スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

009 RE:CYBORG レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】
世界各地で起こる連続高層ビル自爆テロ事件。
その報道を見つめる島村ジョーは先を越されたと呟きながら、爆弾の詰まったバッグを手に家を出ていく。

同じ頃、ジェット・リンクとグレート・ブリテンの二人はとあるバーで顔を合わせていた。
かつては共に00ナンバーズとして世界平和のため、ギルモア博士の下で戦い続けたサイボーグ戦士たちは、ギルモア博士の下を去り、今はアメリカ国家安全保障局NSAの局員とイギリスの諜報部員という立場となっていた。
ギルモア博士からの連絡を受けて、連続爆破テロについて調査していたブリテンは、一見何のつながりもなかった自爆テロの中に「彼の声」を聴いたという情報を手に入れていた。
世界的には今回の連続テロの背後にアメリカがいるとの見方が強い中、ジェットは彼の声についての情報について一切知らなかった。
ジョーはクラスメイトであり恋人とのトモエと共に高層ビルの展望台へとやってくる。
そこでジョーは自分がずっと高校生を繰り返しているような違和感を感じている事、トモエともいつから付き合っているのか記憶がハッキリしないことを告げる。
そんな彼らの姿を、離れたところで見つめるジェロニモ・ジュニアは、フランソワーズ・アルヌールと通信を取りつつ、ジョーの失われた009としての記憶を呼び覚まそうとしていた。
だがそこに突如として、太平洋からビルへと向かってアメリカ軍のミサイルが発射される。
フランソワーズはジョーの記憶を早急に呼び覚ますため、ジェロニモにジョーを襲わせる。
ミサイル攻撃に混乱するビルの中、ジョーはジェロニモから逃げて屋上で対決。
戦いの中でジョーは無意識に加速装置を使用する。
フランソワーズはジョーの記憶を呼び覚ますため、ビルへと接近したヘリの格納庫から地上へと飛び降りる。
その姿を目にしたジョーは咄嗟にケーブルを手にしてビルから飛び降りると、加速装置を利用して落下するフランソワーズを救出する。

アメリカの軍事企業サムエル・キャピタル社がテロの残骸を回収している事に気づいたギルモア財団から情報で、張々湖は密かに調査を行っていた。
ギルモア財団を離れた後、「張々湖」の名称を企業名として使ったことでギルモア博士と泥沼の訴訟合戦を繰り広げている張々湖だが、売上の一部はギルモア財団に寄付しており、世界平和のためにギルモア博士の下に集い戦うことには躊躇いが無かった。
だが張々湖は調査の途中でサムエル・キャピタル社のサイボーグ兵士による襲撃を受けてしまう。

アルベルト・ハインリヒとピュンマは二人でギルモア財団へと向かっていたが、ピュンマは彼の声について一つの推測を立てていた。
だが、ピュンマは町の中で金髪の少女を見かけて後を追いかけだしてしまう。
そして『天使の化石』を目にして、「彼の声」の正体の確信に至ったピュンマはどこかへ姿を消してしまう。

記憶を取り戻してギルモア博士たちと合流したジョー。
ジョーは来たるべき日に00ナンバーズのリーダーとして戦うため、精神疲労を避ける目的で、ギルモア博士によって記憶を消され、27年間、3年後に記憶をリセットされて高校生を繰り返し続けていたのだ。
だが今のギルモア財団に残っているのは001 イワン・ウィスキー、003 フランソワーズ・アルヌール、005 ジェロニモ・ジュニアだけだった。
004 アルベルト・ハインリヒはドイツ軍へ行き、007 グレート・ブリテンはイギリス諜報員になり、008 ピュンマは考古学の道へと進み、006 張々湖は料理店を成功させて世界的富豪となっていた。
だが彼らもギルモア博士の呼びかけに応じて情報収集をしながら合流しようとしていた。
だが、ジョーの親友002 ジェット・リンクは27年前の確執が下でNSAに入り、合流の可能性はほとんど存在していなかった。

連続テロの犯人たちが「彼の声」によってテロを起こしたのではないかという、ギルモア博士たちも未だ掴んでいなかった情報を語るジョーは、自身も「彼の声」を聴いて爆破テロを起こそうとしていたことを告げる。
それを知ったギルモア博士はジョーの検査を実施すること、そして検査結果が出るまでフランソワーズにジョーとの脳波通信を行わないように指示を下す。
だが、そこにアメリカ軍のジェット機が領空侵犯を犯したこと、そのジェット機に乗り込んでいたのがジェットだという情報が入ってくる。

ジョーはイワンに自分をテレポートで送り込むように告げるも、ギルモア博士はジョーに対する不信が払拭できずに反対する。
だが超高速で飛行するジェット戦闘機に乗り移れるのは自分かジェットしかいないと、ジョーはフランソワーズを人質にしてテレポートを強要する。

