スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 2nd SEASON #13「メメントモリ攻略戦」

カタロン宇宙艦隊は第1艦隊と第2艦隊による時間差攻撃にて、メメントモリを陥落しようとしていたが、メメントモリの砲身は宇宙に対しても攻撃可能であり、第2艦隊はメメントモリの攻撃を受けて半数が壊滅させられてしまう。
更にヒリング・ケアの操るガデッサを中心としたアロウズの艦隊が防衛に当たっていた。
既にカティ軍が来ているのかと思いきや、ここでヒリング・ケアの登場でした。
ガデッサは複数機いるのかよ。
しかも粒子砲のチャージがリヴァイヴのより早くないか?
アロウズの防衛部隊の砲撃を浴び、次々と倒される艦隊に、第1艦隊はミサイルによる一斉攻撃を仕掛けるも、殆どが撃墜されてしまう。
モビルスーツ隊にアロウズもモビルスーツで対応するが、彼我の戦力比はあまりにも違いすぎた。
窮地に陥るカタロン艦隊は、遂に司令官の館までも撃墜され掛けるが、そこにソレスタルビーイングが援軍として駆けつける。
ダブルオーガンダムにて先行して駆けつけた刹那・F・セイエイはメメントモリの撃墜を自分たちが引き継ぐ為、カタロンよりメメントモリに関する情報をもらう。
アロウズの防衛艦隊を指揮するアーバ・リントは、ガンダム到来の報告を受けると、この対応をヒリングに一任し、自分たちはあくまでもメメントモリの防衛に専念する。
あ~……指揮しているのがリントという時点で、アロウズ終わった。
近づいてきたところを叩こうという噛ませ犬らしい発想が既にダメだよ。


ダブルオーライザーに攻撃を仕掛けるヒリングだが、ダブルオーはこれを回避。
更にガデッサと同レベルの砲撃が何処からかガデッサに飛来する。
辛うじてこれを躱したヒリングだが、ガデッサと同レベルの砲撃に、持ち場を離れての行動を開始する。
相変わらず免許持ちはフリーダムだな。
こいつらがいても、指揮官は作戦の中に組み込んではいけないと思います。

オービタルリングへと帰還した王留美の頬が腫れている事に驚く紅龍(ホンロン)。
「男の嫉妬は見苦しいということよ」
そう吐き捨てる王留美(ワン・リューミン)は、紅龍に戦況を確認する。
そんな二人の会話を盗聴していたネーナ・トリニティは王留美の思い通りにはさせてあげない、と単身別行動を開始していた。
この娘はCBの邪魔をしようというのかな。それはにぃにぃズを殺した奴らの手助けをする事になるんだけど、それは良いのか? 王留美はイノベイターに協力しているから、CBを助けるのが彼女の目的と反する事と考えているというのか、この時点では迷い処。
てか、さんざん世話になって、兄たちを殺したメンバーと手を組んでいたからと言って掌を返す態度はどうかと思うよ。
ま、お嬢様は実際のところ、どっちが勝っても問題ないのでしょうけど。
それにしても、叩かれた時はもの凄いビックリしていたのに、凄い態度の豹変振りだ。あれか、お兄ちゃんの前では精一杯強がって見せて、弱いところは見せたくないというやつか?

刹那から送られた情報を下に分析したソレスタルビーイングは、スメラギ・李・ノリエガの予測通り、衛星兵器の射程角度に制限がある事を突き止める。
ミレイナ・ヴァスティが今になってようやく王留美からの情報が送られて来た事を伝える。
それはメメントモリの内部構造に関する情報であり、アレルヤ・ハプティズムたちは何処で手に入れたのかと驚きを隠せない。
フェルト・グレイスは衛星兵器の弱点である電磁場光共振部の位置までも記載されている事を発見。これにより、ソレスタルビーイングはメメントモリの資格から接近しての直接攻撃という作戦に決定する。
防衛部隊は強行突破……まさにラッセ・アイオンの言う通り、「繊細なんだか、強引なんだか」だな。てか、防衛部隊の突破方法が力尽くという当たり、作戦指揮官としてどうなんだろうか。
この直後にネーナの紫ハロが「送ったよ」と言っているという事は、データを送ったのは王留美の名前を騙ったネーナなのかな。データはたぶんイノベイターで入手したんだろうけど。と、いう事はやはりにぃにぃズの仇であるイノベイターの邪魔をしようという考えなんだね。

