スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】
先の戦いから2年。
イノベイトであるリボンズ・アルマークと彼の支配下にあったアロウズを殲滅したソレスタルビーイングの活躍により、世界は緩やかにだが争いのない平和の世界へと変わりつつあった。だがそれはソレスタルビーイングとアロウズという驚異によってもたらされたものでもあった。
世界から姿を消したソレスタルビーイングだが、彼らは未だに密かに活動を続けていた。
イアン・ヴァスティとリンダ・ヴァスティの2人は、刹那・F・セイエイが望むツインドライヴシステム専用ガンダム・GNT-0000ダブルオークアンタの開発に取り組んでいた。
そして……

ステーション建設現場の視察に訪れたマリナ・イスマイールたちアザディスタン政府だが、ステーションの管理会社はアロウズ時代に強制的に宇宙へとかり出された彼らにも法で定められた通りの待遇をしていると作業現場を見せようとはしない。
それでもねばり強く面会を求めるマリナに承諾してみせたものの、労働力を手放したくない彼らはモビルスーツで彼らの乗る宇宙船を撃墜しようと襲撃してきた。
そんな彼女らを救ったのは一機のフラッグ。更にマリナたちを銃撃しようとした男性を取り押さえたのは、ソレスタルビーイングのロックオン・ストラトスだった。
地球連邦軍にはソレスタルビーイング所有のコンピュータ『ヴェーダ』が協力し、宇宙ステーションの建設が行われていた。
その宇宙ステーションに、純粋種のイノベイターであるデカルト・シャーマン大佐が半ばモルモットとしての扱いを受けて存在していた。
部下のパトリック・コーラサワーを連れて彼と面会を果たすカティ・マネキン准将。
地球へ130年前に木星探査へと向かった宇宙船が向かっていた。地球連邦軍はこれの迎撃に向かっていたが、シャーマンは作戦の失敗を予見し、それは現実のものとなった。
作戦の失敗を受け、シャーマンはイノベイター専用機ガデラーザで出撃すると、地球連邦の艦隊が破壊できなかった探査船の撃破に成功してみせる。

地球で民間人としての生活を送る沙慈・クロスロードは、友人とソレスタルビーイングの活躍をよりヒーロー的に描いた映画を見る。本当はあんなに綺麗事ばかりではないと嘯く沙慈は刹那がどうしているのかと気に掛ける。
2年が経って経過は良好だが、未だに入院生活を送るルイス・ハレヴィの見舞いに通う沙慈。
しかしルイスは急に何かに怯えたように暴れ出してしまう。

シャーマンによって破壊された探査船の破片は大気圏で消滅すると予測されていたが、それらの破片は何故か消失しなかった。
地球連邦政府はこれらの破片を回収して調査を行うが、何故か回収現場で事故が発生。
それだけでなく、世界中の各所で機械の暴走による事件が勃発していた。
この調査に当たっていた宇宙物理学者ミーナ・カーマインはビリー・カタギリに対して、落下した破片と異常現象の関連を示唆する。

彼女とヴェーダは一つの結論へと辿り着く。
先の破片には未知の生命体が存在し、彼らは人類に増え続けているイノベイターの要素を持つ人物を狙っているというものであった。
ソレスタルビーイングは地球にいる筈のアレルヤ・ハプティズムとマリー・パーファシーの身を案じ、スメラギ・李・ノリエガは刹那とロックオンの2人が地球へと向かわせる。
フェルト・グレイスは刹那がイノベイターとなって以来、昔の誰にも心を開いていなかった頃の刹那のようになってしまっていると感じて不安を募らせていた。

変電施設との連絡途絶を受け、調査に向かっていたマリーとアレルヤだが、突然機械が2人を襲い始める。
襲いかかってくる作業車両から必死に逃げ回るマリーとアレルヤ。
アレルヤの中にいるもう1人の人格、ハレルヤはそれらが脳量子波に引かれている事に気付くと、マリーを狙う機械達に対して、より強い脳量子波を放つ自分が囮となる。
作業車両を上手く翻弄したハレルヤだったが、ヘリによる攻撃により窮地へと立たされる。
そんな彼のピンチを救ったのはGNT-010ガンダムサバーニャに乗って現れたロックオンであった。

同じ頃、ルイスと沙慈の前にも謎の敵が現れていた。ルイスを守りながら病院から逃げ出す沙慈だが、ヘルメットを被った男の力の前に追いつめられてしまう。
そこに駆けつけた刹那は、男を銃撃するが、ヘルメットの下から現れた顔はかつて刹那が倒した筈のリボンズであった。
どれほど銃撃しても血を流さず平然と歩き続けるリボンズをなんとか倒す刹那だが、死んだリボンズの肉体は鉱石へと変わって崩れ落ちてしまう。

