スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テガミバチ REVERSE 第11話「カベルネ襲来」

ラグ・シーイング、ザジ、コナー・クルフの3人が集荷予定の村に現れないとの報告をアリア・リンクから受け取ったラルゴ・ロイドは、リバースの真の狙いが北で行動を起こす事にあり、ラメントの町が怪しいと睨むも、生憎と裂ける人員は無かった。
が、その時、窓の外をもの凄い速さで走り去る影が……
しかもパンツ穿いてな……

人柱となるべく天使の羽と呼ばれる丘へと向かうベリタブリィー修道院の修道院たち。
修道院に残ってクッキー作りを続けていたサニーに、修道院長は政府の手先であるBEEのコナーに食べさせるクッキーに、毒を盛るように命じる。
人柱にならないといけないのに、コナーのためにクッキーをつくる事を優先していたサニー。にも関わらずそのコナーをコロセと命じられてしまうとは、その心中はいかほどなものなのか。
それらはリバースの使いとして現れたカリブス・ガラードとヘイズル・バレンタインの指示によるものだった。
久しぶりに登場になったお二人ですが、やってる事はただの使いっ走りですよ。

相棒(ディンゴ)のガスに起こされたコナーは「あんな可愛くて美味しいクッキーを焼ける娘がリバースの筈がない」と信じて疑わないも、突然歩き出したガスの後を追い掛けて無人となった修道院へと入っていく。
ガスはよぼよぼな外見ですが、やっぱりディンゴだけあってコナーの足りない部分をしっかり補ってくれてます。
そこでコナーが目にしたのはラグと対峙するロダの姿であり、ラグから彼女がリバースだと教えられる。
コナーのお人好しぶりは天下一品です。あの状況下でもまだロダを信じようとするとか凄いよね。
カリブスとヘイズルの2人は証拠隠滅のため修道院を爆破する。
騒ぎを大きくしないんじゃなかったのか……めちゃめちゃ大事になってますよ。たぶん町の人たちが飛び出して来ると思うのだけど。

崩れ行く修道院から抜け出したラグとコナーだが、コナーは体力の限界で倒れてしまい、ラグが1人でロダを追い掛ける。
目を覚ましたコナーの傍らにサニーの姿があり、コナーは彼女がもっていたクッキーを迷いなく食べてしまう。コナーはそこでザジがロダではなく、修道院がリバースの一味だと言っていた事を思い出すが、コナーは躰が痺れて意識を失ってしまう。
ロダがリバースだと気付いたのになんでうっかりクッキーを食べてしまうのかと思いきや、修道院=リバースという事を忘れていたのか。コナーは抜けすぎだ。

修道院に捨てられていたサニーに、院長は修道院こそが彼女の家であり、貧しくとも感謝して働くように教え込んだ。だが町の人々の修道院に対する態度は冷たく、寄付すら満足に貰う事ができない。
そんな状況で育ったサニーは、院長たちの言葉に従って祈る事ができない。貧しい町にあり、ただ生きる事に精一杯で何を祈れば良いのか判らない。
必死に働いて喰う物にも困る修道女たちは楽しげに暮らす町の人々を羨む事しかできなかった。
彼女らに救いの手を差し伸べたのがリバースであった。食料や燃料など援助を申し出たリバースに感謝する修道院は、彼らの語る政府の過ちを信じ、アンダーグラウンド再生計画に荷担するようになる。
全ては貧しさが生んだ事。
政府も誰も助けてくれない中で、手を差し伸べてくれたリバースは彼女たちにとって本当に救いの神のように思えてしまったのは仕方ないところか。
おそらくはリバースの語る『再生計画』とは具体的にどんなものなのかすら理解しないまま、彼らの言葉を信じて付き従っていたのだろう。

修道女たちがリバースを神のように崇めるようになった中でも、サニーだけは何も変わらなかった。彼らはサニーにとって救いの神では無かった。
そうした日々の中で、サニーはコナーと出会った。彼女の作ったクッキーを美味しそうに食べるコナーの姿に、最初は敵だと警戒していたサニーはやがて彼に惹かれるようになった。
原作よりもずっとサニーの気持ちが強く描かれていてとても良い感じです。

追い掛けたものの心弾銃『夜想曲(ノクターン)第二十番』をロダに奪われてしまっていて戦えないラグ。
「返せ! それは……ゴーシュの夜想曲(ノクターン)だ!」
「ゴーシュはもういない。
 首都アカツキに“こころ”を奪われた」
「お前達リバースも、大切なテガミを、“こころ”を奪ってるじゃないか!」
平行線の2人。
「俺の可愛い子ちゃんに手を出すな!
 ……なんちって」
ラグを倒そうとしたロダだが、ヴァシュカに伝言を託したザジが戻ってきた。
ラグ、デカパン丸見え……
ザジの登場が原作よりも早いね。美味しいところは独り占めです。