沙慈・クロスロードはマリー・パーファシー(ソーマ・ピーリス)から、彼女がルイス・ハレヴィと面識がある事を聞かされていた。
ルイスがモビルスーツのパイロットになっていると知った沙慈は、やはりあの時にルイスが側にいたのだと確信して、複雑な感情を抱く。
と、ノリエガから二人に通信が入ると、ブリッジに来るように告げるが、ノリエガはマリーに「頼みたい事がある」と告げる。
沙慈、今回はオーライザーに搭乗していないのかよ。戦うのがイヤだから、乗ってないのか。
頼みたい事が何かはもう一目瞭然ですな。
アレに乗れるのは彼女ぐらいしかメンバーがいませんから。

敵モビルスーツを8機撃墜した刹那の下に、ようやくノリエガより作戦開始の報告がもたらされる。
と、ガデッサの粒子砲がダブルオーライザーを射程に捕らえる。
「いただくよ!」
それを回避した刹那がガデッサと戦っている間に、猛スピードで直進するプトレマイオスⅡが2機の脇を通り過ぎていく。
アロウズの防衛艦隊は砲撃によって、プトレマイオスⅡをメメントモリの射程圏内に押し出そうとする。
猛攻撃を浴びてメメントモリの射線軸上に押し出されてしまったプトレマイオスⅡに対して、リントはメメントモリのレーザー砲を照射する。
その一瞬を待ち続けたノリエガはアレルヤに号令を飛ばす。
……砲撃がオービタルリングの側を掠めてますな。
王留美たちは何げに結構危険なところにいるよ。
そこまでして戦闘を肉眼で確認したかったのか。
どうでもいいことなんだけど、「いただくよ!」の前に「お前の魂」とかどうしてもつけたくなります。


放たれたレーザー砲に高笑いするヒリングは「終わったね」と勝利を確信し、リントもこれでヒリングがダブルオーを倒せば終了だと満足げに騙るも、部下がプトレマイオスⅡの無事を報告して愕然とする。
プトレマイオスⅡはアリオスガンダム(のトランザムシステムを利用しての高速起動にて砲撃を回避、一気にメメントモリへと接近する。
プトレマイオスⅡはアリオスのトランザムの全てを推進力としているため、GNフィールドの使えない状況で、ケルディムガンダムとセラヴィーガンダムの連携による攻撃を仕掛ける。
まぁ、トランザムで回避したのだろうという事は容易に想像出来るよな。
わざとメメントモリに攻撃させて、再チャージまでの時間に接近、攻撃を仕掛けるというのは当然の作戦だ。
ここはそれが読めないリントの浅はかさの負けだろうな。カティなら、逃げられないようにしてから攻撃を仕掛けるはずだよ。
そしてこの時点でアリオスは今回の戦闘では完全に推進力として裏方で、戦闘には参加できないことが確定。
ん、という事はソーマの出番は今回はないということですね。

トランザムを起動したケルディムのGNビットにて、敵の攻撃を防ぐプトレマイオスⅡ。
防衛艦隊の猛攻撃に、ビットが次々と撃破されていく。
ヒリングは背後からプトレマイオスIIを撃墜しようとするが、刹那が素早くガデッサのランチャーを破壊して阻止する。
ガデッサの最大の武器が破壊されてる時点で、ヒリングに勝ち目がないような気もするな、この2機の戦いは。
ケルディムはビットを持ってましたよ。ああ、対アリー・アル・サーシェス用のビットか。
向こうが攻撃で、こっちがシールド。ビットのシールドって、通常の戦いで使い道があるのか? 元々ケルディムは遠距離からの援護射撃を想定している機体だから、遠距離射撃をしているのなら役にも立ちそうなんだけど、この人達みんな一緒に前線に出てるからなぁ。

迎撃艦隊を突破としたプトレマイオスⅡはギリギリまで接近を目差すが、アリオスのトランザム限界時間を迎え、更にケルディムのシールドもまた限界を迎えに来る。
――作戦を完遂させる。
――どんな手を使ってでも。
――私の戦術で……みんなを!!!
しかしノリエガの意志はなおも揺るがない。
限界を迎え始めたその時、ティエリア・アーデに指示が飛び、セラヴィーがトランザムを起動させる。
「ハイパーバースト完全解放!」
強烈なエネルギー弾が飛来し、メメントモリに直撃、破壊された外装に向けてGNミサイルを一斉射撃を行う。
だが、それらの攻撃でもメメントモリの共振部の破壊には至っていなかった。
セラヴィーの攻撃の一瞬にみせたリントの情けない叫びがステキです。さすがは八尾さん、またもこーゆー場面でリントのヘタレ振りを存分に見せつけてくれています。
スメラギさんはちょっと強い意志でカッコイイところを見せてくれていますが、作戦はやはりマイスター頼み。しかももの凄い強引この上ない無茶な作戦なのは相変わらずのようです。

