スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 黎明録 第4話「血塗られし刃」

人斬りに固執する沖田総司に危険を感じた土方歳三は江戸へ帰るように宣告するも、沖田は頑として聞き入れずに飛び出してしまう。
案ずる壬生浪士組・試衛館派の面々だが、土方は京で行く当てなどないのだからすぐに戻ってくると奥へと引っ込んでいく。
皆が引き上げる中、ただ1人近藤勇だけは自分が沖田の事をよく知っているからと、沖田を捜しに出掛けるのを目撃した井吹龍之介は彼に同行する。
土方がここで厳しい態度を見せたのは、一人に対して特別な扱いをすれば輪が乱れるとか考えてるんだろうな。

近藤が沖田に甘い、沖田の性格にも問題があると指摘する龍之介に、近藤は沖田の身の上を語り出した。
武家の産まれながらも早くに両親を亡くした沖田は9つの時に、姉のみつに伴われて試衛館へとやってきた。
生活の苦しい沖田は内弟子という名目で預けられたものの、実質的には使用人のような扱いだった。そんな沖田が一部の弟子に稽古と称して沖田を折檻しているのを目撃し、近藤は彼らを叱責した。
だが、弟子達はそれで改心するでもなく、逆に沖田が告げ口したと彼を痛めつけていた事を知る。
その後、またも沖田が稽古と称したイジメを受けている場面を目撃した近藤は止めようとするも、道場主にここで助ければ人に憐れみを受ける事を覚えてしまうと止められる。
近藤は一方的に痛めつけられながらも、沖田が兄弟子達に勝つためにその太刀筋を見極めようとしている事に気付く近藤。
その数日後に行われた兄弟子との試合形式の稽古で、沖田は兄弟子の一撃で負傷しながらも兄弟子に打ち勝つ。
沖田の勝利を喜んだ近藤に、沖田は近藤だけが自分の事を「可哀想」だと語らなかった。両親を失ったのも、姉と会えないのも意味があることだと語った近藤。そんな近藤のために、もっと強くなろうと誓う沖田。
沖田の忠犬ぶりの由来は近藤だけが自分を憐れまなかったからなのか。
ところで、この頃の試衛館には土方とか、今の面々はまだ来ていなかったのかな。少なくとも土方とかがいれば、相手が兄弟子たちだろうとあんなイジメを見逃したりはしないと思うのだが。

ある日、芹沢鴨が龍之介に肩を揉ませていたところへやってきた殿内義雄は、何故近藤や土方たちの好き勝手にさせているのかと問いかけてくる。浪士組を率いるのは芹沢であるべきだと、という持論を語る殿内に、このままにはしておけないと嘯いた芹沢に、殿内は事を起こす時には自分にも声を掛けて欲しいと告げる。
だが、芹沢は道ですれ違った沖田に、殿内が近藤を討つ時は自分に任せてほしいと告げてきたと吹き込んだものだから、芹沢の真意を見抜けていない新見錦は焦りまくり。
そんなことを試衛館派にばらしたら、殿内がただで済まないのは目に見えているわけだからね。

話を聞いた沖田は殿内に土方が自分に手柄を横取りされるのを妬んで江戸へ帰れと告げてきたと愚痴を零して相談を持ちかけると、二人で飲みに出掛けた帰りに殿内を斬り殺してしまう。
嘘の中に真実を混ぜることで嘘に真実味を増すというやつですね。
芹沢ほどに頭も切れないから、まんまと騙されてしまったわけだ。

沖田を探していた藤堂たちは龍之介から殿内と芹沢の一件を知る。
土方は沖田を案じて捜しに行こうとするも、殿内を斬り殺した沖田が返り血まみれで帰ってしまった。
芹沢の部屋へと怒鳴り込んだ土方と近藤。
だが芹沢は殿内が二心を抱いていたと語り、気に止めた様子も見せない。
実は殿内は水戸派でも試衛館派でもなく、第3の勢力になろうとしていたのを芹沢は見抜いていたということなんだけど、ここまでのやり取りでは判らないよな。ただ同じ浪士組の隊士であり、局長である近藤を討つと言い出したので反逆者として討ったとしか判らない。
浪士組の隊士は命令が下れば躊躇なく仲間の首でも刎ねる事が出来なければならない。沖田は士道不覚悟の隊士を斬り殺しただけで騒ぎ立てる近藤と土方が甘く、二人こそ江戸へ帰るべきだと名を挙げることへの覚悟が足りないと指摘する。
甘いと言われても沖田に仲間殺しの汚名を着せたくなかったと哀しむ近藤。
芹沢の言い分ももっともなだけに、流石に土方も言い返せなかったな。実際、これから新撰組は法度に触れた隊士を斬ることも多いわけだし。

そういや、未だに平間と愛次郎が出てこないな。

次回 第5話「蒼穹のきざはし」

会津藩主の前で上覧試合を開催することになるみたいだけど、ただ試合をするという様子ではないな


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい






こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 薄桜鬼 黎明録
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

『薄桜鬼 黎明録』#4「血塗られし刃」

「僕、近藤さんのために もっともっと強くなるためにここに来たんだ」 土方に江戸に帰れといわれて、家出しちゃった沖田。 「総司のことは俺が一番分かっている。やはり俺がいっ

薄桜鬼・黎明録 第4話「血塗られし刃」

キャラクタードラマCDBOOK 薄桜鬼 壱巻(土方歳三 編 &沖田総司 編)(2012/07/27)一二三書房商品詳細を見る  昔から虐めは酷いものです。幼子に対して寄ってたかってボコるとは。近藤も言聞

薄桜鬼 黎明録 第4話「血塗られし刃」

近藤さんのためにもっともっと強くなるためにここに来たんだ。 今回は、沖田が近藤を慕うようになった過去がわかるお話。 回想のショタ沖田が可愛いだけに、血塗られちゃった沖田...

薄桜鬼 黎明録 第4話「血塗られし刃」

見かねた土方さんから江戸へ帰れと言われ、納得がいかず外へ飛び出してしまった沖田さん! あちこち捜索したものの見つからず、行くあてもないだろうし頭が冷えれば戻ってくるだろう...

薄桜鬼 黎明録 #4「血塗られし刃」感想

ここにいる意味がきっとある。 そう言ってくれた人のために・・・! 「血塗られし刃」 土方に「江戸に帰れ」と言われた沖田は宿を飛び出してしまう。 近藤と一緒に沖田を探

薄桜鬼 黎明録 第四話 血塗られし刃

 ほとんど沖田回でした。ショタ総司がかわいすぎですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。