スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・スワン レビュー(ネタばれあり)

 【ストーリー】
ニナ(ナタリー・ポートマン)は、ニューヨークのある一流バレエ団(バレエ・カンパニー)に所属し、バレリーナとして人生の全てをバレエに捧げる日々を送っている。
『白鳥の湖』の湖で白鳥の女王《スワン・クィーン》を演じる夢を見たニナ。
バレエ団はバレーの演目としては世界的に有名な『白鳥の湖』を公演する事となり、この公演で新しい振付を披露する事が決定していた。
『白鳥の湖』は白鳥の女王《スワン・クィーン》を主役として、ロシアの作曲家チャイコフスキーによる曲に合わせて踊る演目。

・序幕
オデット姫が花畑で花を摘んでいる所へ悪魔ロッドバルトが現れ、彼女の美しさに心魅かれたロッドパルト求愛するも、これを断ったオデットを白鳥に変えてしまう。
・第1幕
ジークフリード王子の成人の誕生日に母から明日の王宮の舞踏会で花嫁を選ぶように告げられ、まだ結婚したくない王子は友人の騎士ベンノ達と遊びふけると、白鳥が住む湖へ狩りに向かう。
・第2幕
夜遅くに湖へとやってきた王子は月光を浴びて美しい娘へと変わる白鳥たちを目撃するが、その中でもとりわけ美しいオデットに惹き付けられてしまう。
呪いによって白鳥に変えられたオデットは夜だけ人間の姿に戻ることができるが、この呪いを解く方法はたった一つ。いつまでも変わらない愛の誓いだけだった。
・第3幕
王子がオデットを妻として迎える決意をし、翌日の舞踏会にオデットが姿を現して、驚いた王子は彼女を花嫁として選ぶも、それは悪魔の娘オディールが化けた姿だった。
それを見ていた白鳥の娘がオデットへと報せに飛び、悪魔の仕業に気づいた王子は嘆き、急いでオデットのもとへ向かう。
・第四幕
ジークフリードの裏切りに嘆く
破られた愛の誓いを嘆くオデットに王子は許しを請う。
だが現われた悪魔に王子が挑み、悪魔を打ち破ることに成功する。
しかし呪いが解けることなく、オデットは身を投げて死んでしまう。
ジークフリードもまた彼女を追って命を落とすのだった。


バレエ団のフランス人監督トマス(ヴァンサン・カッセル)は練習をするソリストたちから何人かを選抜してオーディションを行う。
今回の公演ではバレエ団のプリマバレリーナのベス(ウィノナ・ライダー)ではなく、新しいプリマを起用するつもりだったのだ。
主役の座を下ろされて怒りに荒れるベスは楽屋で暴れて去っていく。ニナはその楽屋に忍び込むと、荒れ果てた部屋の中からベスが置いて行ったルージュをそっと懐に忍ばせる。
候補者の一人として選ばれたニナも踊りを披露すると、白鳥《ホワイト・スワン》としては申し分ないとの評価を受け、黒鳥《ブラック・スワン》の演技を見せることになる。だが、うまく官能的な踊りを見せることが出来ないのに加え、そこに遅れて現れたリリー(ミラ・キュニス)によって集中が乱されてニナのオーディションは終了してしまう。

悔しさをにじませながら母エリカ(バーバラ・ハーシー)の待つアパートへと帰宅するニナ。
共に暮らす母は元ダンサーながらプリマとはなれなかった女性であり、今では絵画を描く日々を送っている。母は自分が果たせなかったバレリーナとしての夢をニナに託し、ニナに対して過剰なまでの愛情を注いでいた。
自宅での練習中に足の爪を割ったニナの手当てをしながら、エリカはニナがスワン・クイーンになれなくとも4羽の白鳥か、大きな白鳥には選ばれると励ます。

