スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAR DRIVER 輝きのタクト 第20話「描かれてたあの日の虹」

ニードルスターは危険も気にせずにあっさりとコフライトの復元を行っていました。ウインドウスターのヘーゲントはタウバーンを倒すための新兵器の実験を行っているという事で、最終調整に後1週間なので来週ですね。

禊ぎをしていたアゲマキ・ワコを視線を感じて振り向くと、そこには一羽の鴉が……
キャメルスターの第1フェーズは動物を通して遠くのものを見る力とか? だとするととんだデバガメですが……
しかしワコは

バニシングエージではゼロ時間の最中に島が核攻撃を受けた場合について話などをしていると、キャメルスターは皆水の巫女の封印を解く瞬間にはサイバディに乗っていた方が安全で、自分が皆水の巫女の封印を解くのが最良の方法か、などと模索していました。
ヘッドがヒガニシの巫女の正体など、秘密を抱えている事を指摘したキャメルスターですが、ヘッドは自分がいない間に彼らがダーツで戦う順番を決めていたが、かなりの腕前を持つキャメルスターがわざと負けていただろう事を指摘してみせました。
そうだよね、彼だけ戦っていないから不自然だとは思っていたのだが。うまく自分だけはサイバディが破壊される
嫌らしく笑うヘッドを見て「あの時から変わっていない」と感じる議長。

まだカタシロ・リョウスケが若かりし頃、ツナシ・トキオとしてヘッドと出逢った。
名前からするとトキオはタクトの父親ですが、よく見てみると顔はむしろスガタに似ているな。
ヘッドはこの時に海を渡ってきたという事は、この時にはもうタクトは生まれているのかな。当然、他の面々も生まれているわけだろうし。
親が決めた許嫁の少女ソラを毎日学校まで車で迎えに言っていたリョウスケ。
そんな彼はタクトが持っていたのと同じ懐中時計を所持していました。
何故彼がタクトの持っている懐中時計を所持していたのか。
ソラの中の一は折笠富美子さん。

親に決められた許嫁だったものの、ソラの方はリョウスケが嫌いでは無かったようだ。
二人が虹を見ていたところに声を掛けてきたのがトキオで、彼の絵に一瞬で魅せられて、彼の下に足蹴く通うようになったらしい。
彼の絵のサインが「R」なのは雅号だという事。

スガタの屋敷で小さい頃からお気に入りの中庭の椅子の上で丸くなって昼寝したいたワコを偶然目撃したツナシ・タクトでしたが、そこにやってきたシンドウ・スガタがワコのほっぺにキスをするシーンを目撃してしまいショックを受けることに。

リョウ・ギンタはニチ・ケイトに接触してきました。
ケイトの言葉から、リョウの第1フェーズが動物に乗り移る能力である事が判明。
やはりデバガメ……
自分がヒガニシの巫女だという事がばれても平然としているケイトは、ヘッドが封印を解かないのは「時期があるから」だと告げる。
てか、前回ヘッドは皆水の巫女と同時に封印を解かないといけないから、と説明していなかったか?
オカモト・ミドリは相変わらずあの少年とラブラブなのか。

眠り続ける青年の事をシブヤ・ヒデキに看させているヘッドとリョウスケですが、万が一に供えて病院は使用していないという事。
何故病院ではダメで、万が一というのは何の事なのか。
そんな彼らの様子を見ている鴉。ここでもデバガメか。

リョウスケはソラとトキオがキスしている場面を目撃してしまったものの、二人が離れてから何も言わずに「3人で町に繰り出さないか」と声を掛けるだけ。
そんな彼に何も言わずに立ち去るソラ。
リョウスケさん、完全に寝取られ男の行動ですよ、それ。まさかのNTR! こんな通常時間帯の一般アニメにまで寝取られが……
親通しの決めた許嫁だから、彼女がそれを望むなら仕方ないと思っての行動なのかもしれないが。本当はリョウスケに止めて欲しかったんじゃないのか?

トキオはオリハルコン素体を復活させようとしている秘密結社の存在に勘付いていた。
シルシを継承する家系に生まれながら、シルシを父親から継承させてもらえなかったトキオ。
「お前は本当に彼女の事を愛しているのか?
 ソラはお前のことを!」
ヘッドの描いた絵には、ソラの裸婦画が……
オリハルコン素体の被験者になりたがっているトキオだが、望んだからといって手に入るものではないシルシ。
血の涙を流すリョウスケは、左目を失明した。
しかしいつの間にか組織と接触していたトキオはマキバ・シンゴからシルシを貰う事になった。
王と巫女以外のシルシは、持ち主の意思によって継承が可能だということを知った彼は、シルシのあるシンゴを見つけてきて継承させてもらう約束までしていました。
「トキオ……」
「今日から俺はトキオじゃない。
 ミヤビ・レイジだ!」
てか、シンゴの様子からするとトキオは両刀使いですか……
ミヤビ・レイジはトキオの雅号なのか。

彼らの様子を鴉を通して監視していたリョウは、ヘッドがサイバディ復元のリスクを怖れているから、シンゴから新しいシルシを継承するまでフェーズの進行を止めているのだと理解しました。
故に皆水の巫女の封印解除を待たずに、ヒガニシの巫女の封印を解いても構わないのだと思うようになりました。

