スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICK -ゴシック- 第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

アブリル・ブラッドリーについての疑惑が消せない久城一弥に、ヴィクトリカ・ド・ブロワは一弥の疑問を解いてやると駆けだした。
天国の13階段という怪談話。
足を止めるとあの世に引き摺られるという階段。
一弥に本を拾った事を目撃されたアブリルは、本を隠すために図書館、しかも他の者には見付かりにくいそこに隠した。
ヴィクトリカの推理で見つけ出したのは「高い塔の金色の妖精」という名の書籍。本の間にアブリルの祖父から、アブリル宛の葉書が発見されると、ヴィクトリカは追求を止めてしまう。
ヴィクトリカばアブリル宛ての手紙を持っていくのに、何らツッコミなしか……

とぼとぼと戻る一弥はグレヴィール警部から、かつてヨーロッパを荒らし回った大怪盗クィアランの2代目が村に出没しているという話を耳にする。
グレヴィールはヴィクトリカの前とそれ以外では態度が違うようなので、ヴィクトリカの前ではわざと横柄な態度をとっているという事なのか。

倉庫で不審な物音を聞いた一弥は何者かに殴り倒されてしまう。
てゆーか、こいつバカじゃないのか。人が隠したのを見つけ出した本を何で普通に持ち歩いてるんだ……
意識を取り戻した時は、ベッドの上でアブリルが側にいた。当然のように本はない。
アブリルに疑惑の目を向ける一弥。
一弥は判りやす過ぎというか、もうあからさまに「貴方を疑っています」というのが態度に滲み出ているよね。もう少しポーカーフェイスを学ぶべきだろう。

しかし本はセシル・ラフィット先生が花壇の上に捨てられていたのを発見していた。
幽霊が出るという噂のある倉庫で物音を聞いた二人は中を覗き、「助けて」という女の子の声を聞いて逃げ出す。

アブリルが図書館の植物園にやってきたが、そこにヴィクトリカの姿はない。
例の葉書を見つけたアブリルだが、ヴィクトリカに助けを求めにやってきた一弥に気を取られた一瞬で葉書は消失。
アブリルが姿を消した後、ヴィクトリカが姿を現す。
ヴィクトリカは2代目クィアランの正体がアブリルであると指摘する。
初代クィアランの正体はマキシム。盗んだものを学園に隠しに来ていたが、例の本は隠す前に納骨堂に閉じこめられたため、そこにあった。
アブリル=クィアランという結論に達した理由はなんだったのだろう。

助けを求める声の正体は本物のアブリル。
電車の中で一緒になった彼女は、学園にあるアブリルの祖父の遺産を狙っていました。
その遺産というのは例の絵はがきに貼られていた切手。稀少なものでした。
ヴィクトリカの存在を認めない2代目クィアランは、一弥が絵葉書を隠し持っていると信じて疑わず彼を追いつめるも、ヴィクトリカが投げつけた本の束を浴びて気絶しました。
それにしても一弥弱すぎだろう。親父さんに鍛えられていた筈なのに、全く身についていないのだな。

本物のアブリルは一弥に助けられた事で、一弥が黒髪の王子様に見えたとか言い、一弥と友達になりました。怪談は大好きらしい。結構な大食漢。

倉庫の女の子が本物のアブリルと気付いたのは、2代目クィアランが学校の怪談を利用しているのに気付いたから。
春来たる死神の正体は死んだマキシムでした。
ところで、何故2代目クィアランは初代の名前を継いでいるんだろう。顔見知りか何かなのかな。一切説明が無かったけど。学園お宝を隠している事は知っていたようだから、無関係の者が勝手に名乗っているだけという事はなさそうだけど。
そういや、手の怪我についても何の説明もなかったけど、結局ただの怪我だったのか? それともアブリルを隠した時に怪我でもしたのか。

アブリルが来た時にヴィクトリカが姿を消していたのは、知らない人が来たから隠れていただけでした。
そういや、ヴィクトリカって普段はどこで寝泊まりしているんだろうか。幾らなんでも図書館で寝泊まりしているとは思えないし、食事などもどうしているのかとか謎。ほとんどの学生がその存在を知らないのだから、図書館の近くに彼女の寝泊まりする場所があるという事か? 当然食事の世話をしてくれている人もいるのだと思うが。
クルージングに出かけようとした時には大荷物を持ち出そうとしていたから、少なくともあれだけの荷物がどこかに置かれているだろうしな。

次回 第6話「灰色の狼は同胞を呼び寄せる」
脚本:岡田麿里/絵コンテ:福田道生/演出:宮下新平/作画監督:アミサキリョウコ 菅野宏紀
怪談好きのアブリルは、人間の言葉を操る灰色狼の噂を一弥に話す。そんな中、2人は訪れていたのみの市で、ドレスデン皿の盗難事件に立ち会う。ヴィクトリカはすぐにその事件の謎を解いてみせるが、新聞に事件解決の報はない。その代わり、来る夏至祭に灰色狼の村へといざなう広告が載せられていた…!!

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい






こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : GOSICK-ゴシック-
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

GOSICK-ゴシック- 5話

かりんとうに対してその表現は禁句です。というわけで、「GOSICK-ゴシック-」5話本爆撃の巻。図書館に「ヴィクトリカちゃん」なんていませんよ…ファンタジーやメルヘンじゃあない...

◎GOSICK-ゴシック-第5話「廃倉庫には謎の幽霊...

ビクトリカさんは、木の葉を森に隠すためにここにきたのだよいう。本を図書館に隠しにきた。13段目に本を隠したと見抜き本を見つける。高い塔の金色の妖精とい本だった。森の奥に...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。