スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線上のホライゾンⅡ 第6話「広場の男女」

3年梅組と女王の盾符(トランプ)の相対戦。
一人でも相対に負ければ、葵・トーリとの相対を許す事になり、トーリとホライゾン・アリアダストのデートを邪魔することになるため、みんなが二人を守るために戦い続ける。

点蔵・クロスユナイトは傷有りに倫敦塔へと案内されていました。
重双血塗れ(ダブル・ブラッディ)メアリが処刑を待つ倫敦塔。
エリザベス女王の母でもあるアン王妃の例が出る
ヘンリー八世の書斎に案内される点蔵ですが、そこには公主隠しの『二境紋』が残されていました。
それにしてもやたらと傷有りに尻ばかり見てる。
でも公主隠しについては結局何か解ったわけでもなく、英国でも犠牲者が出ているという情報が解っただけ。

トーリは葵・喜美からデート用のマニュアルという名のメモを持たされてました。
 1.急所は常にバードしてなきゃ駄目Yo!
 2.押すところは押すのよ!オッパイじゃないわ!
 3.引くところは引くのよ!オッパイじゃないわ!
 4.2と3が曖昧で解らないけど、無理言っちゃ駄目よ!
 5.大体いい感じと思ったら手を取って語ってみれば?
 ⑥.いいスイーツの店を見つけたら姉に報告
 7.いい雰囲気作ったら肩を抱いてチュー
などなど6番にだけ丸を付けてるし。
各メンバーが相対で苦戦する中、マルガ・ナルゼの窮地に現れた立花・誾だけはフランシス・ドレイクを圧倒。
武蔵はよくこんなのと戦っていたと思うけど、二代が彼女を抑えていたおかげなのかな。
自分は作家にしかなれないと語りながらも、本を出版することの無かったトゥーサン・ネシンバラ。
トゥーサンは幼い頃にトマス・シェイクスピアともう一人の少女と三人の本を一緒に並べようと約束を交わしていました。
もう一人の少女は英国へ来る途中に死んでしまったという事で、約束した二人のうちのどちらがトマスなのか。
結論はまだ出ず。
トマスとトゥーサンはもう一度対決が待ってるという事か。トゥーサンが小説を書かない理由も語られてないし。

気絶していたナルゼと術式も使えずに逃げ回っていた本田・正純は喜美と浅間・智が智の結界へ避難させました。

悲しみは別れによって産まれる。
かつてトーリはホライゾンとの別れを経験して、悲しみの感情を得た。
またホライゾンと別れを経験する事があれば悲しみを感じるのではないのか、という疑問に対して、トーリは別れは哀しいが、別れた後も楽しい思い出があればその事を思い出す事が出来るというトーリ。
しかし大罪武装によってもたらされるのは負の感情だけであり、楽しい感情を得ることは出来ない。そんな感情は欲しくないと涙するホライゾン。
しかしトーリはホライゾンが泣きやむ事が出来たのは正の感情を持っているからだと語り、松平・元信もホライゾンを哀しませるために死んだのではなく、末世を救うためにホライゾンの感情を集めるように告げた。
全てを取り戻したホライゾンにはたくさんの楽しい事が待っている。
ホライゾンが大罪武装を集めることでより多くの人を救えるのならば、自分と共に戦争しても構わない。たとえ感情を取り戻したホライゾンが自分を嫌っても、始まりに戻るだけだと笑うトーリ。

向井・鈴とアデーレ・バルフェットは機動殻『奔獣』の中でおやつを食べながらゲームしてましたが、ロバート・ダッドリーが『奔獣』を盾として利用しようとしている事に気付いて、さっさととんづら。
兵士達と戦い続けていた本田・二代も、二人の移動を確認して即座に後を追い掛けていった。
二代が足止めを受けていたのはあくまでも中に二人がいたからに過ぎないからな。
雑兵相手なら倒すのも離脱するのも造作ないのだろう。
鈴は鐘の音の正体を確かめるために来たのに結局は何もしてない状況だな。

奔獣が落下したのは倫敦塔の処刑場。
その崩壊に巻き込まれそうになった子供を救った点蔵に抱きついてきた傷有りでしたが、傷有りは偽物。
傷有りの正体は重双血塗れ(ダブル・ブラッディ)メアリ。
偽物の方はエリザベス女王でそっくりな外見という事は双子なのでしょう。
外見は殆ど変わらないのに別人と気付いた点蔵はなかなかやるな。

次回 第7話「広間の語り部」


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい





こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 境界線上のホライゾン
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

境界線上のホライゾンII 第6・7話 「広場の男女・広間の語り部」

境界線上のホライゾン2〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)(2009/07/10)川上 稔商品詳細を見る ほっちゃん VS ゆかりんだと…!?

大きな岐路になる会議 アニメ感想 境界線上のホライゾンII 第7話「広間の語り部」

やはりもげろ点蔵!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。