スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクエリオンEVOL 第6話「生命のアジタート」

アマタ・ソラとミコノ・スズシロの前に現れたカグラ・テムリ。
シュレード・エラン、サザンカ・ビアンカと共に社会科見学でデートコースを廻っていたカイエン・スズシロはタワーにミコノがいるのを感じ取って向かおうとするも、クレア・ドロセラからアブダクター反応が検知されたため訓練の中止と、カイエン、ゼシカ・ウォン、アンディ・W・ホールの3名に帰還命令が下る。
ミコノの下へ向かおうとするカイエンだが、シュレードに命令よりも妹を取るのかと糾弾されてやむを得ず帰還する。
走り去る彼らを見つめながら、シュレードは彼を羨ましがる。
誰よりも高く美しい合体を自分ならば叶えられるはずなのに、と。
優秀さゆえに、自分が合体できない事がもどかしくて仕方ないんだな。
そんなわけで今回はシュレードのターン!

禁断の出逢いを果たして気絶してしまったミコノを連れ去ろうとするカグラを止めようとしたアマタだが、あっけなく蹴り倒されてしまう。
予想通りに弱いよ、アマタ。
カグラはアマタを何の匂いもしない「無臭男」と評する。
この匂いがしない存在、というのが彼の前世などと関連しているのか。
ミコノは自分のクソ女だと連れ去ろうとするカグラが、カイエンの絶望予知に出てきた喪服の結婚式でミコノの新郎だと気付いたアマタは、ミコノを渡さないと体当たりしてミコノを奪い取ると、ミコノを背負ってタワーから飛び降りると、エレメント能力で飛行して逃げる。
取り残されたカグラはシュレードの奏でるバイオリンの音に苦しむ藻掻く。
カグラが出撃した事を知ったジン・ムソウとイズモ・カムロギは、トワノ・ミカゲが目覚めた事を知る。
カグラは禁断の機械天使の中にあったレア・イグラーに心惹かれたのであり、それほどまでの存在に興味はないかと告げる。
機械天使を操れるレア・イグラーであれば、アルテアの真実のイヴになれるかもしれない、と。
レア・イグラーというのは女性全般を示すのか、特定の人間女性を示しているのか。今のところ、アルテア界には女性が出てきていないので、もしかすると彼らには女性がいないので、女性を攫ってきて子孫を辛うじて残しているのかな。
イズモが向かった先ではアリシアが水のようなものに包まれて眠っていました。
この人もアクエリアの空の主演女優だったことと、幼いアマタの知り合いだったこと以外はまったく謎のままだよな。
どうやらアクエリオンのパイロットではなかったようだし、アクエリオンとどういう関係があって、なぜアルテア界に来ているのかなど謎のまま。
アルテア界で広く知れている様子からしてただの女性ではないのでしょうけど。一時期はアルテア界で歌姫などにでもなってたのかな。

シュレードのバイオリンに苦悩するカグラは、シュレードに襲いかかる。シュレードからミコノに似た匂いを微かに感じ取ると、タワーから飛び降りてミコノたちを追跡する。
血縁関係にはないので、これらも前世がらみ?それともミコノにもシュレードと同じ負のエレメントが備わっているのか。
カイエン、アンディ、ゼシカ、サザンカを回収したドナール・ダンテスは理事長クレア・ドロセラから戻り次第カイエンたちに出撃するように命じられる。
サザンカはドナールに何故シュレードが出撃しないのか、と問い掛けられて沈黙してしまう。模擬戦闘ではもっとも成績がいいのにも関わらず、実戦に出ないことを女子の間では疑問となっていた。
事情をするカイエンやアンディも口を開かず、ゼシカは男女の垣根はないのであり、いずれ合体するかもしれないエレメントだからと問い質す。
どうやらカイエンたちの様子からすると、シュレードの体の事は教官たちだけでなく、男子部の間では周知の事実のようだ。
ところで他のエレメント候補生はどうしたんだろうか。徒歩で帰宅? でも特にMIXなんかはアンディと共にいたんだし、一緒に帰還しても良さそうなものなんだが。ヘリにも彼女とカエルぐらいは乗せるスペースありそうだったし。

シュレードは幼い頃から音楽の才能に恵まれていたが、強烈な負のエレメントを孕んでいた。
彼のピアノの演奏を聴いた両親はシュレードの目の前で殺し合いをしてしまった。
人の深層心理に触れて痛みを奏でる音色の噂は広がり、闇の道具へと堕ちてシュレード。
自分の手を一切汚さずにターゲットを殺害出来てしまう恐ろしい殺人者か。ただ、音楽を聴いた全てが対象なので、ターゲットだけを殺害が出来ないのが難点か。
けど、確かシュレードは聖天使学園でも演奏していたけど、今はエレメント能力を調整できるから、普通の演奏も可能という事なのかな。
そうして大勢の人々を抹殺していたシュレードはある日、アクエリアの戦いに遭遇し、同時にクレアからスカウトされてネオ・ディーバへとやってきた。
だが、適性検査の結果、エレメントの秘めたる力を増幅するアクエリアに乗る事でシュレードの命は削られてしまう事が判明した。
シュレードはクレアがスカウトするほどの逸材だったという事のようです。
そしてその頃からまったく変化していないクレアはやっぱり人外生物……

