スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テガミバチ REVERSE 第24話「決戦!ユウサリ中央(セントラル)」

ラグ・シーイング、ノワール、ザジの3人が鎧虫カベルネに放った心弾。
だがカベルネに隙間が無くなっており、心弾が通用しない。
絶対に止めるという決意を見せるラグに、ニッチが攻撃を仕掛けるもその固い殻を破る事は叶わず、カベルネはユウサリ中央(セントラル)へと迫る。
ステーキの異変はカベルネに隙間がなくなっていた事に気付いていたからでした。
しかし誰かの“こころ”を吸収したわけでもないのに、なんでそこまで進化してるんだろう。

カベルネの接近に対して、ユウサリ中央(セントラル)ではサラやコベルーニ夫妻など人々が避難を始めていた。
懐かしい方々もちらほらと見受けられています。しかし避難誘導は誰がやってるんだろうか。サラが指揮していたけど、町長とかはいないの?

精霊になれなかった者をハチノスに拘束したロレンス。ハチノスには大量のテガミも存在しているため、シグナルとシグナレスによって増幅された“こころ”により、カベルネは大いなる力を得るはずだった。
サンダーランド博士が見つけて運んできたのではなく、最初からハチノスに運び込まれていたんだね。ま、確かにテガミが多く集まる場所でもあるのだから、最適な場所なのかもしれないが。
だが、ハチノスには人の姿がなかった。
彼らの前に現れたアリア・リンクはハチノスに運び込まれていた精霊になれなかった者は、サンダーランドJr.博士たちによって治療を受けて、動けるようにして避難を完了している事を告げる。
全てはシグナルとシグナレスの二人による内通が原因だった。
政府に対する恨みは忘れていない彼らだが、自分たちと同じ哀しみを抱く者を再び作り出すつもりなど毛頭無かったのだ。
やはり双子は自分たちと同じ悲劇を繰り返したくなかったようだ。そこがロレンスと彼らの違いなんだな。
しかしどうやって彼らをハチノスに潜り込ませたんだろうか。
誰かが手引きしないと入れない筈だが、カリブスとヘイズルは既に裏切り者と判明しているので手を回す事も出来ないし。
ロレンスが言っていた様に、この町にも有力者の同胞がいて、ハチノスにも密かに潜り込ませる事が出来るのだろうか。

カベルネは避難した精霊になれなかった者を発見して、彼らの下へ向かう。
だが、ジギー・ペッパーと共にブルー・ノーツ・ブールスへと向かっていたラルゴ・ロイドに説得され、伝説の生物・摩訶がカベルネの前に立ちはだかる。
もはや怪獣大決戦です。
ロイドさん、一体どうやって摩訶を説得したんだろう。
摩訶にとっては人間などどうでも良いはずだし、鎧虫の一匹が暴れようとどうという事もない筈なんだよね。それに人工太陽がどうなっても彼らは困らないと思うのだが。
そういや、アリアさんは何時の間に摩訶の事を知ったのでしょう。サンダーランドJr.はロイドの計画を知っていて、教えられていたのかな。ジギーの相棒(ディンゴ)のハリーが成功の報せを先に運んでいたのかもしれないが。
そういや、結局ビフレストの鍵は誰がロレンスに渡したんだろうな。

彼らのカリブス・ガラードは精霊琥珀の欠片を使い、他の鎧虫をユウサリ中央(セントラル)へと誘き寄せる。
アリアさん、なんでパッと見ただけでアレが精霊琥珀の粉だと判ったんだろう。
出現した鎧虫に気を取られている間に逃亡するロレンスたちリバース。
鎧虫出てくるの早ぇな。確かラグの話ではセントラルの周辺には鎧虫の巣が無いはずなのに、どうやって一瞬で現れたんだろう。
こんな事もあろうかと、近くまで誘き寄せていたんだろうか。

ユウサリ中央(セントラル)に戻ってきたラグたちは大量の鎧虫に驚くも、ジギーは自分たちがこの鎧虫の相手をすると告げ、ラグたちをカベルネの下へ向かわせる。
ザジとコナーもカベルネへと向かったのかと思ったけど、その場に残って鎧虫と戦ってたんだね。

カベルネの攻撃によって足下が破壊され落下しそうになったシルベットは、ロダによって救出される。二人の精霊になれかった者の子供をシルベットに託すと、ノワールの下へと向かう。
「行かなければ、私はあの人の相棒(ディンゴ)だから」
――もしかして今の人が、お兄ちゃんの大切な……
アレ、ロダは何でシルベットの名前を知ってるんだろう。今までに知る機会とか無かった気がするんだけど。

カベルネと戦う摩訶の援護に向かうラグとゴーシュ。
カベルネは隙間が無くなっているので心弾が通用しなくなってるけど、摩訶は別に心弾で倒すのではないので関係ないんじゃないのかな。
ニッチ姉はこれまでも泉で復活した巨大鎧虫を倒してきているわけなんだが、心弾無しでどうやって倒しているのか。復活出来ないほどにバラバラにしたりしているのかな。