ザジに「ララちゃん」とからかわれてるラグ。
ザジの心弾で夜想曲第二十番を取り戻したラグだが、そこへ遂にゴーシュが精霊の泉からノワールが復活させた鎧虫カベルネが襲来する。
ラグは修道院の人々の“こころ”をカベルネに喰わせて、カベルネを強大にしようとしていると知りなんとしても阻止せんとする。
だがそこにノワールの姿。
「会いたかったよ……ゴーシュ」
「ボクは略奪者(マローダ)のノワール。
 リバースの邪魔を続けるなら、キミの命……
 略奪します」
首都の光を消して真の闇から世界を再生するべきだという自分の“こころ”に従うノワールに、ラグは手紙弾を撃とうとするが、肝心の手紙弾はロダに奪われたままだった。
ラグは手紙弾が無い事で怖じ気づくも、ザジから叱咤を受けて強きを取り戻す。
こんな大切な場面で微妙にヘタレな部分を発揮してしまうラグ。
スタッフはラグ×ザジを腐女子に妄想させたくて仕方ないのだろうか……

「食らえ! 青棘ノ雨!!」
空に放った心弾・青棘の散弾を雨のように降り注がせる。
散弾を使ったザジならではの攻撃。しかも心弾という特殊な武器だからこそ使える攻撃方法でもあるよね。
ノワールが青棘の相殺に気を取られている間に背後へと回り込んだラグ。
――ノワールの心の奥深くに、ゴーシュ・スエードは必ず存在する。
――ゴーシュの“こころ”に届くと信じて、ニッチのお姉さんに撃ち込んだように……
――ありったけの“こころ”を、ゴーシュの“こころ”へ!
「夜想曲(ノクターン)第二十番!
 響け! 赤針!!!」
「ノワール!」
「思い出せ、ゴーシュゥゥゥゥ!!!」
2人の出逢いからの記憶。ゴーシュのようなテガミバチ目指そうとしたラグの想いを受けたゴーシュは……
想いを届けるという意味では本来通常の心弾でも、手紙弾でも変わらない筈ですから。
ただ手紙弾の方がより効果が大きく発揮できるように作られているという事でしょう。そういうやコルベーニさんはなんで手紙弾なんて作ってたんだろうな。

手紙を巻き上げ“こころ”を喰らうカベルネに祈りを捧げる修道女たちは、カベルネから伸びた無数の触手に絡め取られていく。
意識を取り戻したコナーは、サニーからの手紙を読み、必死に天使の羽へと急ぐ。
コナーの食べたクッキーに入っていたのは毒ではなく、僅かな間体が痺れるようになるだけのものだった。全てはコナーを巻き込みたくないという想いから。
《私は人柱になります。
 最初はアンバーグラウンドを良くするためと言われてもよく判りませんでした。
 でも、私はコナーさんに会って……》
コナーに惹かれていったサニーは、コナーを、人を喜ばせたいという想いを抱くようになる事ができた。
《みんなが幸せな顔でいられるように……
 コナーさんがずっと幸せでいられますように……
 と、願うようになりました》
人々を喰らって飛び去っていくカベルネ。
コナーは“こころ”を失って抜け殻のようになってしまったサニーを抱きかかえる。
《やっと私は、女帝様に祈る事ができました。
 もし叶うのなら、私の始めての恋を叶えて下さい、と……》
「返せぇ! サニーの“こころ”をぉぉ!
 返せよぉぉぉぉぉ!!!」
涙を流しながら空にいるカベルネに向かって黄爆を投げ続けるコナーだが、遙か上空を飛行するカベルネには届かない。
《私……コナーさんの事が……》
今回のサニーの扱いは格別素晴らしい。原作よりもずっと切なくて想いが伝わってきて泣ける。

ラグの心弾を浴びたゴーシュ。
「ラグ……」
「ゴーシュゥゥゥゥゥ!!」
ラグの事を思い出した様子を見せるゴーシュだが……

次回 第12話「光、闇を照らす」

次回、遂にラグが光る! サニーを抱きかかえるコナーも見る事ができるのか。
そして原作ではもっと後になって現れる鎧虫ラオラオ軍団も登場。もちろんそれはあの子が復活する布石ですね。


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい





こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : テガミバチ REVERSE
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

★テガミバチREVERSE第十一話「カベルネ襲来」

所長が、アリアさんと話す。修道女がテガミを持って移動してた。サニーはキッキーを焼いてた。マジカルタトゥーの葉を入れるようにいわれる。毒入りクッキーを、テガミバチに食べさ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。