火力が足りなかったようだと安堵するするリントだが、ソレスタルビーイングは更にトランザムを使ったセラヴィーとケルディムの連携によるGN粒子砲での射撃を行う。
「ロックオン」
「ライル」
「ロックオン……」
「ロックオン・ストラトス!」
「その名の通り……狙い撃つぜえぇぇ!」
ロックオン・ストラトスの攻撃がメメントモリの共振部破壊。
プトレマイオスⅡが駆け抜けた後、メメントモリは大爆発を起こし、そのパーツは護衛艦隊であったリント艦に直撃してしまう。
可笑しい惜しい人を亡くしました。最後の悲鳴の情けなさがまた抜群に……
ロックオンは今期では「狙い撃つ」は2回目?
今回は前期の口調と同じ感じだったかな。
フェルトだけがライルと呼んでいるのは、やはり彼女のなかでロックオン・ストラトスというのはニール・ディランディであって、ライルはロックオンじゃないと認めないようにしているからなんだろうな。

メメントモリの破壊を確認したソレスタルビーイングは、その速度を維持して戦闘宙域からの離脱を行い、刹那にも撤収の指示が下る。
ダブルオーライザーを逃がすまいとするヒリングだが、突然発生したガンダムへの援護射撃に気を取られた瞬間、接近したダブルオーに腕を切断されてしまう。
突然発生した援護射撃が赤いビームだった事に、刹那は疑似太陽炉搭載型によるものと気付く。
彼を援護したのはネーナであり、イノベイターの作戦を阻止出来た彼女は満足げにピースをする。
ネーナ、凄い満足げです。満面の笑みを浮かべてます。
てか、メメントモリを破壊したら、もうカタロンを放置して撤収ですか……カタロン宇宙艦隊は果たして無事に撤収出来たのだろうか。
まぁ、出来たとしてももう二度と大規模戦闘出来ない程に艦隊は壊滅しているだろうけどな。


空を流れるメメントモリの派遣が燃え尽きる様子に、メメントモリ破壊に成功したのだと理解したクラウス・グラードとシーリン・バフティヤールは、これで中東は救われたのだと実感する。
子供達は流星のような光景に「綺麗」という感想を口にするが、クラウスはそれを少しでも綺麗ではないのだと否定する。
「あれは、戦いの光だ。
 君たちの時代に、残してはいけないものだ」
「次の時代に、残すべきもの……」
彼の言葉に、マリナ・イスマイールはそれを考える。
保母さん……そろそろメインヒロインらしく行動してくれるのでしょうか。
勝利の光だから綺麗でもいいんじゃないのか、と思ったら戦いを子供達が成長した頃には無くしたいからなんだね。てか、何も子供相手にそんな難しい事を言わなくてもいいのに。

同じように燃え尽きる残骸の流星に、衛星兵器が落ちた事を知るセルゲイ・スミルノフの下に、パング・ハーキュリー大佐が訪れ、ソレスタルビーイングの仕業だろうと告げる。
「久しぶりだな……ロシアの荒熊」
ようやく一人減ったと思ったら、謎の新キャラがまた出てきました。
しかも親父キャラだ。服装からすると、アロウズではなく、連邦軍のようですけど。


次回 #14「歌が聞こえる」 あの人の歌声が、心に染みる
次回は計画遂行者と刹那が出会うという話ですが、計画遂行者って誰?
てか、何の計画? イノベイターと出会うという事なのか?
そしてパングとやらがナニを考えているのか不明。
……つーか、何、刹那はおいてけぼりくらったの!? 酷くないか、それ。
トレミーはどんなけ全力で逃げてるんだよ。てか、どうせ被弾しているのだから、また別の基地に撤収しているんじゃないのか。いや、それ以前に合流ポイントを用意しておこうよ。
そほいや、スメラギさんからソーマへの頼み事は今回ではなかったのか、次回以降に持ち越しになるのだね。しかも次回は内容からして、なさそうだ。

来週は特番『機動戦士ガンダム00 ~たまたま見忘れた人に捧ぐ~』です。


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい




こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 機動戦士ガンダムOO
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン ♯13 メメントモリ攻略戦の感想

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン ♯13 メメントモリ攻略戦の感想 ライル「狙い撃つぜ~!!」

ガンダム00 2nd 第13話「メメントモリ攻略戦」

見ることはできたものの、年末繁忙期であま

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。