ゴーシュ・スエードがいない、というノワールの言葉を思い出したラグは、カベルネには心弾が通用しないと弱気になってしまう。
そんな時、ニッチがカベルネへと挑んでいく。
「ラグはニッチがまもる!
 なにがあっても!」
「ニッチ、もう止めるんだ」
「やめない!」
あくまでもラグを守って戦おうとするニッチに、ラグはニッチまでいなくなったらと弱気を見せる。
「ゴーシュは、もういないんだ。
 その上、ニッチまで失う事になったら……」
「ニッチはずっといっしょだ。
 それに、ゴーシュならいるぞ!
 あいつはノワールだけど、ゴーシュだ!」
「え……ノワールだけど、ゴーシュ……」
ニッチは敏感にノワールの中にゴーシュ・スエードという存在が残っている事に気付いているのか。もしくはノワールとして生きているけど、その根底にあるものがゴーシュと
変わらないという事なのかもしれないが。

ニッチの姉が現れると、ニッチと協力してカベルネへと攻撃を仕掛ける。
二人の一撃で装甲の一部にヒビが入り、再度攻撃を仕掛けようとしたところで吹き飛ばされてしまったニッチ。そのニッチへカベルネの攻撃が襲いかかるが、ロダがニッチを救出した。
同じ攻撃を受けながらもニッチだけ吹き飛ばされたのはやはり成長の違いによるパワーの差かな。

救出したニッチに微笑むロダ。
「前に言った事、誤っておく。
 お前は、相棒(ディンゴ)失格などではない」
「おまえもだ、ロダ!」
ロダは姉と共にカベルネへの攻撃を仕掛けるニッチに告げる。

ニッチとニッチ姉の攻撃によってカベルネの装甲に穴が開くも、カベルネは人々を触手で捕らえ始める。
「あなたは、お母さんの“こころ”を届けてくれた」
カベルネに心弾銃を構えるラグとノワール。
「あなたは、テガミバチです。
 ゴーシュ・スエードという人間はもういないのかもしれない。
 だけどあなたは、かつて独りぼっちの僕というテガミを、命を賭けて届けてくれた人と何も変わらない!
 あなたはあの日僕が憧れた、強くて優しい人です!」
ニッチの言葉で、ノワールはゴーシュ・スエードという人間としての記憶と“こころ”を失ってしまったけど、彼の内面は何も変わっていないのだという事実に気づけたという事でしょう。
何処まで行ってもゴーシュはゴーシュだという事か。

「届けましょう!」
「届ける?」
 カベルネがもたらそうとしている絶望に変えて……
 ……希望を!!」
「届けよう、ラグ!」
「「心弾装填!
 ……響け、“こころ”!!!」」
一つとなってカベルネを撃ち抜くラグの赤針とノワールの漆黒。
カベルネの触手に捕らえられた人々も、間一髪“こころ”を吸収される前に助けられた。

沈黙したカベルネに湧く人々。
ニッチのおかげだと礼を述べるラグ。
「あたりまえだ。
 ニッチはラグのディンゴなのだぞ」
ラグはニッチ姉にも礼を述べる。
ニッチの反応は予想通りでしたが、ニッチ姉はてっきりブタ鼻になって照れるかと思っていた。

互いの無事を喜ぶノワールとロダ。
ラルゴはノワールに戻る気がない事を確認する。
「カベルネよ、これで終わりではあるまい!」
カベルネの前に姿を見せたロレンス。
そのロレンスに触手を伸ばしたカベルネは彼の“こころ”を吸い取る。
まだ死んでなかったようだタフだな……ま、確かにこれまでの鎧虫は全て倒された後はバラバラになって砕け散っていたので、それを考える当然なのかもしれないが。

「カベルネよ、アカツキの思い上がった人間共に思い知らせるのだ!
 真に平等の世界を築き上げるため……
 あの忌まわしい光を消し去るた……
 アンバーグラウンドを、再生……
 リバース……を……」
精霊になれかった者であるロレンスの“こころ”を吸収して羽を生やすまでに再生したカベルネの羽ばたきによって飛来した瓦礫がラグを襲う。
咄嗟にノワールがラグを庇い、ノワールは負傷して意識を失ってしまう。
そしてカベルネは空を飛び、人工太陽へと向かう。
ロレンスは自らの命を犠牲にしてまでも、政府に対して復讐を果たしたかったのか。今まで自分は安全なところにいたのは、政府を転覆させた後に世界を支配しようとかいう欲望を抱いていたのではなく、彼が指揮しなければ目的が果たせなかったからなんだな。

次回 第25話「こころの光」

なんかゴーシュが死んじゃったかのような演出になってるのですが、どうなんだろう。
瓦礫で内蔵を痛めたとしても、そんな致命傷になるほどには思えないのだが。
後、カリブスとヘイズルはどうしたのか。あの二人も次回には見せ場があるのかな。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい





こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : テガミバチ REVERSE
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

◎テガミバチREVERSE第二十四話「決戦!ユウサ...

ラグたちがカベルネに総攻撃するが無傷。シンダンが効かなくなってた。ニッチさんが攻撃するがビクともしない。町の人は避難を開始する。そして、町の中にカベルネ進入。ビー本部へ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。