スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異国迷路のクロワーゼ Partie12(最終話)「Chats sur un toit -屋根の上の猫-」

買い出しに行くクロード・クローデルは湯音に声を掛ける。
オスカー・クローデルに何か欲しい物があるか訊ねると、オスカーは久しぶりに湯音のすき焼きが食べたいと言って湯音を喜ばすも、湯音はクロードの顔色を窺う。クロードは「たまにはいいかもな」と笑って答える。
顔は引きつってるけどね。
醤油が苦手なクロードは、湯音のチーズと違って湯音が料理を作る時しか口にする事がないから慣れないんだろうな。しかしクロードの順応性の悪さは本当にオスカーの孫なのか疑うレベルだな。
父親の色が濃いのか、母親のものなのか。

すっかりギャルリ・ド・ロアに馴染んだ湯音は、途中で声を掛けられた猫好きのヤニックたちと話が弾んだりしている。

仕事をするクロードはオスカーの湯音のことを知ろうとしなかったのは、湯音が去った時の事を考えて怖かっただけではないのか、という言葉を思い出していた。
クロードの手伝いをすると言ってムチャをする湯音の姿に、クロードの小さい頃を思い出すようだと笑うオスカーだが、父親の話題になった途端に不機嫌になる。
仕事場に吊してあった手袋を見つけた湯音が、触れた途端にクロードが怒り出して仕事場から出て行くように言われてしまう。
完全に八つ当たり以外の何ものでもない。
オスカーは湯音に話すように諭すも、話したところで湯音は変わらないし、変に気を使わせるだけだと言い訳して話そうとはしない。
何も変わらないからと事情を話さず、そのくせ思い出の品を触れられてキレるとか自分本位も甚だしい。爺さんの言うとおり、訳も分からず理不尽に叱られる湯音の事は一切考えていない証拠。
本当は自分が話したくない、思い出したくない、という気持ちの方が強いけど、それを無理矢理別の理由に置き換えているのだろうな。
オスカーは落ち込む湯音に、あの手袋がクロードの父・ジャンの遺品だと教える。
手の小さなジャンは繊細なものを作ることが出来た。
オスカーはクロードの伝言として「どっかへ行ってこいとは言ったが、行って良いのはギャルリの中までだ」と伝えて笑いかける。
店番中に鈴の音を聞いた湯音は、ヤニックの猫ではないかと捜しに出て行く。
相変わらずオスカーが色々とフォローしてくれてますが、もし以前旅に出ようとしていた時に本当に出かけていたら、湯音はストレスが溜まって倒れてるんじゃないのか。

鈴の音が聞こえたような気がしたクロードは、店に湯音がいない事に気付くと、オスカーに火の番を頼んで湯音を捜しに出る。
ギャルリの人々に聞いて廻るクロードだが、誰も湯音の姿を見ておらず、アランはギャルリの外に出て行ったんじゃないかと告げる。
駆けだしたクロードにそんなに心配なら鈴でも付けておけと冗談を口にしたアランは、難しい表情を浮かべる。

アンセーニュ・ド・ロア(ロアの看板店)に戻ったクロードはアリスたちが来ている事を知り、湯音を見かけなかったかと訊ねる。
湯音がいなくなったと知って腹を立てるアリスに、出て行けと告げたが追い出したわけではないとしどろもどろに言い訳する。
アリスはエドガールたちにも捜すように命じると、家出ならば湯音を貰っていくと宣言する。
アリスにとっても湯音はただ日本人だから大切というわけではなく、今までも散々湯音を泣かせたりしたら承知しないとか言ってきたわけで、本当に家出ならクロードを許せないわけだろう。
家出だと完全に決めつけたりしないところが、ただの癇癪持ちではないところかな。

アリスやアラン、オスカーたちが捜す中、アリスに指摘されてヤニックのところへ訊ねに行ったクロードは湯音を見かけた事を教えられる。看板を見ていたと聞いたクロードは、またも鈴の音を聞いてそちらへ歩いていくと、ギャルリの天井を歩く湯音を見つける。
鈴の音からヤニックの猫ではないかと思った湯音。
クロードは猫を見つけたら教えて欲しいというのは冗談であり、ヤニックの猫は10年前に鈴を付けた途端に嫌がって何処かへ行ってしまったのだと告げる。
異国の土地に来ているだけでも大変なのに、何故わざわざ大変事に首を突っ込むのかというクロード。
「1人だけ、何も出来ないこと。
 一番、大変です」
「お前の仕事は怪我せず俺の目の届くところにいる事だ!」
クロードの言葉に自分にはそれしか出来ないのかとショックを受けた湯音は屋根から足を滑らせて、ガラスの屋根へと落ちる。
湯音はお客さんとして遊びに来ているわけではないのだから、ただいれば良いとか言われても嬉しくはないよね。お飾りの人形でもないわけで、ただいるだけでいいとかいうのはクロードの相手の事を考えようとしない勝手な思いでしかない。

