スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪るピングドラム STATION 03「そして華麗に私を食べて…」

両親と食べるカレーが大好きだった荻野目苹果。
毎月20日はカレーの日。
だけど母の荻野目絵里子は忙しいので苹果と一緒にカレーが食べられない。
今日は彼に始めて自分の作ったカレーを食べて貰う日。
父・荻野目聡がいない様子からすると、20日は父親の命日だから、家族が大好きだったカレーを食べる日と決めたのだろう。

ようやく出てきた主人公たちはいきなり生存戦略……
生存戦略をイリュージョンだと否定する高倉冠葉と高倉晶馬。
牛乳嫌いの高倉陽鞠ではないと証明するため、牛乳ラッパ飲み。
それでも信じない2人を信じさせるために陽鞠を死んだ状態にしてみせました。
イリュージョンって、いつから君らの妹は風景すら変えてしまえるような凄い手品が使えるようになったんだよ。

冠葉はピッキングで苹果の家の鍵を開けて、晶馬と一緒に部屋を家探し。
陽鞠のためなら手を汚す事も厭わない冠葉に対して、何かと正論で反対を口にするも結局は陽鞠のために冠葉を止められない中途半端な晶馬。
何処か晶馬は煮え切らなくてイラっとする感じがあるな。
19のモデルをやっているクホウアザミの元彼だった晶馬ですが、あっさり振ってしまったとのこと。
この元カノがオープニングに出ている女の子の1人かな。

家探しの最中に苹果が帰ってきてしまい、二人とも大慌てで隠れました。ペンギンを抱きしめていても、彼らの姿は見えなくなったりはしないのか。
全ては計画通りで運命だと満足な苹果。

カレーを持って多蕗桂樹の家にやってきた苹果は喜んで貰える妄想を炸裂させるも、出迎えたのは桂樹の彼女で、しかもカレーの日だからとカレーを作ってました。
彼女は時籠ゆりか。冴えない教師があんな人と付き合ってるって……

自分のカレーと彼女のカレーを入れ替えました。
鍋を手で掴むとか勇者過ぎる……そこまで出来るのはある意味で立派だ。つーか、同じ鍋……

兄たちが学校をサボったと知ってご立腹の陽鞠。
今日の陽鞠はお団子頭……デコが華麗に光りすぎだ。
魚を加えた野良猫と3チャンが魚を巡って争った末、苹果を巻き込んでしまった。
猫はペンギンに襲いかかっていたところをみると、人間以外にはペンギンの姿が見えるのか?

で、陽鞠が苹果と仲良くなって自宅に招待しました。
帰ってきたら苹果がいるもんだから、冠葉と晶馬はビックリ。
で、みんなでカレー。
晶馬は直球で今日は大切な計画があったのではないか、と問い掛けるも、苹果は彼が何故その事を知ってるのかとか疑問も思わず認めた上で、一番大切なのは書いている通りにすることだから、大丈夫と告げる。

記された運命を実行する事が一番大切で、自分の生まれてきた理由だという苹果。

苹果の未来日記には、目つきの悪い猫と会う事まで書かれてました。
本当に未来を実現する力を持つピングドラムなのか……それともただの偶然なのか……

次回 STATION 04


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい





こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 輪るピングドラム
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。