スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WORKING'!! 5品目「ワグナリアの巨大な胃袋」

小鳥遊宗太が掃除している側から菓子を食べこぼしていた店長の白藤杏子に、宗太はどくように頼むと「どくから金をくれ」と言い出して怒り心頭。
杏子が自由すぎる。
そんな宗太に、種島ぽぷらは年上の人はもっと尊重する事を覚えないといけないと注意するも、宗太は「大人ぶる先輩、可愛い」と効果薄。
昔から姉たちに散々な目に会わされてきた宗太は、年増はみんな同じだと泣き出す始末。
そんな宗太に、相馬博臣はもっと店長を知れば変わるかもしれない、ヤンキー時代のギリギリの武勇伝を聞かせてあげようかと提案するも却下されました。

共通点を探すことにするが、干支が同じぐらい。
一回り違ったんだね。て、事は28か29か。
3サイズは、轟八千代に殺されそうになりました。
八千代が杏子の良いところを話すと、6時間ほど……それだけでバイトの時間終了するじゃねぇか。
山田葵も興味を示して自分の良いところも聞いて欲しいと言い出すも即却下。そもそも山田の良いところってあるのか?
ぽぷらに杏子の良いところを聞こうとするも、「強い」だの「おっきい」だのしか思い浮かばず、仲裁に入った伊波まひるも「健康」程度しか思い浮かばないありさま。
いつものように店の食材を摘み食いする杏子を叱り付ける佐藤潤ですが、八千代が仲裁に入るとあっさりと引き下がりました。
相変わらず八千代に言われるという事を聞いてしまうんだね。
そんな佐藤に、もしかして佐藤は自分のことが嫌いで、自分に厳しいのではないかと感じる。
そんな杏子に八千代は自分がいつも佐藤に杏子の良いところを話してるから、嫌われてなどいないとフォローするも、残念ながらそれが原因でした。
毎回延々と八千代に杏子さんについて聞かされてるからなぁ。

昔から年下には好かれやすいという杏子。
八千代だけでなく、木刀を持った奴とか、特攻する奴とか……まぁ舎弟はたくさんいるらしいからね。
そんな子たちはそのうちに登場します。てか、次回?

八千代に甘やかされている杏子を羨ましがった山田は自分も甘やかして欲しいと感じて、佐藤に頼むも一蹴。八千代は杏子の世話で手一杯。ぽぷらは山田の中では年下扱い。
ぽぷらはみんなに褒めてもらえるようにパフェを上手く作れるようになればいいと提案するも悉く失敗。
そんな失敗作を食べた杏子は、失敗したものは全部食べてやるから練習しろと言い出す。
その結果、材料を使い果たして佐藤に怒られる結果に。
優しくされたと勘違いしちゃったんでしょうが、完全に甘いものを食べたかっただけの杏子にうまく利用されちゃった感じ。しかしこの店はしょっちゅう食材が無くなってるけど大丈夫なのか。基本的にこの手の店は業者から仕入れてると思うのだが。業者側ももう慣れたもので、いつでも臨時の注文を受けることができるようにしてたりするのかな。

食材を食べ続ける杏子にほとほと手を焼く佐藤。後、八千代が庇うから。もちろんそんなことを指摘する相馬は佐藤に締め上げられるわけですが。相変わらず雉も鳴かずば撃たれまいに。
相馬も女の人が困った顔を見るのが好きだから、という理由で注意してみることに。
食材に限りがある事を教えようと、食材の入荷量を間違えてギリギリしかなく、食べられたらみんな首になって営業停止になると忠告。
「営業停止」という言葉にショックを受ける杏子。店が無くなったら好きに食べられなくなるというのが理由のようですが。
基本的に単純だから、こんな簡単に嘘にも騙されてしまうんですね。

ゴミ捨てに出た宗太は駐車場で遊んでいる小さな子供を発見。
宗太が子供を発見した瞬間、「逃げて!!」と思ったのは私一人ではない筈。
「俺はこういう生き物が好きなんだぁぁぁぁ!!!」
店に女の子を連れて現れた宗太に、ぽぷらは女の子を誘拐してきたと大騒ぎ。
迷子の子供だったようですが、佐藤も誘拐扱い。
てか、完全に変質者だよ。たぶんみんなの中で宗太ならやりかねないという思いがあるんだろうな。

事務所で預かることにした女の子を、宗太たちは働かないといけないので杏子が様子を見ることになるも、空腹でぐったりして女の子に差し入れされたケーキを羨ましそうに見る始末。
お客にも心当たりがなく、見付からない女の子の親。宗太は自分が面倒を見ると言い出して、八千代に引かれてます。本気にしか見えないから怖い。
女の子は自分のケーキを杏子に差し出すも、杏子はそれを自分で食べずに女の子に食べさせてあげる。
幼い子供の食べ物を奪うほど非道な人間ではないという事ですね。
なんだかんだで女の子はすっかり杏子に懐いてしまいました。
地味に子供の相手をしてやったりしているので、面倒見がいい方なんだろうな。

生気のない杏子にちょっと罪悪感の芽生えた佐藤と相馬。
杏子は家計でまかなえない食事を店で補っていたらしい。
実は迷子の子供は親から連絡先を渡されていて、その可能性を知っていた相馬が連絡を取りました。
そういう可能性に気づきながら面白いから放置していたのか……

女の子は親が迎えに来て、元気のない杏子には、佐藤が廃棄寸前の食材でオムレツを差し入れました。
杏子の事は諦めた佐藤達。
宗太は中身が子供な大人と付き合うコツは、自分が大人になる事だとアドバイス。その本人も出来てないわけですが。
そこにやってきた杏子。
「佐藤……おかわり」
予想通りのオチです。

次回 6品目「就任、解任、もう堪忍」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい





こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : WORKING'!!
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

WORKING’!! #5「ワグナリアの巨大な胃袋」

適度な空腹感漂う店長回!! 褒め言葉です     WORKING!!2期第五話のぶっきら感想!!

WORKING'!! 第05話 「ワグナリアの巨大な胃袋」 感想

な、なんだこの可愛い生き物は???

◎WORKING´!!5品目「ワグナリアの巨大な胃袋」

店長がポテト食べて散らかす。タカナシがどいてくださいいうと、動くから金くれいう。お前何いってんのと、タカナシきれる。タネシマが、キョウコさんは一応店長なんだからとお姉さ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。