スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは 第二十三話「夢のおとしまえ」

松前皐月は送られてきたDVDを元に、ある記事を書こうとしていた……

四十万スイによる突然の温泉旅館『喜翠荘』の閉館宣言を受けてそれぞれの気持ちを胸に抱く従業員達。
宮岸徹は富樫蓮二に説得してくれないかと頼むも、蓮二は自分がやってきたのは徹と同じ年齢ぐらいの頃であり、それだけ長い間女将を見てきた事、そしてこれだけの事を決意した女将が何を言っても決意を変えないだろう事を告げる。
輪島巴は出勤してきた押水菜子に挨拶するも、なこちはちゃんと挨拶すら返せない。そんななこちに注意をする巴だが、なこちは暗い様子のまま。
ただ旅館が閉じてしまう事がショックでも、従業員がそれを表に出してはいけないんですよね。少なくとも客の前では明るく振る舞ってみせないと。お客様には最後の時まで楽しんで寛いで貰うのが働く者たちの責務ですから。
松前緒花は朝から大量のかつらむきをしている鶴来民子に話かけるも、ただ黙々とかつらむきを続けるみんちは、自分は何があっても絶対に一人前の板前になると呟く。
みんちには夢があるのだから、大丈夫だと感じる緒花は、自分にはやりたい事があるのか、と考え直す。
あのかつらむきした大根はどうするつもりなんだろうか。
朝の準備用ではなく、自分の練習のために剥いてるのか? でも今は仕事中の筈なんだが。

化粧をする川尻崇子改め四十万崇子は四十万縁は自分の大学時代からのキャッチフレーズを覚えているか、と問い掛けるも縁は全く覚えていない。
「Never give up!
 エニシングがまんまと騙し取られたお金は、必ず私が取り戻す!!」
崇子も縁と共に映画製作の話を持ち込んだ人間ではありますが、崇子の忠告を無視して金を払ってしまったのは縁の全面的な落ち度ですからね。
まぁ、お金が戻ったところで、スイが閉館を取り止めるというわけではないのでしょうけど。店仕舞いするにしても、従業員には退職金を払わないといけないし、今後のためにもお金は必要だろうな。アルバイトの4人にはいらないだろうが。
しかし本当に旅館を閉じて、縁たちが新たに開かなかった場合はどうなるんだろうか。かつてスイたち夫婦が買い取ったように、他の人間に譲り渡すのかな。ただの民家としてこんな旅館を維持するのは難しいし、歴史もある旅館をスイがただの民家として腐らせるとは思えないが。
もしかすると崇子は自分たちが買い取るために金を取り戻そうとしてるのか?
緒花を呼び寄せたスイは、これからどうするつもりなのかと問い質す。
そこにやってきた崇子が東京へ行くと告げると、スイは緒花を連れて行くように告げる。そうして皐月と今後について話し合うように告げる。
高校生である緒花は一人暮らしするほどの貯金があるわけでもなく、今後の収入が見込めるわけでもないから、選択肢としては皐月のところに戻るしかないですからね。唯一の可能性としては将来的にも仲居をやるのなら、福屋とか他の旅館で住み込みで働かせてもらうぐらいか。福屋ならスイや結名経由で頼めそうだし。
ただし明後日からはぼんぼり祭があり、湯乃鷺が1年で尤も華やぐ時であるから戻ってくるようにと指示する。
ぼんぼり祭りは湯乃鷺に観光客が集まる時で、喜翠荘も繁盛期。当然常連さんから一見さんまで色々な客がやってくるから、人手は欠かせないのでしょう。ま、去年は緒花無しでやっていたのだから、回らない事もないだろうが、今は緒花がいるのが当たり前になってるからいないと困るだろう。逆に崇子は直接働かないからどちらでもいいのかな。
それとも、若女将として崇子も接客をするのだろうか。

次郎丸太朗は踏み倒した部屋代の残りはチャラにしてもらえる事になった。が、今後何処に住むのかは決まっておらず、緒花は自分も住む場所が決まってない事に気付く。
次郎丸はどれぐらいの借金があって、どれぐらい残ってたんだろうな、そう言えば。
てか、次郎丸はあくまで文豪気取りで温泉旅館に来ていただけなんだから、自宅は元々あるんじゃないのか? ここに泊まり込みするようになって、部屋を引き払ってしまったのかな。

出発する緒花を見送る巴・次郎丸・なこち。
なこちは緒花が片思いの相手である種村孝一に会うかどうか迷っているのを知ると、絶対に会ってきた方が良いと強く勧める。
緒花は他の事では猪突猛進なのに、こんなところだけ突っ走らないのか。

縁は1人落ち込んでいた。
崇子が1人で何とかしようと東京へ行ってしまうと、心配で付いていこうかと悩む縁に、助川電六は崇子が喜翠荘の『若女将』の初仕事として頑張ろうとしているのであり、ジッと待つのも男の仕事ですと諭した。
流石は豆爺、良い事言います。

和倉結名は空を二匹の白鷺が飛んでいく様子を見かけました。
手にはぼんぼり祭りで使う提灯。そういや前もこの娘がぼんぼりの準備をしていたけど、このぼんぼりの準備は従業員ではなく、結名の役割なのかな。

緒花と崇子は二人きりでの電車旅は気まずい空気。
崇子を「叔母さん」と呼んだ緒花に敏感に反応した崇子に、緒花は母の弟の妻だから義理の叔母の事だと釈明する緒花に対して、崇子は緒花は義理の姪だと確認すると、「お義姉さん」と呼んでくれと言い出して、緒花は「ホビロン」と小さく呟く。
ちなみに実際に叔母であっても、相手が若い場合や年齢が近い場合などは、崇子の言うとおり、「おねえさん」と呼ぶのが一般的です。
崇子は30歳なので微妙なところですね。叔母さんと呼ばれるのには抵抗があるだろうし、でもまだ16歳の緒花からすると倍ぐらい違うのでもうおばさん、という感じだろうし。

