スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼~碧血録~ 第二十話「散ずる桜花」

先に仙台入りした筈の山南敬助率いる羅刹隊は音信不通。更に仙台で辻斬りが横行し、それらの者達が仙台の城に出入りしているとの噂が立っていた事を榎本武揚から知らされる。
当然のように羅刹隊を疑う。
案の定、山南は雪村綱道たち新政府軍と繋がっていました。
その事を報せに来た藤堂平助ですが、綱道に後を付けられてしまい、日中であった事もあり綱道の羅刹兵に敵わず、雪村千鶴を攫われてしまいました。
原田左之助は江戸を守ったとは言え、作品的にはやっぱり犬死に……

千鶴に鬼の一族復興を諭そうとした綱道ですが、千鶴は頑なに拒否。鬼であると知りながらも受け入れてくれた人たちがいる事から、人と鬼の共存を信じて疑わない。
そもそも雪村家再興とかを考えていたのなら、綱道は何故千鶴が鬼である事を隠していたのだろうか。幼いころから、彼女が鬼で人間とは違う事を植え込んでおけば人間と共存しようとか思わなかったかもしれないのに。下手に人の娘として育ててしまったのが間違いなんじないのだろうか。
千鶴を助けに藤堂と土方が城へと乗り込んできた。
藤堂一人だとやばかったけど、土方が帰ってきたから助かったというところかな。

仙台入りした山南は奥羽同盟が戦争回避をしていると知ると同時に、綱道が新政府軍に不満を持って、鬼の国を作ろうとしている事を知った事で、彼の鬼の国と羅刹隊の共存の道を選択したという事。
その活動拠点の先がけとして仙台城は既に彼らの手中にあった。

綱道の考える雪村家再興を絶対に受け入れようとはしない千鶴。
土方にこの羅刹隊を率いて新政府軍との戦いを提言した山南ですが、土方は自分たちの戦いに羅刹隊は不要であると拒否。
すると、山南は羅刹隊が必要とされないのであれば、ここで殺してあげるのがせめてもの情けだと突如綱道たち羅刹隊に牙を剥いた。
彼もまた立派な新選組隊士の1人であり、最初から新選組のためにのみ動き続けていたわけだ。

アバンで山南が斬り殺していたのも、彼が語ったとおりに逃げ出した暴走する羅刹でした。
夜な夜な出かけていたのも、羅刹隊の隊士が暴走しているのを知っていて巡回に出ていたのだね。
羅刹はどれほど改良しても、血を求める衝動と寿命の問題は解決する事ができなかった。
彼自身もまた寿命が近づいていた。新選組が羅刹隊を受け入れてくれない以上、彼らが暴走しないようにするには、彼自身の手で引導を渡すしかないと考えての行動。
土方・山南・藤堂の3人の羅刹と、綱道の羅刹隊。
綱道の羅刹隊が日の光の下で動けるという利点があっても、個々の力は元々の剣の腕の違いからたった3人を相手に壊滅状態。

綱道は希望の存在である羅刹隊が次々と倒されていき激しいショックを受けるも、最後は千鶴を庇って羅刹隊に殺されてしまいました。
「羅刹に未来が無い事は、私にも判っていた。
 しかし、どうしても諦めきれなかった……
 雪村の……お前の家の再興を」
彼の行ってきた事も全ては千鶴のため。
彼もまた千鶴を娘として育てる上で、千鶴に強い愛情を持っていたのでしょうが、彼の思いと千鶴の思いがすれ違ってしまい、千鶴のためと思っていた事がそうではなかったという結果だったのだね。

全ての羅刹を倒した土方・藤堂・山南。
「新選組は多大な戦力を失ってしまいましたね。
今後の戦い、勝ち抜けると思いますか?」
「負けるつもりで戦う奴はいねぇよ」
「土方さんは負けず嫌いだからなぁ」
「ふっ……私たちは時代の徒花。
羅刹は産み出されてはいけないものでした」
「さて……戻るとするか」
羅刹状態を解いた土方だが、山南と平助はそのまま倒れてしまう。
2人とも今回の戦いで寿命を迎える事は承知の上での戦いでした。
「土方君とは、互いに反目する事もありました。
でも、あなたの事は認めていましたよ。
新選組で貴方と共に戦えた事、誇りに思います」
「ああ、俺もだ。山南さん」
「土方さん、感謝してるよ。
 一度は離隊した俺をまた受け入れてくれて……」
「俺だけじゃねぇ、みんな心配していたさ。
 お前は若くて、単純で、熱くなりやすくて……」
「最後に、少しは役に立ったかな……俺……」
「…………」
涙で応える事のできない土方は、山南と藤堂の手を握りしめる。
「のんびり生きろよ、土方さん」
「ああ」
「あんま信用できねぇな……土方さんって短気だしさぁ」
「生意気、言ってんじゃねぇよ」
「雪村くん、貴女を沢山傷付けましたね、許して下さい」
千鶴は応える代わりに、土方の手の上から2人の手を握る。
「土方くんの事、頼みます」
「はい!」
「千鶴、しっかり見張っててくれよな。
 生き急がないように……」
涙を流す千鶴。
「そんな顔するな、笑ってくれ……いつものように」
千鶴は藤堂の頼みを聞いて涙を浮かべながらも無理に笑顔を作る。
「そうそうそれでいい……」
「平助くん!!」
山南と藤堂の肉体は灰となり、2人の前で朽ち果てる。
死に様としては沖田と同じぐらいに良く描かれました。こう見てみると、やはり原田の扱いが悪いよな。

仙台城は羅刹隊から開放されたが、仙台藩は新政府軍に恭順したままとなり、新選組と旧幕府軍は学兵隊と合流し、蝦夷へと向かう。
土方に同行する新選組隊士も今更離隊する者はいない。
元隊長格は今や土方を除けば島田魁だけです。

土方は千鶴に蝦夷への同行せず、自分の未来を捜して生き延びるよう、新選組局長として命じる。
明治元年十月、土方たちは雪の降る中、蝦夷へと船で向かうが、千鶴はそれを陸から見送る事に……


次回 第二十一話「雪割草の花咲きて」

土方を追い掛けて蝦夷へ渡る千鶴。平助や山南との約束もあるしな。
同行者が風間千景となるようです。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい





こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 薄桜鬼
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。