スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは 第十九話「どろどろオムライス」

板場で宮岸徹から包丁の研ぎ方について指示を受ける鶴来民子。
そこにやってきた押水菜子。徹はなこちの雰囲気が以前よりも積極的に変わったと感じるが、みんちはよく見ているとヤキモチ。更に緒花からの内線電話でも楽しそうに会話していて不機嫌。
蓮さんのビビり方が半端ない。

文化祭で2人の「姫」を抱える松前緒花たちのクラス2-Aは『姫カフェ』に決定。
接客担当のリーダーは和倉結名姫。
調理担当のリーダーは鶴来民子姫。
に、本人の承諾は無視して満場一致で決定。
ちなみに男子はみんな雑用係。

電車で帰宅しようとしていた緒花たちに結名は送迎の車から降りて合流。
普段は自宅から来るまで送迎してもらってるんだね。流石はお嬢様だ。
緒花はクラスの文化祭が大盛り上がりで大興奮。
みんちによれば2-Aが特別のようですが、緒花の前の学校は文化祭などのイベントに対しては醒めていたらしい。前の学校については描かれなかったけど、進学校にでも通っていたのかな。それとも単にやる気の無い学校だったのか。
調理担当のリーダーになったのがちょっと不服なみんち。
対する結名は接客業は嫌いだと言っていたが、仕事ではないことと、みんなに期待されていたので空気を読んでいた。
結名はこの作品では珍しく少しは空気の読める子です。
修学旅行の時は読めないのではなく、読まなかったんだろう。
文化祭という事で休みをもらいたい緒花ですが、準備を含めた3日間も休みという事に難しいと悩む輪島巴。なこちは自分が働くと言い出すも、四十万スイは学校行事にはちゃんと出るべきと3人の休みを許可しました。
緒花は大喜びだけど、なこちはあまり嬉しそうではなかった、と女将さんには見抜かれてる。

常連さんからの電話に出た巴は助川電六の呼び出しを受けるも、スイが息子と出かけていると告げてビックリ。息子の存在を知らなかったようだ。
豆じいだってあの年齢なんだし、結婚して息子がいても不思議ではないだろう。それどころか孫がいたって不思議ではないと思うぞ。

板場の徹たちに文化祭の話をしていなかったみんち。緒花たちからの話で、富樫蓮二は快諾。
徹もその日は予約が少ないので行こうか、という事でみんちが嬉しそう。


なこちは文化祭実行委員になっていました。
なこちのクラスは美術部で展覧会などにも出ている人なので、絵の展示会。
みんちもすっかりやる気になって、夜に話し掛ける緒花に生返事しながらメニューを考えてます。

翌日、改めて調理担当のメンバーに挨拶するみんち。
調理は焼き物は家庭科室が遠いため難しく、魚も匂いの関係でオススメ出来ない。他の女子たちはオムライスが良いと大盛り上がり。
コンロが使えないのにどうやってオムライス作るんだろう。
一方で緒花は結名と同じく接客担当。
せっかくのメイドなので可愛い衣装を着たいという女の子たちに、緒花はスイの承諾を得た昔の着物を持ちだしてきました。
着物なんて緒花以外の子は着れるのか? 結名ぐらいは着付けを仕込まれているかもしれないが、それ以外の子は着付けなんて判らないだろうから、緒花がこれも指導しないといけないんだろうね。

クラス中で盛り上がる緒花たちと違い、なこちのクラスは文化祭委員であるなこちと水野枝莉の二人きりで準備。
こっちは最初からやる気無いから、水野さんの絵の展示という事にして押しつけてしまったのか。これが緒花だったら無理矢理にでもクラスのみんなを巻き込もうとして空回りしているところなんだろうな。

文化祭二日前の金曜日。
みんちは徹が日曜日のお昼に抜ける許可を貰っているのを聞いて気合いが入る。
緒花は巴から東京の彼氏がやってくるんじゃないかと言われて、四十万の女だから仕事に生きるのだとシドロモドロ。
そういや孝一との事は皐月には見抜かれていたけど、誰にも喋ってないんだよね。
「緒花ちゃん……緒花ちゃんは四十万じゃなくて松前だよ」
なこち、的確なツッコミです。
まぁ親父も小さい頃からいなくて皐月に育てられているので、四十万の色の方が圧倒的に濃いのですけどね。

電車の中でうたた寝する緒花は種村孝一が和メイドになって一緒に働く夢を見て焦る。
孝ちゃんの女装が似合いすぎてて怖いわ。
しかし孝ちゃん久しぶりに登場。これが復活への布石となるのか。
勝手に過去の男にされてるけど、孝一自身はたぶん振ったという自覚すら持ってないはずで、緒花の答えを未だに待ってるんじゃないのか。
ただそれならもっと向こうから連絡があっても良さそうなんだけどね。

みんちの決めたメニューはさながら料亭。オムライスを除外した事にもっと批判が出るかと思ったら、案の定何人かの子が
結名が試着した着物姿にメイドチームは大盛り上がり。
似合いすぎと褒め称える緒花たちに、もっと褒めて欲しいと嬉しそうな結名。
「YES!大和撫子!」
ヤマトナデシコって感じじゃないけどね。
接客の指導は緒花の担当。
結名は車で通学しているんだから、残りの着物は結名の車で運んで貰った方がいいんじゃないか? 電車で運ぼうとしたら皺になるかもしれないし。

四十万縁は巴に学生時代の文化祭の話で盛り上がるも、川尻崇子と正式に付き合うことになったのか、崇子と呼び捨てにしている。
あの一件以来、関係が深まったのか?
わざと崇子、崇子と連呼してます。完全にのろけてるだけで、巴は付き合ってられなくなってます。

みんちたち調理班はオムライスについて紛糾。
提案した階戸雪は中学の時から好きな男の子がオムライスを好きだから、どうしてもいれたかった。しかもその男子はみんちは修学旅行の時に振った男子。
しかし緒花は仕事に恋愛を持ち込むなんて最低だと憤慨。
みんちの批判に泣いて飛び出してしまい、彼女の友達はみんちこそ最低だと怒ってしまう。
バラバラになってしまった調理班。みんちは買い出しなど全て自分でやると言い出した。
いきなり調理班バラバラです。まぁ、みんちの性格とかからこうなるだろうとは予想していましたが。
自分の片思いの相手が好きだからそのメニューを入れたい、という我がままもどうかと思うけど、みんちもみんちで融通が利かない。変に板前を目指しているものだから、完璧なものしか出したくないと思いすぎてるんだろう。そもそも文化祭の出し物にあのメニューはどうかと。しかも「カフェ」なのに。
仕事に恋愛を持ち込むなと言いつつ、みんちも徹が来てくれるから頑張ろうとしているわけだし、最終的には緒花がそこを指摘してオムライスもメニューに加えさせるという展開かな。

枝莉から気に入っている絵にタイトルを付けて欲しいと頼まれてしまってパニック状態。
「ど……どうろ、どろ……オムライス?」
なこちテンパりすぎ。
夕焼けの道とかじゃないのか……

次回 第二十話「愛・香林祭」

どうやら本当はオムライスを外したのはオムライスに特別な思い入れがあるからと、そのせいで上手く作れないからかもしれない。
板前を目指した切っ掛けにもなってるのかなぁ。


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい






こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 花咲くいろは
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。