ミコノを背負って逃げていたアマタだが、ミコノは上の空で「あの人に謝らなければならない」と呟く。
ミコノを捜して町を掛けるカグラはベクター機の出撃に対して、ミスラ・グニスに乗り込んでミコノを探し求める。
ベクター機の中にミコノがいるのではないかと探し求めるカグラ。
捕まえてマシン越しで匂い嗅ぐとかどれだけ嗅覚凄いんだ。

ミコノはカグラに捕らえられた時に恐怖を覚えながらも、同時に懐かしさも感じていた。
廃倉庫に避難していたアマタとミコノはカグラに発見されてしまう。
アマタもまたカグラを知っているように感じられ、カグラにはミコノを渡せないと直感していた。

カグラの攻撃で負傷してしまったカイエンに、シュレードは自分が変わると告げる。
シュレードがベクター機に乗り込んだ事で驚くクレアたちだが、不動・ZEN総司令はここでアンディをベクターゼドから排出するという予想外の行動に出る。
やっぱり男女合体できないアンディ。最初の合体はもちろんMIXとだよね。
無人となってミスラ・グニスに突撃したベクターゼドにアマタが乗り込む。
アクエリオンを奏でられないのであれば生きながら死んでいるのも同じであり、アクエリオンで合体するためなら死んでも構わないという決意を見せつけたシュレードに、クレアはシュレードをヘッドにして合体を許可する。
「ようやく来たんだね。
 俺がアクエリオンを奏でる時が。
 旋律合体。GO!アクエリオン!」
シュレードの乗るベクターシロンをヘッドにしてベクターマシンが合体。
「激しい音、胸の奥まで響いてくる」
「でも、不思議と懐かしい」
「これは生命の音だ。
 純真無垢な赤子の産声だ!」
シュレードの力によりアクエリオンスパーダが誕生する。
「アクエリオン……
 初めて見たその瞬間から、俺の中の死んでいた心が、激しい鼓動のスタッカートを刻みだした。
 ……そう、それは
 魂の旋律!!!」
シュレードが闇の住人からエレメントになったのも、アクエリオンに一目ぼれしたからのようですが、それは彼の前世も起因しているのか。
「アマタ、ゼシカ。
 生きるという事は、刻むという事。
 命を奏で、叩き付け!
 俺に力を貸してくれ!
 命を奏でさせてくれ!!!」
シュレードの言葉に応えるアマタとゼシカ。
アマタのエレメント“飛翔”、ゼシカのエレメント“衝撃”。
その二つの力にシュレードの力を重ね合わせ、必殺技『月下葬送曲-MOONLIGHT REQUIEM-』を放ち、ミスラ・グニスの頭と首を切り裂く。
それでも尚戦おうとしたカグラだが、ジンによって強制的にアルテア界へと連れ戻される。
ゼシカのエレメントが“衝撃”だと判明しましたけど、どんな能力なんだろう。かなり戦闘的な力のようだけど。

逃走する敵を追撃しようとするアマタだったが、シュレードは戦いの中で意識を失っていた。
流石にまだ死んではないでしょうが、これでまた当分の間は出撃できなくなったのでしょう。強力な力を持ってるけど、戦いに制限があるのはある意味でお約束だな。

一部始終を見ていたミコノは、カイエンに判らないが「判らない事が苦しい」と胸を押さえる。
ミコノ、カグラ、アマタは果たしてどういう関係なのか。
本人たちが直接面識があるとは思えないので、やはり前世絡みになってくるのだと思うけど。謝る必要がある関係って誰がいたかな。麗花とシルヴィアなんかだろうか。麗花は前作での1万2000年前のアポロニアスと共に戦った3人目のエレメント・スコルピオスの転生で、裏切りの人物だし。
ふと思ったけど、もしかすると転生は性別そのままとは限らないんだよな。もしかすると男が女に、女が男に転生している可能性もあるのではないのだろうか。
もし性別や性格が一切関係ないなら、ミコノ=アポロニアス、カグラ=頭翅、アマタ=セリアン(シルヴィア)という関係もあるか。でもそれならカグラはアマタに対してもっと敵意の反応を示すよな。

次回 第7話「真夜中の少女」

ようやくゼシカのターン!!
ゼシカとアマタが接近か。肝試しかな。
ゼシカはお化けとか苦手なタイプのようですが、相手がアマタでは頼りにならないなぁ。


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい






こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : アクエリオンEVOL
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。