書店で偶然、アルバイト中の種村孝一と出会った皐月は二人で食事する。
孝一が相変わらず礼儀正しいという皐月は、若い高校生が遠距離恋愛に耐えられないのは仕方がないことで、喩え孝一が緒花を遠距離恋愛の末にバッサリ振っても気にはしないと語る。
皐月さんはこーゆー事をハッキリ言えるタイプっぽいよね。緒花のように空気が読めずに言うのではなく、意図して口に出しているのでしょうが。
緒花が元気かどうかを訊ねる孝一に、振られた女が元気な筈がないと答える皐月だが、孝一は緒花を振っていないと否定する。
やっぱり孝一は振ったとは思ってなかったよ。孝一はただ電話を切る時に「じゃあな」と言っただけで、緒花が1人で深読みしていただけだからな。

緒花と崇子はみんちの作ったお弁当を食べる。
なこちが出発前に渡そうとしたのはこれだったのかな。
緒花は喜翠荘の女将の座を狙っていたのか、という崇子に、緒花はそんな事を考えたことがないと強く反発する。
そもそも自分がスイの孫という事すら忘れかけてたような娘だからな。打算的な考えが出来るような性格でもないし。まぁ崇子も悪気があるわけではなく、思ったことは何でもポンポン口にするタイプなんだろう。
みんちが作った料理はきちんと味見もしていて、綺麗に調理されている。
改めてみんちの料理の腕前について感心する緒花。

自分が夜逃げをしなければ孝一と緒花は今でも仲良くやれていたはずという皐月に、孝一は養って貰っている以上、子供が大人に振り回されるのはある程度仕方ないと考えている、緒花はそう考えているはずだと答える。緒花の事をよく判っているという皐月だが、判ってないと孝一は緒花が働いている姿すら知らないから教えて欲しいと頼む。
すると、皐月は孝一に自分についてくるように告げる。
緒花に至っては皐月に振り回されるのはほぼ日常の事になっていたから、それが普通なのではないのか。

どうせ『喜翠荘』は母親ともう一度住むまでの腰掛けに過ぎず、東京にはボーイフレンドもいるのだから、と軽口を叩く崇子だが、緒花が表情を曇らせてしまって慌てて訂正する。
崇子は車内販売でビールを頼むと、緒花はコーラと紅茶を頼んで紙コップで混ぜ合わせる。
凄い飲み方してますが、実際にこーゆー飲み方をする人がいるという事なのかな。紅茶コーラという飲み物があったようなので、そーゆー飲み方をする人もいるのかもしれないが。
義理と叔母と姪の距離感について訊ねられた緒花は「微妙」だと答えるが、崇子は「好き」だと言う。
まぁ緒花にしてみればなったばかりだし、コンサルとしての崇子の評価自体が微妙だったからな。たとえば相手が巴だったら、「好き」だったんだろうけど。
本当は崇子の言う通りだった。緒花は何かをやりたくて喜翠荘に来たわけでも、人生に苦悩しているわけでもない。東京には孝一がいるが、ボーイフレンドなどではなく、片思いの相手でしかないのだ、と。
緒花は全てが成り行きで決まっていて、とりあえず目の前の事に全力でぶつかっていっているけど、変わりに将来の事とかはまるで考えられていないんですよね。

どうやってあのプロデューサー伊佐美轍夫を捜すのかという疑問を持った緒花だが、実は崇子は皐月から連絡を受けていたのだ。
皐月は伊佐美と会う約束をしていたが、約束をわざとすっぽかしてそこに崇子たちが向かった。
東京タワーで皐月を待っていたものの二人の姿を見て逃げ出した伊佐美を一度は見失う崇子だが、事前に聞いていた電話番号に電話する事で発見。崇子に大声を出して追いつめられると奇声を上げながら緒花に向かって突進して来るも、崇子が一本背負いで床にたたきつけて捕える事に成功する。
強っ!!……柔道でもやってたのか、この人。
ああ、でもたぶん借金返済のために既に全額使い込んだとかいうオチが待ってるんだろうな。

皐月は孝一を仕事場に案内すると、とあるDVDを見せる。
それは喜翠荘を舞台にした映画のカメラテストの映像。
伊佐美は後ろめたかったため、喜翠荘の宣伝に使えないかと皐月に送ってきたのだ。
これは皐月が喜翠荘の関係者だと知って送ってきたのか、それともたまたま皐月の手に渡っただけなのか。たぶん後者かな。関係者だと知っていれば、喜翠荘に連絡が行く可能性ぐらいは考えた筈だし。
それにしても何度も同じような詐欺をしている割には気が小さい男だな。
DVDの中での緒花のインタビューを見た孝一は、緒花が孝一を東京に置いてきたのではなく、孝一も東京で頑張っているのだと語る。
巴は化粧を頑張りすぎだよ……猫も被りすぎだし。
孝一は珈琲が飲めなくて、番茶は大好き。でも実は前に緒花とファミレスで飲んだのが最後で、その味を忘れたくなかったから飲まないようにしていただけでした。
孝ちゃん、草食過ぎだろう。あれ以降全く連絡しなくなって、じっと緒花との思い出を抱えつつ連絡待ってたのか?

皐月の所を立ち去った孝一は、もう少しで緒花の事を思い出だけに縋って諦めようとしていた自分に気付く。
そして歩道橋の上で偶然緒花と孝一は出会った。

次回 第二十四話「ラスボスは四十万スイ」

女将はやっぱりまた倒れてしまうのか。


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい






こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 花咲くいろは
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。