スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクエリオンEVOL 第12話「アクエリアの舞う空」

1人でホットドックを食べていたジン・ムソウにレアイグラーの生写真を売りつけるサザンカ・ビアンカは、お代としてお金ではなくジンの写真を要求。
他の女子も加わって騒いでいる場面を目撃したユノハ・スルールはジンが、学園に馴染んできたと一安心。

告白出来なかったアマタ・ソラに自分が一穴掘ってやるというアンディ・W・ホール。
この学園はトキメキイベントが少ないというアンディでしたが。
翌日は聖天使学園の創立記念日。
学園について語るスオミ・コネピですが、ゼシカ・ウォンは鏡で見たシルフィがミコノ・スズシロでは、と感じつつも自己否定、アンディはミコノに手紙を送って有志で楽しいイベントを企画しようと提案していました。
まったくみんな聞いてないな。

何故か企画会議はパジャマパーティという事になっています。
ジンも合体の時のために誘われて、ジンくんスゴイ食いついてる。
男子寮に当然女子は入れないので、アンディが抜け穴を掘ってました。
ミコノが穴を怖がるゼシカと一緒に先へ進むと、前方でユノハが既に待機。どこで話を聞きつけてきたんだか。
あれはゼシカでなくてもびびるよね。
ジンのことが気になるカイエン・スズシロに、ジンはカイエンと同じように「心に闇を抱えていそう」だと笑うシュレード・エラン。
相変わらずイチャイチャしていところに、ミコノたちが穴から出てきた。
もう少し見付からない場所に穴を掘れなかったのか。

ゼシカはアマタのベッドからアリシアの写真を発見。
ジンの持つアリシアの歌う3D映像を見たアンディは『アクエリアの舞う空』の上映を提案。

アンディ、もの凄い量のポスターとか、巨大ポスターとかどうやって1日で調達したんだろう。
しかもシュレードに生演奏をさせることにして、集客狙っているところが凄いな。しかもちゃっかり承諾を得る企画力。
他にもデリバリーやら何やらお祭り状態。

ドナール・ダンテスはイベントに反対でしたが、クレア・ドロセラにたまには休息も必要だとあっさり意義を却下された。
「現世は夢。
 そして、フィルムに焼き付けられしも夢また夢」

ジンは司令部に真実のイヴ候補を見つけたので、機械天使のマシンを奪って逃げると連絡を入れるも、叫び声を聞いてやってきたユノハに話を聞かれたのではないかと疑う。
逃げるユノハを追い掛けようとしたジンは緑のネコのぬいぐるみの腕を引きちぎってしまう。
怯えて逃げ出したユノハに、嫌われてしまったとショックを受けるジン。
ジンの選んだのは当然ユノハなんでしょうが、どういう基準でユノハ=真実のイヴだと考えたんだろうな。実はジンがユノハを気に入ったからというだけの理由なのだろうか。

アクエリアの舞う空がアマタとミコノの出逢いの切っ掛け。
アマタはミコノを巻き込んでしまったと後悔していたものの、ミコノは自分で運命を選んだのだと語る。

「運命を飛び越えるための翼は誰もが持っている」と映画でのアリシアのセリフを引用したミコノに、アマタは母の事を思い出す。
自分が母親に捨てられた事、そして母親がアリシアだという事を告白する。
ようやくアマタがアリシアの子供だという事が確定しました。
後はカグラがどうなのか、というところだろうか。カグラもアマタとの関係者だけど記憶を失っているだけなのか、それとも全く無関係なのか。アマタが忘れているだけで双子、もしくはアマタの分身という可能性が大なんだろうけど。

アリシアにとって自分がいらない子だったのだというアマタに、ミコノは自分も同じなのだと語る。エレメント能力に優れたスズシロ家に生まれながら、エレメント能力を持たなかったため劣等感を持ち続けたミコノ。
「だけど、できっこない子だとしても、いらない子なんかじゃない。
 いらない子なんて1人もいない。
 どこかで誰かがきっと必要としてる。
 待っていてくれる」
そんなミコノに、感謝するアマタはミコノに誰にも邪魔されない特等席を用意するので一緒に映画を見て欲しいと誘う。
アマタと映画を観ようと思っていたゼシカは間が悪く話を聞いてしまいショック。その暗い感情は近くの電灯をねじ曲げて破壊してしまった。
ゼシカの力は『衝撃』だと不動司令が語っていたけど、暗い感情で破壊へ回されたのか。
この強力な力から考えて、彼女が真実のイヴとなるべき存在な気がするな。

ユノハに謝らないといけないと考えながら緑のネコを治すジンの様子を観察していたトワノ・ミカゲは、イズモ・カムロギにジンも愛に向かって走り出そうとしていると伝える。
「愛はいつでも、罪作り」
今度はデバガメか……いよいよ変質者ぶりが身に付いてきたな。

ユノハにぬいぐるみを返して謝るジン。
ユノハは誰にでも知られたくない秘密はあると告げ、自分が話を聞いていなかった事を伝える。
そんなユノハにときめくジン。
緑のネコは「タマ」という名前だったらしい。
ジンはユノハに仲直りの印に一緒に『アクエリアの舞う空』を観ようと誘われて承諾しました。
指が触れただけで真っ赤になるほどウブなジン。

待ち合わせの前に部屋で鏡を見てチェックしていたジンですが、置いてあった筈の通信機が消えて変わりに赤い花びらが落ちてました。
くねくねしてるジンが可愛すぎる。
そして待ち合わせ場所に先に来たユノハは赤い花びらと一緒に、ジンの機械が置いてあるのを発見。
その通信機からイズモの通信が入ったのを聞いてしまったユノハ。
こんな嫌がらせをするのはもちろんミカゲしかいないわけですが。

そしてシュレードのピアノ演奏で始まる上映会。
ユノハはジンと、ジンを警戒するカイエン。
モロイ・ドレッツァは沢山の女子に囲まれてモテモテ。
なんでモロイはこんなにモテてるんだろうな。相変わらず公式サイトに紹介されてるわりにアクエリオンには乗れていないし。
MIXとサザンカは他の女子たちと一緒に女子会。
と、アマタはミコノと二人きりで、ゼシカがダークサイドに落ちています。
アンディは司会だから独りぼっちじゃないか。
今回はアマタとミコノのためにやるのが目的だからいいのか?

ジンとミコノはそれぞれに複雑な思いを抱えていました。
アマタは上映中にミコノと手を繋いで浮かび上がり、空中デート。
上空のデブリに行くんじゃないのかと思っていたら
と、思いきや、アブダクター警報発令によりカグラの襲撃。
しかし今回は天装にえらく時間が掛かっていたんだな。

カグラの出撃にユノハの手を引いて自分と共に来るように告げるジン。
通信を聞いてしまったために怯えるユノハ。
どう考えてもジンは裏切る道しかなさそうなんだけど、そうなるとアルテア側の戦力ダウンに繋がるんだよね。ま、カグラやイズモが前戦に出てくるようになればいいんだろうけどね。
もしくは新たなキャラが出てくるか。

次回 第13話「堕ちた巨人」

ジンとユノハはエレメントマシンに乗り込むようだけど。
シュレード再び戦線へ。しかも今回はちゃんとエレメントチェンジで乗り込むみたいだ。
残り二人はアマタとミコノなのか、それとも一方にジンが乗っているのか。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい






こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : アクエリオンEVOL
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。