スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪るピングドラム 5TH STATION「だから僕はそれをするのさ」

9年前――
嵐の中、幼い高倉陽鞠が熱を出してしまい、母・高倉千江美は病院に電話するが救急車は全て出払ってしまって自分たちで連れてくるように告げられる。父・高倉剣山は陽鞠を背負って嵐の中、病院へと向かうが高倉冠葉が彼の後を追い掛けてしまう。
その冠葉に巨大なガラス窓が迫ってきた。
冠葉を守って怪我をしながらも病院へと向かった父。


定期検査で陽鞠の容態が安定している事を確かめた鷲塚医師は、この世には奇跡としか思えない事もあり、陽鞠がまさにそれだと語る。
高倉晶馬は例のペンギンの帽子を差し出して、宇宙生命体かもしれないと検査を依頼するもただの冗談だと笑い飛ばされる。

エスカレーターから落ちた久宝阿佐美の見舞いにやってきた夏芽真砂子。
事故の時の事は誰かに押された事しか判らなかった阿佐美だが、事故の時に見たことを思い出してしまう。「彼が……」
それを聞いた真砂子はレーザーポインターのついた武器を取り出した。
パチンコの巨大板みたいな武器ですがボールに例のペンギンのマークが入っていたりして、ただの武器ではないのか?
ニュースで阿佐美の事故のニュースを見ていた冠葉。
阿佐美は警察に対して事故の前後の記憶が何もないと語っている、と。
これは真砂子に脅されて口止めしているのか、或いはあの武器によって記憶が消されてしまっているのか……
叔父さんがやってきて、冠葉たちの家を売るという話を話題にあげる。3人は親戚に預けることになるが全員一緒には無理で、陽鞠は自分が預かるという伯父の池部。
両親はもうこの家には帰ってこないという池部。そんな彼に、金は自分がなんとかすると怒り心頭な冠葉。
両親は死んだ訳じゃなかったのか。何処かへ失踪してしまったのか?

今日はパパとデート。
やっぱり死んでなかったんだね。離婚したのか。しかも別の女性と結婚していて、面会日にしか会えないようなので、他の女性と浮気したことが離婚原因というところか。
レストランで思い出の池袋の水族館に行こうと誘う苹果。苹果はペンギン好きらしい。
おそろいのペンギンの携帯ストラップを買ったが、父・荻野目聡は違うストラップをしていた。
ストラップの事なんて完全に忘れていたんだろうな、このオヤジさん。

運命を実施するため、モンブランを買って多蕗桂樹に会いに行こうとしていた苹果ですが、途中の喫茶店で桂樹が時籠ゆりと一緒にモンブランを食べている場面を目撃してしまった。
てか、ゆりは有名人なのに普通にデートしていていいのか……
ここで凶行に出ないところが、苹果はやっぱり一般的なストーカーとは違って、恋する女の子だというところだな。

冠葉は電車で何者からか札束を受け取る……
真砂子本人か、彼女の配下の人間か。つまり久宝阿佐美を突き落としたのは冠葉という事か。

ショックから雨の中をずぶ濡れで歩いていた苹果を、病院帰りの陽鞠と晶馬が見かけて自宅へ案内。
一緒に食事をする事になった陽鞠たち。
帰ってこない冠葉は放置して食事を始めて、晶馬は例のノートを貸して欲しい言い出すも、当然のように断れた。
ただのスケジュール帳だと主張する晶馬ですが、苹果はノートを自分の運命が書かれたを『運命日記』だと語る。
てか、ただのスケジュール帳だったらピングドラムなんて大層なネーミングを付けて手に入れてくるようには言われてないだろう。

交換条件として事情を説明した晶馬ですが、当然『宇宙生命体』なんて話は信じてもらえないものの、ちゃっかり帽子を被った林檎が再び「生存戦略」を発動。
陽鞠は苹果を牝ブタだの、ストーカーのど変態女だの、脳みそど腐れゲロぶたびっち娘だの、罵詈雑言の数々。
いつもの晶馬のように穴に落とされたと思った苹果ですが、苹果はただ落とされてるだけ晶馬よりも上手で、落ちずに堪えていて反撃。
帽子を奪い取って投げ捨ててまいました。
結局、運命日記は手に入らずなので、アレがピングドラムかどうかは判断吐かず仕舞いだな。

慌てて帽子を追い掛けた晶馬。
帽子を失ったことで陽鞠は倒れてしまう。
帰宅途中の冠葉は晶馬と出くわして、帽子が運送会社のトラックに引っかかっているのを知って自転車で追跡。
晶馬の頑張りはここまで……どこまで行っても晶馬は冠葉の噛ませ犬だな。
すげぇな、トラックに追いついてるって、時速何キロ出てるんだ、ママチャリで。
後一歩というところで、チェーンが外れて転倒してしまった冠葉。
しかしペンギンの活躍により、冠葉は辛うじて帽子の奪還に成功。て、走行中のトラックに引き摺られている冠葉は確実に死ぬから。少なくとのあの姿勢だとナニが大変なことなってるよ。

9年前、台風の去った後、病院に運ばれた陽鞠の容態は安定。
剣山は左手骨折のみ。
冠葉も頑張ったと褒める父。
「通り過ぎない嵐なんて何処にもない。
 でも通り過ぎるのを待っていたら、大切な人を守れない。
 それを忘れるなよ、冠葉……」
冠葉が陽鞠のためなら何でもするという決意を見せているのは、この父親の言葉がベースにあるからなのか

死んでしまった陽鞠に呼びかけ続ける晶馬。
帽子を失った事で陽鞠が死んでしまった事に驚いていた苹果。
そこにボロボロとなった冠葉が帽子を持って帰宅し、陽鞠は無事目覚めた。
ペンギン帽子の事は苹果にも知れるところとなったわけですが、これからどう話に絡んでくるのか。

例の受け取った金を池部の口座へ振り込んだ冠葉。
これで当面の間は家を出なくて済むようになった。
一体彼らの抱えている負債はなんのものなのか。両親の失踪と関係しているのか?

次回 STATION 06

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい




こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 輪るピングドラム
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

輪るピングドラム 第05話 『だから僕はそれをするのさ』

苹果の前で生存戦略発動。もっと隠すと思ってたら、あっさり帽子陽鞠出てきましたね。しかも落とされ役が苹果、でも落ちなかった。しがみついて耐えた挙句、パンチラまで披露してくれました。  晶馬には強気だった苹果も陽鞠の代わりようには唖然。脳味噌ド腐れゲロ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。