「彼の声」を聞いて戦闘機でテロ攻撃をしようとするアメリカ軍兵士を、領空侵犯を犯しながらも追跡するジェット。
彼の目前で戦闘機からミサイルが放たれたその時、ジョーがテレポートで現れると加速装置でミサイルを撃墜する。
「専守防衛」を謳う日本人であるジョーが自分たちのリーダーに選ばれたことで、ギルモア財団を離れたジェット。
世界の平和を守ってきたのは自分たちアメリカ人であると主張するジェットに対して、ジョーはその通りだと認めながらも、それが本当に正しいことだったのかと疑問を投げかける。
意見のぶつかる両者。
そして戦闘機から核ミサイルが放たれる。

・キャスト
009 島村ジョー:宮野真守
001 イワン・ウィスキー:玉川砂記子
002 ジェット・リンク:小野大輔
003 フランソワーズ・アルヌール:斎藤千和
004 アルベルト・ハインリヒ:大川透
005 ジェロニモ・ジュニア:丹沢晃之
006 張々湖:増岡太郎
007 グレート・ブリテン:吉野裕行
008 ピュンマ:杉山紀彰
ギルモア博士:勝部演之
トモエ:
サムエル・クライン


 【感想】
009のオリジナル作品となる映画。
3D作品ですが、
せめてもの救いはタレントを起用していない事か。
00ナンバーズの外見も大きく変わっています。
特に変化が大きいのは002とギルモア博士。共に大きな鼻が無くなりました。
002や004はより機械的になった感じ。
でもなんと言っても001が気持ち悪くなったのが一番印象的。まったく可愛くない……もう少しなんとかならなかったのだろうか。

公開前から劇場のモニターで3Dで予告編などを観れるようになっていて、見た感じで3Dの必要性が感じられなかったので2Dにて視聴しました。

全体的には正直009らしくないというか、期待外れ感がいっぱい。
所詮、石ノ森先生でなければあの世界観は出せないという事だろうか。
手塚作品が手塚治虫の死後、虫プロによってぐたぐだな作品を世に出されているのと同じだな。
GOD'S WARでの設定などはスルーされているので、漫画版の続編としていう位置づけっぽい。

予告映像の感じではジョーが洗脳されて敵になる。もしくは途中で洗脳が解けたけど、彼の声に従って敵であり続ける、という印象だったけど、実際は全然違ってた。
洗脳は序盤だけだし、中盤の裏切りっぽい演出もわざとなのは見え見えだったし。

トモエについてはジェロニモが出てきた時に姿が消えていたので謎だったのと、フランソワーズたちと合流後に放置だったのが気になっていたんだけど、ジョーの脳内にしかいない見えない人だったのですね。
学生生活を送っていた時どうしていたのか気になる。見えない人としゃべってる危ない人になっていたのか、それとも学校では言葉を交わしていなかったのか。
トモエは「彼」が見せていた幻想だったのか、或いはフランソワーズがジョーの意識を保つために見せていた架空の彼女だったのか。後者の可能性がありそうなは、フランソワーズがジョーに対して、繰り返しの記憶が残っていると指摘したところかな。

かつて「神」と戦った009たちが神だからと特別な反応を示すのもちょっと違和感。

ジョーの加速中に着用している服が特殊戦闘服でなければ燃えてしまうという設定もなくなってるな。

2時間の枠があるとはいえ、サイボーグ戦士たちでも活躍の差が激しいです。
戦闘力に乏しいのもあるのか、008はほとんど出番がない。
007も序盤に出てきて失踪……変身能力は得意の別人への変装ではなく、壁に化けただけ。後、彼のいつも明るいキャラクターも完全に鳴りを潜めています。いつもは006と組んでギャグ担当だったのに。しかもブリテンは確か役者志望なんじゃなかったか? なんでスパイになってるんだろう。
006は原作やテレビシリーズでは炎で地面に穴を掘って避難したり、敵の背後をついたりする事が多かったのに、今回の作品ではまったく行ってない。
004はドイツ軍からロートル兵器扱いの上、一番の見せ場であるはずの戦闘力での活躍もパッとせず。
001はいつもように寝たきりではなく、本編中はほとんど起きていたので大活躍ですが、能力は何故かテレポートしか使ってない……
003は能力がパワーアップ。補助装置のようなものを使うことで、遠隔通話したりより高精度の探知が可能になったみたいだ。そしてバレエはどうしたのか……
ギルモア財団は職員がいっぱい雇われてましたが、どこからその給料が出ていたのか。すべて張々湖からの寄付金頼みなのか、他に資金源があるのか。てか、敵襲があったのになぜ彼らを避難させなかったのか。おかげで無駄に死人が出てるし。
そういや、ドルフィン号も出てこなかったな。

個人的評価:60点

にほんブログ村 映画ブログへ ←良かったらクリックして下さい


こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 映画レビュー
genre : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。