まれたばかりの赤ん坊を生命戦維と融合する実験台とされた。
だが、その赤ん坊も生命戦維との一体化に拒絶反応を示し、羅暁は子供を捨ててしまった。
その時、父・宗一郎は反逆を決めたのだ。
で、この父親が纏一身で、捨てられた赤ん坊が流子なんだろう。
父親は我が子を実験台とするだけでなく、なんの愛情も見せず容赦なく捨ててしまう羅暁に嫌気がさしてしまったんだな。
捨てられた赤ん坊が生きていたというのは、実は彼が死んだように見せかけていただけなのか。それとも偶然生きているのを発見して、密かに育て上げたのか。

既に原初生命戦維を倒すため、伊織糸郎と裁縫部が揃三蔵の手引きで潜り込んでいた。
抵抗勢力は昨晩のうちに排除済み。
ずっと原初生命戦維の所在を突き止める機会をうかがっていたのかな。
羅暁は一つ星極制服を着る生徒たちをしつけ糸により精神仮縫いで操って皐月を攻撃してしまう。
皐月は羅暁を倒すために障害となる存在は全て排除する覚悟を持つ皐月は、純潔を纏って生徒たちを倒す。
だが、羅暁は流子を精神仮縫いで操って皐月を襲わせる。
流子を操れるのなら、四天王も操ればいいのではないかという気もするけど。
皐月はガードが堅いので操る事が出来ないのかもしれないけどさ。

きつく脳を縛り上げられた流子だが、皐月との戦いの中、自らの力で糸を断ち切って精神仮縫いを逃れるが、羅暁は彼女の正体に気づく。
流子なら自力で逃れるんだろうなぁ、と思ったら予想通りに自力で脱出。
ただ、接触されたことで、彼女の体質の事がバレてしまったよ。

四天王の力をもってしても縫の相手とならず、縫は四天王に分身を相手をさせて流子の前に現れる。
流子は羅暁の相手を皐月に託し、自分は縫いと戦う。
流子は鮮血と完全に一つとなった人衣一体の力を得て、縫をも追いつめる。
四天王を相手に軽くあしらっていた縫が、一方的にやられるというまさかの展開。
流子自身がこの短期間で強くなったのはもちろん、鮮血とのリンクがますます強くなったのが大きいのか。

皐月は父親と妹の敵を討つため、羅暁の首をはねる。
これで全てが終わったかに思えた時、原初生命戦維が活動を開始し、裁縫部と三蔵は撤収。
しかも羅暁は首と身体が一本の糸で繋がっていたことにより、生き延びていた。
人間止めたという次元ではなくなってきたな……本当に生命繊維そのものになってしまってるのか。逆に縫の言うところの絆糸のようなものを断ち切ることで倒すことができるのかな。
皐月は純潔を着こなしておらず袖を通したに過ぎないという羅暁は、皐月を圧倒する。
そして上空に無数のカヴァーズが出現する。
皐月を倒した羅暁は、皐月が生命繊維を着る器ではなかったと笑い、彼女から奪い返した神衣・純潔を身につける。
いまこそ特殊膠着弾の出番じゃないのだろうか。生命戦維にのみ通用するという事は、生命戦維と一体化している羅暁にはかなり有効な武器なんだと思うけど。

一瞬で流子の背後に回った羅暁は、彼女の心臓を抉り出す。その心臓には生命戦維の糸が同化していた。
彼女もまた生命戦維と同化した存在。死んだはずの羅暁の娘、皐月の妹だった。
やっぱり一身が皐月の父親だった。
流子が生命戦維と高い適合性を持つのも、羅暁と同じ生命繊維と一体化した人間だからだったのか。そして彼女の異常なまでの回復力もその影響だったようだ。
皐月は一身が父親だと知っているんだろうか。
羅暁の方は一身が宗一郎だと当然知っていたはずだよな。

次回 第十九話「たどりついたらいつも雨ふり」

猿投山が死にそうな雰囲気。
しかし皐月も敗れて、純血を奪われたため、戦力としては流子のみ。
どうやって羅暁、縫、カヴァーズを倒すのか。皐月も実験台にされていたから、生命戦維との適合性に覚醒したりするのかな。


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい







こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : キルラキル
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

キルラキル 第18話「夜へ急ぐ人」

評価 ★★★★ ババア無理すんな             

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。