スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WORKING'!! 4品目「マンホールスパイラル」

店にある生クリームを全部食べてしまった店長の白藤杏子を叱り付ける佐藤潤だが、肝心の杏子にあまり反省の色が見られない。状況を知った轟八千代は早速杏子と一緒に買い出しへと出かける。
そこにやってきた種島ぽぷら。もちろん佐藤の怒りのトバッチリを全面的に受けることになる。
髪の毛弄られたり、杏子の中にはちっちゃい杏子が沢山いる呪いがいると言い出したり。
小鳥遊宗太はちっさい店長を想像して「良いですね!」とか言い出す有様。
八つ当たりで髪の毛ヤシの木にされてるよ。ある意味で佐藤さんのヘアメイクテクニックはすごいな。
そして小鳥遊は小さければなんでもOKなのか。

音尾兵吾がお土産を持って帰って来ないから、店の物に手を出してしまうと、早く音尾の帰還を待ち望む。
そんな杏子の様子に、音尾の奥さんが早く見付かればいいのにと考えていた八千代。
と、二人の前に突然マンホールから一人の女性が現れて、自分の家を知らないかと訊ねてくる。
ついにレアキャラ登場! マンホールから登場とか、もはや迷子というレベルを超えてるよね、この人。さすがは相馬ですらその動向をまったく掴めない人。
迷子の女性の正体が音尾の奥さんの音尾春菜だと気付いた八千代は、杏子に説明しようとするも焦りまくって説明出来ない。そんな八千代を杏子が抱きしめて落ち着かせようとするも、まったくの逆効果。
突然自分が話し掛けたせいだと感じた春菜は、牛乳を差し出す。
牛乳を買いに出たきり迷子になってしまったため、スーパーに巡り会うたびに牛乳を買い直しているらしい。
そんな春菜の優しさに、やっぱりちゃんと伝えるべきと考えに至った八千代だが、一瞬の隙に春菜の姿は消失していた。
夫婦そろってとっても善人。
この人の神出鬼没具合はこの後もまた描かれるんですが、たぶん今期中にやるだろうな。
明らかに様子のおかしい八千代に、山田葵は音尾さんを殺ってしまったかもしれないとか言い出す。
八千代に何があったか尋ねた佐藤は、突然「私の事、好き?」と訊ねられて言葉に詰まってしまう。八千代は自分には佐藤に好かれる資格がないと言い出す。
そんなやりとりを見ていた伊波まひるは、もしかすると佐藤は八千代の事が好きなのではないかと疑惑を抱く。
そして佐藤の様子を窺っていた時に、佐藤が相馬博臣に八千代の事で何か知らないかと訊ねると、「片思いは辛いね」と言ってしまったのをまひるに聞かれて完全にバレてしまう。
普段の相馬ならわざとやってるのではと疑う場面ですが、今回のは完全に事故。
ついにまひるにもバレてしまいました。まぁこれだけあからさまなのに今まで気づかれてないのは、周りが天然ばかりだったせいで、まひるが気づかなかったのも男性恐怖症で近づかないようにしていたからだろうしな。

報われない恋の佐藤に泣いていたまひるの様子にぽぷらは佐藤が何か意地悪をしたと勘違い。
佐藤はまひるに憐れみの目で見続けられて、鬱陶しく感じることに。
確かに終始あれは鬱陶しい。
佐藤の様子を見守り続けるまひるの姿に、まひるが佐藤の事を好きになったのではないかと勘違いをする宗太。
宗太は何だか腑に落ちない。
噛み癖ののある犬をしつけていたら、自分には懐かないのに、他の人間に懐いてしまったような気持ち。
「残念、井波さん。小鳥遊くんにとって、君は犬だ」
失恋して男嫌いが悪化する前に本人に聞いてみるようにアドバイスする相馬。

仕事が終わった後、まひるに好きな男性がいるかと訊ねた宗太は、佐藤は好きな相手がいるから止めた方が良いと忠告。
そんな宗太に、ただ八千代への片思いが可哀想だからだと訂正する。
まひるに限って好きな男がいる筈がないと安堵したのも束の間、好きな人はいると言われてショックを受けてしまう。
宗太がまひるのことをちょっと意識し始めたところ。本人はまったく恋愛感情とは思っていないのですが。

元気のない八千代に、音尾が帰ってくれば斬りかかって元気になるだろうと無責任な発言をする佐藤と宗太。すると、本当に音尾が帰ってきた。が、奥さんの事がある八千代はより一層元気がなくなってしまう。
音尾に対して何かやましい事があるのではないか、と指摘する佐藤に本当の事を知ったら自分の事を杏子や佐藤、店のみんなが嫌いになってしまうと怖がっている八千代。
「落ち着け!
 俺はお前の事、嫌いになったりしない!!
 ……後、店長も店の連中も……」
「このヘタレ」
立ち聞きしていた相馬は呟いて立ち去る。
ホントにヘタレ。普段はしっかりものなのに、恋愛に関してだけはとことんヘタレだという事がこれからどんどん判るようになるんだよね。

真実を告げた八千代に、誰かを殺ってしまったのではないかと思っていた佐藤だが、ちゃんと峰打ちすると否定。
そして八千代を音尾の下へ連れて行って事情を説明させると、音尾は春菜はツチノコレベルだからと気にした様子もない。
音尾はそんなツチノコみたいな人とどうやって結婚できたのかが気になって仕方ない。というか、春菜はいったいどうやって生きてきたのだろうか。昔は今ほどひどい方向音痴ではなかったのかな。
この辺りを探した方がいいのではないかと指摘する佐藤だが、音尾はもう春菜はこの付近にはいないだろうと考えていた。何より、養子縁組しろと迫る山田葵から逃げださないといけない。
微妙に八千代にも細やかなフラグが立ってます。八千代も佐藤も年齢の割に例愛に関してはピュアだから、中学生みたいな関係が続くんだよな。

音尾が山田から逃げるように店を去っていく。
八千代はいつも通りに元気を取り戻していつもの店に戻る。
そして佐藤をからかった相馬が佐藤に中華鍋で殴られそうになる。基本的に相馬は佐藤に対してあれこれとちょっかいをかけては暴力に訴えられてるよな。
そう考えるとワグナリアって相馬にとって相性の悪い相手が多いよな。
まひる・音尾を筆頭に、葵も苦手だし。

次回 5品目「ワグナリアの巨大な胃袋」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい





こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : WORKING'!!
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

◎WORKING´!!4品目「マンホールスパイラル」

店長が生クリームを全て食べてしまう。そして、ヤチルさんと店長が買いに行く。ていうか、店長のオッパイ大きい。声はケロロ軍曹なのにな・・・。今日はタネシマが椰子の木にされる...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。