翌日、電車の中で先日手に入れたニナの口紅を付けたニナ。
トマスの下にブラック・スワンの踊りを練習して完璧に踊れるようになったから、もう一度見てほしいと懇願する。トマスはニナの踊りの技術は素晴らしくて《ホワイト・スワン》には申し分ないが、彼女が感情を抑え込んでいるため《ブラック・スワン》の官能的で魔性な表現が出来ないと指摘、ヴェロニカ(セニア・ソロ)を主役にする事を決めたと告げる。
諦めて立ち去ろうとしたニナに、もっと頼まないのか、そのために化粧をしたのではないかと迫ると突然キスをするトマスだが、ニナはトマスの唇を噛んで逃げ出してしまう。

監督であるトマスを拒絶して唇を噛んだニナは《スワン・クィーン》はもちろん、キャストからも外れる可能性がある。落ち込むニナはヴェロニカに「おめでとう」と告げて帰ろうとするが、キャストの発表を見たヴェロニカはニナを追いかけてくるとニナに怒りをぶつけて去っていく。
驚いたニナが慌てて戻ると、みんながニナに祝福してくる。
自分に噛みついたニナに新しい可能性を見出したトマスは考えを翻して、ニナを《スワン・クィーン》に選んだのだ。

トイレに駆け込んだニナは母に電話でプリマに選ばれた事を報告する。しかし個室から出ると、鏡にはニナがトマスを身体で誘惑したと思った誰かにより「アバズレ」という文字が書かれていた。

バレエ団は次の公演のためにスポンサーたちを招いてレセプションを開き、その場で監督トマスはバレエ団のプリマバレリーナだったベスの引退を発表し、さらにその華やかな場でニナを新しいスターだとして招待客に紹介した。
レセプションの後、ニナはトマスに彼のアパートメントへ来るよう誘われた。躊躇したが、招待を受けることにして、客に挨拶へと向かった彼を会場のロビーで待つ事になった。
ニナはロビーにある黒っぽい人物像に興味を引かれる。腕の代わりに黒い翼が生えている。ふと彫刻に心を奪われていると、いつの間にか側には酔っ払ったベスが立っていた。ベスはニナが主役の座を彼女から奪ったと責め、トマスを性的に誘惑してプリマバレリーナの座を得たのだろう、と責める。ショックを受けたニナはその場から立ち去ろうとするが、やってきたトマスがベスを宥め、だがそれに対してベスは自分を捨てないで欲しいと叫び返すのだった。トマスはニナをもなだめるが、ニナは不安で胸がいっぱいとなる。
トマスは部屋でニナに現在恋人がいるのか、過去にはいたのか、処女なのかなどと明け透けに質問してくる。今は恋人はいないが過去には数人いて処女でもないものの本気でのめり込む相手がいなかったというニナにトマスは、セックスに興味はあるかと問いかける。
そうした快楽にオープンではないニナに対して、彼はニナに足りないのは官能的な表現であるからと、宿題として自分で自分を慰めるように告げる。

翌日、バレエ団に衝撃の情報が飛び交う。
ベスが交通事故にあって入院したというのだ。ベスが事故にあったのはニナたちと別れた直後だと知ったベスは激しい衝撃を受ける。
ニナのせいではないと慰めるトマスは、ベスは激しい気性で破壊的な性質だと語り、だからこそ彼女の踊りは人々を惹き付けて完璧なのだという。
ベスを気に掛けるニナはベスの見舞いへと向かう。ベッドで眠っているベスに花を置いたニナは、彼女の足が無残に傷ついている様子にショックを受ける。

悩むベスを必死に落ち着かせる母。
なんとか眠りについたニナは、翌朝目を覚ますと自分で自分を慰め始める。官能に身を任せようとしたニナだが、ベッドの脇で母が寝ている姿を見て一気に頭が冷えてしまう。