クロードは何時ガラスが割れるか判らないと湯音に手を差し伸べながら、父の落下する姿を脳裏に浮かべる。
「知らないんだ。
 俺の手が何も掴めなかった時の惨めさを。
 お前は……何も出来ないのはお前だけじゃない!
 俺も爺さんもそんなの同じだ!」
手を伸ばすクロードの手を取る湯音。
知らないも何も話していないのだから判るわけもないのだけど。
誰だって一人では何もできない、という事が言いたいのかもしれないがちょっと言葉足らずな感じ。

手袋の事は大切でもなんでもなく忘れろというクロードだが、湯音はクロードが時折手袋の方をみて笑っているのを見抜いていた。
真面目で頑なで息子のする事が全て気にくわないというような態度の父親の事がクロードは嫌いだった。
実際には気に食わないのではなく、職人気質な人だからあれこれと口で説明するのではなく、ダメだったらそこで止めさせて自分の仕事を見せていたのかもしれないが不器用な人だったのだろう。
仕事中に足場から落下して、ジャンは死んだが、目の前にいたクロードには何も出来なかった。
ジャンがいなくなってから、手袋の小ささから今のクロードよりも小さいのではないかと気付いた。
ジャンは自分の体の小ささにコンプレックスを持っていたのかどうかは判らないけど、彼は自分の小さい体を逆に生かして繊細な細工をする仕事をしていたという事なのだろう。

グラン・マガザンに湯音が行くことを反対したのも、ジャンが死んだのはグラン・マガザンだったから。
今はまだ行けないが、いつか行けた時にはちゃんと親父の事を話すと約束する。
目の前で父親が死んでしまい、助けられなかった事がトラウマとなっていたというわけだ。
でも結局、自分に嫌な思い出があるから湯音がグラン・マガザンへ行くのを反対していただけで、今後も気持ちの整理が着くまでは湯音はいけないという事か。
アリスと行くのは許してやる度量は持つべきだと思うが。
そして前々から思っていたけど、やっぱりクロードは謝らないのな。良い事言っているようだけど、まずは自分も謝るべきだと思うのだが。
しかしクロードは自分が何も出来なかった過去を持ってるなら、尚の事何も出来ない辛さは判っているはずなのに、何故そうした相手を思いやる事が出来ないのだろうか。
彼は百貨店の装飾を任せられるほど信頼を得ていた職人なんだな。そして彼自身、ジャンはクロードがギャルリの敵と見做しているグラン・マガザンの建設にも携わっていたわけで、そうした事を受け入れる度量の大きさを持ち合わせてもいたのだろう。今のクロードなら絶対に敵だからという理由で受けなさそうだし。

屋根の上からギャルリを見下ろす二人。
クロードは湯音に出来るのは側にいる事だけ、ではなく側にいてくれるだけで、湯音が無事にいるだけで自分の手には大きなものを掴んでいると思うと告げる。
猫に鈴を付けるというのは不可能な事を言う。猫の居場所を知りたいのはネズミだから。
結局、湯音たちが聞いた鈴の音は何だったのか不明。
もしかすると本当に行方不明となった猫かもしれない。10年前なら十分に生きている可能性だってあるわけだし。

下駄を屋根の上に忘れてきた湯音を抱っこして現れたクロードに笑うオスカー立ち。
湯音をみんなが捜している事を知ってやってきた浮浪児も湯音の無事に安堵する。
みんなに心配をかけたと謝る湯音。
「心配? そうじゃない。
 湯音はいるだけで、こんなにみんなを安心させてるじゃないか」
オスカーの言葉に賛同する人々に喜ぶ湯音。
クロードを見上げる湯音。
「私、ギャルリの家族になれたでしょうか」
「ああ」
頷くクロードに湯音は笑顔を浮かべる。
何も出来ないので自分がギャルリの家族になれてないと考えていたけど、みんなもう湯音をギャルリの一員として認めてくれている、という事ですね。
ギャルリの人間じゃないのも若干混じってるけどね……

そんなわけで最終回でした。
最終回なのでちょっと事件のあるお話をしたけど、特別盛り上げるというわけでもなく。
ギャルリの一員として迎え入れられるまでに湯音が馴染んだよ、という感じで終了。まぁこの手のアニメはそうした終わり方の方が良いのだと思います。
人気もあるみたいなので、二期も作られそう感じかな。
全体的にはやはりクロードのヘタレっぷりが端々で目に付くのは、彼がまだまだ未熟な存在で成長過程にあるという事なんでしょうか。
湯音がパリに馴染んでいくのと同時に、クロードも湯音たちと触れ合って成長していくお話なのかもしれない。まぁ、あまりめざましい成長が今期は見れなかったわけですが。


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい






こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 異国迷路のクロワーゼ
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。