更に木星付近に一度はシャーマンが撃破した筈の木星探査船が再び姿を現してしまう。
これらを撃破に現れたのはソレスタルビーイングのガンダムたちであった。
ミサイルさえも飲み込んでしまう敵に、刹那は何故か攻撃出来ずにGNコンデンサー型ダブルオーライザーも取り込まれそうになる。
だが、彼らを救ったのはCB-002ラファエルガンダムに搭乗したティエリア・アーデであった。
イノベイドであり、ヴェーダと融合した彼にとって肉体は仮初めのものであり、その意識の一部を移す事が可能だったのだ。

世界に迫る危機。
地球連邦政府はイノベイターとなる可能性の高い者達を、脳量子波遮断装置のある施設へと避難させると同時に、未知なる敵・地球外変異性金属体(Extraterrestrial Living-metal Shapeshifter)、通称「エルス(ELS)」との戦いに備える。
あらゆる物質を吸収する恐るべき力を持つエルスはやがて大量に木星に出現し、地球へと向かい始める。
地球連邦軍はこれをシャーマンたちに迎撃へと向かわせる。

全てを飲み込む彼らの前に苦戦を強いられる地球連邦軍。
戦艦が飲み込まれ、やがてシャーマンの乗るガデラーザも彼らに取り込まれてしまう。
一歩間に合わず駆けつけたソレスタルビーイングもまた彼らの圧倒的な力と数の前に苦戦する。
刹那はツインドライブを持たないダブルオーライザーでトランザム・バーストを使用してエルスと思考を共有しようとするも、エルスの持つ膨大な意思を制御しきれず失敗に終わる。
グラハム・エーカー率いるブレイヴ試験機の部隊が駆けつけ、彼らは窮地を脱するも、ティエリアの乗ったラファエルガンダムはロックオンたちを救うための犠牲となってしまう。

切り札である刹那が意識不明の状態の中、地球には更なる窮地が訪れようとしていた……



 【感想】
そんな訳で公開初日に見てきたのですが、感想がちょっと遅れました。
戦闘シーンはかなり力が入っていたものの、ごちゃごちゃしすぎて大変な状態になっていたな、と。乱戦過ぎるよ。
ラストはちょっとぽかーん、な感じ。
エンディング後は、もちろんクレジットの後にエピローグが少しあります。

お話は未知の生命体との遭遇。
イオリアの予測よりも遙かに早く、地球外生命体とのコンタクトをする事になってどうするのか、というお話です。
全体を通しては可もなく不可もなしという感じだろうか。

意外な人たちがまさかの死亡を迎えたりしました。
あの予告CMを見ても、それでも生き延びるんじゃないかと思っていましたが、残念。
ま、不死身の男はやっぱり不死身でしたけどね。

ミレイナからドリルが無くなって、ウェーブヘアーになりました。
スタイルも成長したものの、口調は相変わらずだ。
そしてまさかの告白にパパンはショックです。

スメラギさんはもはや戦術予報士としての仕事を放棄して、ただの戦艦の指揮官に成り下がってました……

物語中のヒロインはすっかりマリナからフェルトへと変わってしまいました。
なのに、ラストでは……
お姫様、NTRかと思いきや、最後でまた寝取り返した!!
刹那が銀色だったのは、ティエリアのコンピュータと一緒にエルスの母星に行って鉱物人間になったからだろうか。年を取っていないのはイノベイターだからか、鉱物人間になったからなのかの判別がつかない。
しかしマリナは元皇女の筈なのに、なんであんな辺鄙な土地で1人寂しく暮らしていたのか。
そしてこの人は一生独身だったのか……


個人的評価 65点

にほんブログ村 映画ブログへ ←良かったらクリックして下さい


こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

【エルス】劇場版 機動戦士ガンダム00(ダブルオー) A wakening of the Trailblazer(感想)

「機動戦士ガンダム00の劇場版本日公開!!」 という事でさっそく見に行ってきました!! 新作内容が上映されるガンダムは「ガンダムF91」以...

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 第一回

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- 感想・講評 第一回『劇場版OOの初見』 最速からはやや遅れましたが、ようやく観に行っ...

[映画『機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer』を観た]

☆映画はいっぱい観てるのだけど、とりあえず、この作品を短信で報告・・・。  これまでの「ガンダム」文法にない、衝撃的な「ガンダム」作品であったが、私は非常に面白かった。  一番の驚きは、木星からの<異星体?>が出てくるとのことで、おっかなびっくりして見

『劇場版 機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer』

『劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。