スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトレイジ-OUTRAGE- レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】
関東の巨大暴力団・山王会本家・会長の関内(北村総一朗)は、傘下の池元組が薬の売買を行っている村瀬組・組長の村瀬(石橋蓮司)と兄弟盃を交わして親密になっている事を快く思っていなかった。
若頭の加藤(三浦友和)はこの2つの組を仲違いさせようと企て、池元(國村隼)に対して「村瀬を締めろ」と無理な命令をする。
命令を受けた池元は村瀬と兄弟分であるため自分からは手が出せない。これに困った池元は結局、子分である大友(ビートたけし)に命令して大友組に村瀬組を締めさせる事にする。

あくまでも形だけでだという池元の指示で、大友は子分の岡崎(坂田聡)を使って、村瀬組の経営するぼったくりBARに引っ掛かったフリをさせる。
岡崎が大友組の一員と知らずにまんまと事務所までやってきた組員の飯塚(塚本高史)は、彼が山王会の人間と知って焦る。
兄弟分である池元組の配下である大友組を嵌めたと知った村瀬は、飯塚の指を詰めさせて若頭の木村(中野英雄)と共に謝罪へと向かわせる。
だが村瀬本人が出てこないのか不服を露わにする大友たちは、木村にも指を詰めるように指示する。大友組・若頭の水野(椎名桔平)は正式な道具ではなく、カッターナイフで指を詰めろ煽る。売り言葉に買い言葉で指を詰めた木村が恨み言を口にすると、大友は彼の顔をカッターナイフで切り刻んでしまう。
木村たちの体たらくに村瀬は直々に池元へと話をつけにいく。
池元は大友たちを納得させるという一方で、村瀬に山王会の杯を与えるには関内を納得させる金が必要だと、村瀬から薬の売上の増加を要求する。
これで一段落かと思いきや、岡崎たちが例のぼったくりBARにたかりに来た事や、木村にされた仕打ちに腹を立てた飯塚(塚本高史)たちは、岡崎を襲ってリンチして殺してしまう。
飯塚は長野の実家へと逃げようとするが、彼を捜す大友組に電車の中で捕まり殺害されてしまう。
この一件で村瀬は池元を頼って関内へ金を詰んで手打ちとしてもらう。
関内はこれを表向き受け入れるが、加藤は本当は納得していないのだと池元に更に示しをつけるように命じる。
池元は再び大友に命じて、今度は村瀬本人を襲わせる。
兄弟分ではないのかと疑問を覚えながらも、親の命令には逆らえない大友は歯医者で治療中だった村瀬を襲うと、彼の口をドリルで傷だらけにしてしまった。

村瀬はすぐさま池元へと抗議するが、池元はいけしゃあしゃあと大友組の暴走という事にして、更に村瀬を引退へと追い込んで村瀬組のシマを乗っ取ると、彼らの行っていた薬の売買も自分達の手中へと納めてしまう。
大友組は手に入れた新たなシマで、大使館でのドラッグ・パーティーを、大使を嵌めて裏カジノを経営させるなど、水野(椎名桔平)や石(加瀬亮)が中心となって商売の手を広げて行く。

だが、これでもまだ抗争は終結しなかった。
関内と加藤の陰謀により大友組は除名を命じられてしまう。
関内は池元組若頭・小沢(杉本哲太)に池元を排除して彼が親分となり大友を若頭にしろと命じる一方で、大友には彼が池元の後を継いで小沢を若頭にしろと二枚舌を使う。
事態は次第に山王会本家をも巻き込む壮絶な下剋上の権力闘争へと発展して行く。


山王会会長 関内(北村総一朗)
山王会若頭 加藤(三浦友和)
山王会池元組組長 池元(國村隼)
山王会池元組若頭 小沢(杉本哲太)
山王会池元組大友組組長 大友(ビートたけし)
山王会池元組大友組若頭 水野(椎名桔平)
山王会池元組大友組組員 石(加瀬亮)
山王会池元組大友組組員 安倍(森永健司)
山王会池元組大友組組員 岡崎(坂田聡)
山王会池元組大友組組員 江本(柄本時生)
山王会池元組大友組組員(新田純一)
山王会池元組大友組組員(大原研二)
山王会池元組大友組組員(三浦誠己)
村瀬組組長 村瀬(石橋蓮司)
村瀬組若頭 木村(中野英雄)
村瀬組組員 飯塚(塚本高史)
村瀬組組員(内野智)
片岡刑事(小日向文世)
刑事(貴山侑哉)
刑事(辻つとむ)
大友の女(板谷由夏)
水野の女(渡辺奈緒子)
歯科女医(中村純子)
ぼったくりBARのママ(こばやしあきこ)
ラーメン屋店長(マキタスポーツ)
ラーメン屋店員(ケンタエリザベス3世)


北野武監督最新作として話題となっている作品。
実はタケシの映画を見るのは初めてです。
今までにも見ようと思った作品はあったのだけど、結局見ていませんでした。

お話としてはヤクザ映画の王道とも言える権力抗争です。
組長という立場ではあるものの、組織の一番下に位置する大友たちが割りを喰うという代物。
完全にヤクザ世界の中間管理職という感じで、形を変えるとサラリーマンにも適用できそうになってしまう構図。
大友組は最後には石を除いて全滅という憂き目にあってしまうわけですが、せめて一矢報いるなどの展開があるのかと思いきや、完全に一方的に潰されただけという形になってしまったのはタケシの作品らしいのか。
極妻とかなら、確実に一矢報いる場面がありそうだし。
中盤までのドラマ性はかなり高いと思いますが、最後に噛み付く場面が無いからか、最後に少し物足りなさを感じてしまう。

今回は殺し方に拘ったという事ですが、終盤はやはり連続で殺すという事もあってか銃で撃ち殺すという場面が多くなってしまう。
メインどころであった水野役の椎名桔平への殺し方だけは他に比べて大きく違って印象に残る。しかしもっと自殺に見せかけて殺すとか、ばれないようにするという発想があっても良かったのではなかろうか。

北村さんや三浦さん、石橋さんの演技はさすがに秀逸。
三浦さん演じる加藤などは、明らかに不満が募っていて何かやらかしそうな雰囲気を感じさせてくれます。

個人的評価:68点

にほんブログ村 映画ブログへ ←良かったらクリックして下さい




こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : ジョニー・デップ
genre : 映画

tag : 感想 北野武 三浦友和 椎名桔平 加瀬亮

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。