ワコにキスしたスガタの事で落ち込んでいたタクトですが、偶然ケイトと出逢いました。
タクトが悩んでいた場所は、ケイトが亡き母が生きていた事に良く来ていたお気に入りの場所でした。
ニチ・ゴシキは伯母でした。
スガタとワコと幼馴染みで幼い頃はいつも一緒にいたケイトでしたが、自分は本当は邪魔者なのではないか、という想いを抱いていた。
それは奇しくも以前にタクトがエンドウ・サリナに語ったのと同じ、二人と一人という感覚なのだろう

そんな時、ハブに乗り移ったリョウがタクトの太股に噛み付いてしまいました。
咄嗟にケイトが応急手当をして救急車を呼び、タクトは運ばれて血清を打たれるものの、その途中でゼロ時間が発生。
何故わざわざ救急車が呼ばれるまで待っていたのだろうか。手当を受けるよりも早くゼロ時間を発生させた方が良くなかったか?
急いで綺羅星十字団の基地に戻って着替えたりしていたのだろうか。

もちろん相手はキャメルスターのサイバディ・ギメロック。
当然のように動きが悪いタウバーン。
イヴローニュは先ほどのがキャメルスターの仕業だと気付きました。
分離出来るギメロックの能力を使って、タウバーンを足止めしている間に、ワコを奪おうとするキャメルスター。
その彼の邪魔をしたのはニードルスターのコフライトでした。彼女が邪魔をしたのは、ヘーゲントが現在復元中だったからのようだ。サイバディが活動しない状態で、ゼロ時間の封印が破られた場合はどうなるんだ?
その隙にタクトはギメロックの一方を破壊すると、タウミサイルで上半身部分も破壊。

学校でホースを使ってふざけるタクト、ワコ、スガタを見つめるリョウスケは、ワコのポケットから懐中時計が出てくるのを目撃して、再び昔の事を思い出す。
トキオにシルシを与えると約束しながら、深い眠りに落ちてしまったシンゴ。

トキオがシンゴにばかり夢中だというソラに、リョウスケは今のトキオは野心にしか興味がないと語る。
「最近よく思うんだ。
 俺たち3人はどうしてもっと仲良く出来なかったのかなって。
 どうしてこんな関係になってしまっただろう……」
「何言ってるの?」
「子供がいるんだろう……」
「トキオは別に変わってしまったわけじゃない。
 彼は出逢った時から何も変わってない。
 それでもアナタよりは」
「…………」
「アナタは私の事なんてなんとも思って無かったでしょう!」
「そんな事はない」
「嘘だ!」
「……嘘じゃない」
リョウスケがソラに渡した海中時計、そこにはソラの写真が……
やっぱりソラは本当はリョウスケに止めて欲しかったのだろう。彼の気持ちが分からず、リョウスケが自分の事を親が決めた許嫁だから一緒にいるのだ、と思ってしまったのですね。

島を出て行ってしまったソラ。
生まれた子供をトキオの父親に預けた事までは判ったが、その行方は判らなくなっていた。
そしてリョウスケは自らのシルシをトキオに与えた。
第1フェーズの力によって、トキオとソラの関係を知っていながら、見たくないと必死に目を瞑った結果、彼の左目は見えなくなった。
完全に寝取られ男の行動だから、それ。
しかしタクトの母親はタクトだけを預けてまたどっかに行ってしまっているのか。
最終回ぐらいに登場するのかもしれませんが、リョウスケとくっつくのか?

「もう直ぐ目覚めるそうだよ。
 ……なぁ、どうしても思い出せないんだ。
 ソラは……いつ、この島からいなくなったんだ」
問い掛けるレイジ。
――……やはりお前は、心がゼロ時間に捕らわれている。
色々と記憶が欠損してしまっているのか。
彼はタクトが自分の息子だと気付いているのだろうか? ツナシという名字や、シルシの事から関係している事は判っていても、ソラが自分の子供を身ごもっていた事すら認識していない可能性はありそうだし。

そんなわけで遂に明らかになった過去と、タクトの父親が誰かという事。ただ何故ヘッドが未だに年を取っていないのかだけは不明なんですけど。リョウスケの言葉からすると、彼の第1フェーズの力ではないようだけど。
エンディングのキャストがヘッドからミヤビ・レイジに変わりました。
本名であるツナシ・トキオではないんだ。

次回 第21話 「リビドーなお年頃」

綺羅星十字団・科学ギルドはサイバディの状態を人為的に第3フェーズ以上のものに進める事ができる『オーバーフェーズ・システム』という新たな装置が完成させました。
そしてサカナちゃんの復活!?
てか、最低なタイトルだな。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい






こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : STAR DRIVER 輝きのタクト
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

STAR DRIVER 輝きのタクト 20話

保険医が幸せそうで何よりです。というわけで、「STAR DRIVER 輝きのタクト」20話ハブハブちゅっちゅの巻。エヴァンゲリオンの「ネルフ、誕生」を思わせる過去編。三角関係に絡めて ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。