FC2ブログ

薄桜鬼~碧血録~ 第二十一話「雪割草の花咲きて」

蝦夷へと渡った土方歳三たち旧幕府軍は新政府軍に寝返った松前藩を土方歳三を総督として攻め込んで撃破、蝦夷地平定を行い、榎本武揚らは蝦夷共和国の設立を行う。
土方は陸軍奉行並に就任することになります。

そんな訳で新選組もいよいよ終局となる函館戦争。

土方は1人吸血衝動に苦しんでいました。
今や唯一残った羅刹で、おそらく吸血衝動を抑える薬ももうないのだろうな。
雪村千鶴の幻を見てしまうほどに心が弱っているご様子。

その頃、千鶴はというと、土方の言いつけを護って仙台で死んだ父・雪村綱道の墓守をしてました。
そんな千鶴の前に現れた風間千景は千鶴を捨てられた女鬼と呼んだり、もう千鶴からは興味を失ったようだ。
土方に関わり続ければ鬼の道を踏み外すと言いつつも、土方と決着つけるという「誓い」を護るために蝦夷へ渡る気満々です。
千鶴は大鳥圭介からの手紙を受け取り、蝦夷へと渡ることになりました。
土方が無理をしているのは承知で、そんな彼の心を支えられるのは千鶴しかいないと思っての決断なんだろう。
蝦夷に渡った千鶴は洋装にコスチュームチェンジですが、やる事はやっぱり土方の小姓。
土方は千鶴を追い返そうとするも、頑として聞き入れない。
「私1人の我が儘なら追い掛けられませんでした。
 でも、みんなから託されたものがあるんです。
 新選組の一員として、私は少しでもそれに応えないといけないんです!」
「まいたなぁ……
 これだから江戸の女には逆らえねぇんだよ」
千鶴を抱きしめる土方。
「お前が俺の下を離れてから判った事がある。
 お前が俺の側からいなくなると、1人で立つ事さえ辛く感じられた。
 俺は、お前に救われていたんだ……」
「辛い事も苦しい事も、これからは私に分けて下さい。
 1人で抱え込まずに頼ってください」
「……側にいてくれ」
なんだかんだで千鶴が来てくれて嬉しかった土方。千鶴を危険な目にあわせたくないばかりに突き放そうとしていたけど、無理でした。

大鳥は白々しく土方の前で千鶴を羨ましがったりしていますが、土方は臆面もなく千鶴を褒めちぎる。
「こんな奴が俺の側にいてくれるなら、もう他の小姓を置く気にはなれねぇよ」
「まさか土方くんがそこまで言うなんて、ボクも彼女みたいなお嫁さんが欲しいよ」
「悪いが他を当たってくれ。
 こいつは俺のだ。
 手放すわけねぇだろ」
土方デレすぎ。
千鶴もちょっと拗ねたような雰囲気を見せたり、久しぶりに泣きそうな顔以外を見た気がするな。
「お前がここにいてくれて、良かったと思ってる。
 テメェの命を賭けることに迷いはねぇが、賭ける場所を間違えちゃいけねぇ……
 そう思うようになった」
「だとしたら……
 私の存在に意味があるのなら……
 こんなに嬉しい事はありません」
すっかりラブラブですが、そんなラブな期間もあまり長くは続きません。
土方死亡まで後二ヶ月ありませんから。


新政府軍に対して海軍が強みだった旧幕府軍だが、開陽丸と神速丸を失った上に、甲鉄が新政府軍の手に渡ったので苦戦は必死で、甲鉄を奪取するべく回天丸で宮古湾海戦を挑むも作戦は失敗し、惨敗で幕を下ろした。

函館が戦場になると考えた土方は千鶴を離れさせそうとするも。
「私は離れませんから!
 私は最後まで土方さんと共にいます」
千鶴の言葉に土方は何も言えず、ただ彼女の肩を抱き寄せて唇を噛み締める。
もはや自分たちに未来がない事ぐらいは強く感じとっているだろうから、そこに千鶴を置けば彼女を死なせてしまうのは判っていて、それでも千鶴を無理矢理追い出す事ができないでいるわけで。

島田さんは描写すらしてもらえなくなったか……


次回 第二十二話「夢幻の薄桜」

なんだか次回にも土方が死んでしまいそうな勢いですが、まだ死なないだろう。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい





こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト



theme : 薄桜鬼 碧血録
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

◎薄桜鬼碧血録第二十二話「夢幻の薄桜」

明治二年4月。新政府軍は蝦夷地まで進軍してくる。みんなに鉄砲を持たせてた。カザマさんが蝦夷にむかう。黒田の知り合い。土方さんたちは敵を食い止めてた。撤退準備をすることに...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事