スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか☆マギカ 第4話「奇跡も、魔法も、あるんだよ」

上条恭介のお見舞いにやってきていた美樹さやかだが、恭介はリハビリ中で不在だった。
事故に遭う前はバイオリンの天才少年とまで呼ばれていた恭介だが、歩けるようになっても指のは楽器を弾くのは絶望的であった。
何故自分ではなく、恭介なのかと悩むさやか。
もし自分の願いで恭介の腕が治ったとして、恭介がどう反応するのか。ただ「ありがとう」と言われるだけなのか、それ以上の事を言ってくれるのを期待しているのか……
それはまだマミの死に遭遇する前の事。
奇跡を得るために支払う代償の重さを認識していなかった時の話……

魔女との戦いの中、魔女の結界で命を落としてしまった巴マミ。
そのショックから立ち直れずに、哀しみが抜けない鹿目まどかは、家族の前でも涙を流してしまう。さやかは志筑仁美たちの前で必死に平静を装っていた。
早乙女和子先生、ホワイトボードと解説の内容が全く一致していません。

知らない人ばかりの違う世界に来たみたいだと感じるまどかに、さやかは誰も知らないのだと告げる。
魔女やマミの事を、自分たちは知っていても他の人々は知らない。
それは違い世界で違うものを見ているのと同じ事なのだと語る。
「とっくの昔に代わっちゃってたんだ。
 もっと早くに気付くべきだったんだよ、私たちは……」
今でも魔法少女になりたいと思っているのか、というさやかに質問に答えられないまどか。
マミのような死を迎えたくないというまどか。
「マミさん、本当に優しい人だったんだ。
 戦うために、どういう覚悟がいるのか、私たちに思い知らせるために、あの人は……」
キュゥべえはこの町はマミのテリトリーだったが、彼女がいなくなった事で他の魔法少女がやってくると告げる。
マミのように損得をあまり考えない人物は珍しかったのだという。
視聴者には黒い黒いと言われながら、本当にいい人だったマミさん。
魔法少女たちは、グリーフシードの争奪戦による消耗を避けるためなのか、それぞれがテリトリーを決めて、基本的には不可侵になっているんですね。
そう考えると、なぜほむらがわざわざマミのテリトリーへと足を踏み入れてきたのか。
親の都合による引っ越しなどの単純な理由とも思えないし。

その人物はグリーフシードだけが目当ての人物かもしれないが、それを責める事は同じものを背負った魔法少女にだけ出来る事だと冷たく突き放したキュゥべえは、自分の力を必要としている他の少女の下へ向かうと、二人の前から立ち去っていく。

自分の描いた魔法少女の絵をマミの部屋に返したまどかの前に、暁美ほむらが現れる。
数えるのを諦めるほどの魔法少女の死を見てきたというほむら。
何故ほむらとマミはあれほどまでに敵視していたのか。ほむらが本音を語るのが苦手だからなのか。

マミには遠縁の親戚しかおらず、マミの失踪に気付くのはまだ先になるだろうと告げる。
ほむらは何故仲良くもなかったマミの事情をそこまで知っているんだろうか。
向こう側で死んだ魔法少女には死体すら残らず、こちら側の世界では失踪扱いにしかならない。
命を賭けて戦ってきながらも、誰にも気付いてもらえない事を嘆くまどかに、魔法少女とはそういうものだと告げるほむら。
自分はマミの事を忘れないというまどかは、ほむらの事も忘れないと告げる。
「忘れないで、その優しさがもっと大きな哀しみを呼び寄せる事もあるのよ」
そう言い残して立ち去るまどか。

恭介のお見舞いにやってきていた、恭介はさやかに「嫌がらせをしているのか」と告げる。
諦めなければ望みはある励ますさやかだが、恭介は医者に現代医学では無理だから諦めろと告げられた事を告白する。
「奇跡か、魔法じゃないと治らない……」
「あるよ! 奇跡も、魔法も、あるんだよ!」
そう告げたさやかの前に、キュゥべえの姿があった。
キュゥべえが都合良く現れたのは何故なのか。さなかの心の声を聞いたのか? 魔法少女となる可能性のある人物の前にタイミング良く現れる事が出来る能力を持っているのか?

まどかは親友の志筑仁美が歩いているのを見かけるが、その首筋には魔女の口付けが施されていた。
仁美は「ここよりも良い場所」へ行くのだと告げる。
仁美ちゃんが早くも魔女の犠牲となりました。今回はえらく一度に集めていますが、管轄の魔法少女がいなくなった事で、魔女も好き勝手しだしたという事なのか。
大勢の人々が小さな工場へと集まっていく。
暗い感情に支配され、洗剤を混ぜ合わせてガスを発生させて自殺を計ろうとする人々を止めようとしたまどかだが、魔女の口付けを受けた人々に追われて逃げ込んだ先で魔女のテリトリーで捕らえられたまどかは、報いなのかと哀しむ。
そんなまどかを救い出したのは、キュゥべえと契約して魔法少女となったさやかだった。
さやかが魔法少女となった事に憤るほむら。
さやかの願いは無論、恭介の左腕を動かせるように治す事だった。


マミの死んだ後釜を狙い、佐倉杏子という魔法少女が町にやってきていたが、さやかが魔法少女になった事をしって「話が違う」とキュゥべえに抗議する。
「ようするに、ぶっ潰しちゃえばいいんでしょう。
 その娘……」
魔法少女同士のつぶし合いが始まるのか。

次回 第5話「後悔なんて、あるわけない」


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい




こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 魔法少女まどか★マギカ
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

魔法少女まどか☆マギカ 第4話 奇跡も、魔法も、あるんだよ

[マミの死に衝撃を受けるまどか。キュゥべえは「無理強いはできない」と行って、まどかの元を去る。まどかはマミのマンションを訪ね、その後ほむらと遭遇し、彼女から「マミの運命は変らない、でもあなたの運...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。