練習を続けるニナだがどうしても《ブラック・スワン》の官能さを表現できずに苦悩し、トマスはニナのブラック・スワンを演ずる時の寒々とした完璧主義的な踊りではダメであり、王子が抱きたくなるような性的に魅力的な演技をするように責め立てる。
トマスはリリーの演技を見せて、《ブラック・スワン》そのものであり、それは演技ではなく自然と滲み出ていると語る。

連日練習を続けるニナは精神的に疲れ、幻覚や幻聴・妄想といった精神病的な症状に悩まされるようになった。更に幼い頃からの癖である背中を爪で掻き毟る癖も再発して悪化していた。

ある夜のこと、ニナのアパートに突然リリーがやって来て、一緒に散歩に行かないかと誘う。ニナは気が進まなかったが、母親と諍いから夜の街へ出掛けることに同意してしまう。
男たちから声を掛けられるリリーはニナに麻薬を薦めるが、ニナはこれを断る。
その間にも母から何度も入ってくる電話。
ニナがトイレから戻ると、リリーがカクテルグラスに麻薬を入れている場面を目撃してしまう。翌日も練習があると慌てて帰ろうとするニナだが、リリーの執拗な勧めで遂に薬入りの酒を飲んでしまう。
薬が効き始めたニナは踊りはしゃぎ、男性に性的な興味も感じるが、薬が切れて我に返ると慌ててバーを飛び出していく。
ニナを追いかけてきたリリーは一緒のタクシーに乗り込むと、ニナの股間に手を伸ばして弄り始める。もだえるニナは、手を外すもその手を握り返す。
夜遅くに帰宅したニナを待っていたエリカとニナは激しい口論をすると、リリーと二人で部屋に閉じこもるとレズビアン的なセックスにふけり、やがて寝込んでしまった。

翌朝、ニナが目を覚ますと、何故か一人きりで一緒にいるはずのリリーの姿はどこにも無かった。
起こしてくれなかった母を責めながら送れてリハーサルにやってきたニナは、リリーがスワン・クィーン役を演じている事に愕然とする。
ニナの代役となったというリリーになぜ起こしてくれなかったのかと怒りをぶちまけた。だがリリーは昨晩はクラブで出会った男性と一夜を過ごしたと言い、ニナが自分との性的関係を妄想でもしたのかと冗談交じりに語る。

ニナはトマスにリリーは自分から役を奪おうとしていると、リリーを代役にしないように懇願する。だが誰もが役を奪おうとしていると取り合わないトマス。
悩むニナはベスの病室へと足を向けていた。
ベスに手紙と共に以前手に入れた口紅やイヤリングなどを置いて行くニナだが、突然ベスがニナの腕を掴む。
自分の物を盗んでいたのかと責めるベスに、ニナは彼女のように完璧になりたかったのだと告白する。だが自分は完璧などではないというベスは、ナイフで自分の顔を突き刺し始めてしまう。慌ててベスを止めるニナは病室から逃げ出してしまう。

踊りで悩み続けるニナは『白鳥の湖』の開演の前夜、夜遅くまで一人で練習をくりかえしていたが、突然照明を落とされてしまった。
練習中だと訴えかけるニナは人影を見てそれを追いかけると、監督トマスが舞台裏でリリーとセックスをして、リリーが笑いかけてくるいるという強烈な幻覚症状に襲われる。
逃げるように自分のアパートに帰ってみると、そこには母親が描いた数多くの絵があり、その絵はニナのことをあざ笑っているよう見える。
おまけに、背中が鳥肌状に荒れて、妙な“できもの”があるのに気づいた。それはできものはみるみる悪くなり、黒いとげのようなものがいくつも肌から突き出てくる。とげらしきものを引き抜いてみると、それはブラック・スワンの羽だった。身体からブラック・スワンの羽が生えてきてしまったのだ。おまけに眼も鳥の目のように赤くなり、脚の形も鳥のように変わってしまった。倒れたニナは頭をベッドにぶつけて気を失ってしまった。

