スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫才ギャング レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】
よしとも芸能に所属する鳴かず飛ばずのお笑い芸人・黒沢飛夫(佐藤隆太)はコンビを組んで10年。
恋人・宮崎由美子(石原さとみ)とも別れ、自分の力だけで売れる、先輩芸人にもスタッフにも愛想笑いなどして媚びたりしない、とプライドを持つ飛夫は、借金で苦しい相方の石井保(綾部祐二)から一方的に解散を告げられてしまった。

ヤケ酒を飲んで保のアパートを訪ねた飛夫はそこで、自称・フリーの芸人であるガンダムオタクの小淵川(秋山竜次)と口論になる。
しかしそこに保の借金の取り立て屋である金井(宮川大輔)が現れる。
金井に腹を殴られた飛夫は金井に頭からゲロを浴びせてしまい、激怒した金井に蹴り飛ばされて気絶する。
通報を受けた警察の門倉(笹野高史)と池上(金成公信)は、気絶している飛夫を留置所へと運ぶ。

目を覚ました飛夫は留置所にいる事にビックリ。
しかも同室にいたのは友人のデブタク(西代洋)を助けるために、不良グループ《スカルキッズ》と大立ち回りをした上、足をナイフで刺されていた鬼塚龍平(上地雄輔)だった。
ドレッドヘアに鬼と龍の刺青を腕に施した龍平にビビリまくる飛夫だが、龍平にツッコミのセンスを見出し、彼を新たな漫才の相棒に誘う。

同じ頃、アパートに戻った保は金井に見付かってしまい、彼らが用意した安アパートで寝泊まりして工事現場で働いて借金を返すように命じられる。飛夫に対してゲロの慰謝料を貰うと息巻く金井に、保は自分が肩代わりすると言い出した。
酒とギャンブルに溺れて借金まみれとなり、コンビ解消を言い出したせめてもの罪滅ぼしなのだ、と。

保に確認してもらい、由美子に身元引受人となってもらって釈放された飛夫は、龍平が出てくるのを待って彼と新コンビ《ドラゴンフライ》を結成する。
だが、飛夫が出てくるのを待っていたスカルキッズのリーダー代理・城川(新井浩文)は手下を引き連れて喧嘩を吹っかけてくる。
メンバーの1人ながらもそんな城川に反発する意思を隠さない岩崎(大悟)。

大立ち回りの末に駆けつけた警察からなんとか逃げ出した彼ら。飛夫は喧嘩が原因でダメになった芸人もいる、と龍平に喧嘩しないように告げる。
そうして本格的に漫才の特訓を始める。
努力が嫌いな龍平も、保と飛夫の漫才のビデオなどを見ながら必死に練習する。

だが、飛夫の抱える借金を回収するため、金井と河原(長原成樹)が取り立てに現れる。
取れ立て屋である河原は、なんと飛夫が漫才師を目指す切っ掛けとなった憧れの漫才師だった。

留置所の釈放以来、由美子とまた会うようになっていた飛夫だが、由美子はまだ飛夫の事を忘れられず、飛夫も彼女と別れて初めてその大切さが判るようになっていた。
しかも由美子のお腹にはなんと飛夫の赤ちゃんまでいたのだ。

龍平はデブタクから強引に借りてきた金で借金を返済するように告げる。
しかし飛夫のためにとお金を貯めていた由美子が彼の借金を肩代わりすると告げる。

周囲に支えられながら、遂に二人はルミネよしともで舞台デビューを果たす。
舞台で勝ち抜きを続ける二人。
だが、龍平を快く思わない城川は喧嘩しないと誓った龍平たちにも容赦なく喧嘩を仕掛けてくる。
更に龍平を苦しめるため、飛夫にまで手を出してくるのだった。


・キャスト
黒沢飛夫:佐藤隆太
鬼塚龍平:上地雄輔
宮崎由美子:石原さとみ
デブタク:西代洋(ミサイルマン)
石井保:綾部祐二(ピース)
金井:宮川大輔
河原:長原成樹
岩崎:大悟(千鳥)
城川:新井浩文
小淵川:秋山竜次(ロバート)
門倉:笹野高史
池上:金成公信(ギンナナ)
宮崎みかん:大島美幸(森三中)
マネージャー:河本準一(次長課長)
先輩芸人:成宮寛貴
佐山:金子ノブアキ


 【感想】
品川ヒロシは好きじゃないけど、この作品は面白かったかな。
俳優陣の演技のたまものというのも大きいですが。
何度も見たいかと訊ねられたら、1回で充分なレベルではある。

石原さとみは可愛かった。
彼女の演じる由美子が何故あれほどダメ人間だった飛夫に惚れこんでいたのかは謎。

中盤では飛夫が借金の返済を迫られますが、利子元金含めて60万って、深夜の工事現場とかで働いていたら返せたレベルなんじゃないのか……てか、利子が3割近くだから本当に高いな。
でも50万もないなら、高利貸しに借りるほどではない気も……

喧嘩シーンは、数で攻めるスカルキッズが何故かわざわざ狭い場所に行って数の利を無くすというよく判らない喧嘩をしていた。どう考えても広い場所の方が有利なのにな。
あーゆー場面での喧嘩を見せたかったのなら、龍平が上手く相手をそんな場所に誘導しながら戦う、という方が良かったと思う。

龍平は飛夫のためにコンビ解消を宣言して保に連絡。
龍平と保のどちらを選べば良いのか、悩み続けた飛夫の出した結論は無難な結果。
最初の頃はトリオではダメだと言っていたけど、別にトリオという選択をしても良かったんじゃないのだろうか。
龍平が出て来るまでコンビでやって、出所したらトリオでという展開でも良かっただろうに。漫才は別に二人でやるものと決まったわけではなく、トリオ漫才が存在しているわけなのだから。

ラストのオチで、隣にいたカップルは何故か龍平が誰とコンビ組んでいたか判らなかったらしい。
私は心の中で、どうみても佐山じゃねぇか! と、つっこんでいましたが……

個人的評価:72点

にほんブログ村 映画ブログへ ←良かったらクリックして下さい




こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 映画レビュー
genre : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。