いよいよ公演が始まる日の夕方である。ニナが目覚めてみると、なぜか母親のエリカと寝室で寝ていることに気付いた。一晩中背中を掻き毟っていたからと、手にはグローブが付けられていた。
ニナが体調を崩し舞台に出られないと劇場に連絡した、告げる母に対して、ニナは母を乱暴に振り切り劇場へ向かう。
劇場に到着してみると、監督トマスによってリリーがスワン・クィーンを踊るように指示が出されていたが、ニナはそんないきさつは無視し、代役は不要だとトマスに告げ、すぐに自分がホワイト・スワンとして踊る準備を整えるが、足の指が全てくっ付いてしまってるという幻覚を感じていた。
そして舞台の幕が上がる。

ニナ:ナタリー・ポートマン
トマス:ヴァンサン・カッセル
リリー:ミラ・キュニス
エリカ:バーバラ・ハーシー
ベス:ウィノナ・ライダー
デビット:ベンジャミン・ミルピエ
ヴェロニカ:セニア・ソロ
ガリ:クリスティーナ・アナパウ
トム:トビー・ヘミングウェイ
アンドリュー:セバスチャン・スタン

・Youtube動画
http://www.youtube.com/watch?v=zm8ybpMbZ5s

 【感想】
享楽の末にニナを孕んだ事によってバレリーナとしての夢を諦め、自分の夢を託した母親エリカによって束縛された主人公ニナ。エリカのおかげで演技は完璧になったものの、自分を抑圧する癖が身についてしまい、それが妨げとなり、ストレスとなってニナを苦しめていく。
そこにリリーという自由奔放な女性が現れた事で、ニナの中に変革をもたらすというお話。

物語中の白鳥の湖はラストで悪魔と王子の間で悩んだ末に身をを投げるような描写があった事を考えると、若干アレンジがくわえられているのだろうか。

物語が進むにつれてニナの幻覚と現実が入り乱れて、何が現実なのか判らない部分も出てきます。
性的な場面が多数存在しているためR15指定となっています。デートで見る場合には結構刺激があるのでそういうのを見ても平気なカップルに限られるかと思います。
同時にところどころで手の皮を剥ぐとか、爪が割れるとか、顔にナイフを刺すとか痛々しい場面があるので、その手の表現が苦手な人は辛いところもあります。それほど極端に酷くはないので耐えられると思いますが。

見どころはやはりクライマックスでニナがリリーを刺して豹変する場面でしょう。
そこまでひたすら気弱そうだったニナが一変して、自身に満ちて妖艶なブラック・スワンに演じるナタリー・ポートマンは流石だと思います。
ナタリーのダンスシーンについては当人も幼少期にバレエをしており、1年間トレーニングを積んだという事ですが、その程度ではプリマを演じられる筈がないと代役疑惑などもあるようですね。
しかし自分がリリーを殺していないと判った時のニナの安堵した演技も良かった。

映像はなんだかドキュメンタリーとか密着取材でもしているかのようなカメラワークが多々見られてちょっと独特ですね。アメリカ映画らしくない印象を受けた。
序盤はこれが気になるところがあったものの、途中からは気にならなくなった。

ラストはニナコールと共に大量出血するニナに、驚いたトマスたちが救急車を呼ぶところでエンディングへ行き、ニナが死んだのか生き延びたのかは判らず仕舞い。
ただ生き延びたとしても、直ぐに踊れる傷ではないので次の舞台には立てないからリリーが代役になるしかないだろうな、と。

遅い時間の上映を観に行ったので、エンドロールで多くの客が帰って行ったのは仕方ないとして、終わり方の演出とか客層もあったと思うのだが、まだエンディングが流れているのにやたらと話し始める奴らが沢山いて鬱陶しかった。

個人的評価:90点


にほんブログ村 映画ブログへ ←良かったらクリックして下さい





こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 映画レビュー
genre : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。