スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちばんうしろの大魔王 ACT10「阿九斗の帝都大戦争」

江藤不二子が引き連れてきた魔獣で溢れかえる学園。
紗伊阿九斗=魔王が世界を滅ぼすのを知っていると語る大和望一郎。

学園を覆う魔獣に、阿九斗がしたかったのは、こんな事なのか、と考えるブレイブこと三輪ヒロシ。
この子も大概思い込みが強いというかなんというか。

望一郎がスハラ神に背いた事を告発しようと辛うじて逃げ延びてきた父・照屋敬三は娘の照屋栄子の手によって始末される。大司祭次席を持っていたため、父の死は栄子が司祭の座を継ぐことに繋がる。
父を殺した栄子の下に、内閣調査室サイモン8・コードネーム『2V』がやってきた。
栄子に協力するようだが、もし栄子が父と共に望一郎を告発するつもりなら、まとめて始末するつもりだったのだろうか。

敬三を殺したのが阿九斗であると誤解する服部洋蔵は、代々伝わりながらも誰も抜いたことがない神器《スハラの剣》を持ち出す。
祖母は神も刀も人間の都合など考えてくれず、真剣に向き合うだけ無駄なのだとスハラの剣を服部絢子に託し、彼女の好きなようにすれば良いのだと語る。
生きて自分の事を気遣ってくれる人を大切にしろと語る祖母。
独善的な主人公よりも断然良いことを言っているおばあちゃん。しかし信仰心の厚い一族の人間とは思えない台詞だな。
望一郎はマナによる回復を阻害する剣で阿九斗を攻撃して追いつめる。
不二子は阿九斗と曽我けーなを引き連れて、ピーターハウゼンの下へと逃げる。
追撃する望一郎には、100年前の事を思い出したという学園長が立ちはだかる。
白石リリィもまた自分の信じる道を行くが、阿九斗とはあくまで考えが違ち、現体制の全てを破壊するならば止めると宣言する。

魔獣を支配する阿九斗を討つため、照屋家の甲賀忍軍と服部家の伊賀忍軍が集結しつつあった。
スハラの神器を服部家が持つのが気に入らない栄子は、所有者である絢子たちをこの作戦で亡き者にして自分がその武器を手に入れようと企み、絢子と妹の服部ゆう子の二人にだけ一番槍を努めさせる。
簡単に権力を手に入れてしまった事で、すっかり権力に溺れてしまってます。
夕子のテンションが変なのは魔獣のマナの影響か。
ヒロシはけーなのため全てを犠牲にするつもりだと思いこむ。

待っていたというピーターハウゼンに、阿九斗はけーなの自由を護るために神を駆逐する決意を固める。
またえらく極論に走るよな、この魔王。
ピーターハウゼンに乗り魔獣を従えた阿九斗へと斬りかかる絢子は、「何故私の事を気に掛けてくれないのか」と本心を吐露する。
刀の望むことをする時にだけ抜ける剣が抜けないという事は、この剣はスハラ神の神器でありながら、魔王の抹殺は望んでいないという事か。スハラ神の望みは魔王を殺すことではなく、望一郎の野望を止める事にあるからかな。
絢子の本心を知った阿九斗は、全てが終わったら彼女を大切にすると告げて絢子を送り返した阿九斗の前に、ブレイブが立ちはだかる。
ピーターハウゼンはマナキャンセラーを持ち自らに匹敵する力を持つ存在に心躍らせる。

2Vの甘言を聞き入れた栄子は、校内にある魔獣のコントロール装置の破壊を優先する。
ゆう子たちを亡き者にしようとする絢子は、もう一人のサイモン8『ラバーズ』を魔獣の如く振る舞わせて絢子たちを襲わせる。

阿九斗の力があれば良い方向に使う事も出来る筈だと主張するヒロシだが、阿九斗はそうできない理由があると反発する。
ただのシステムに過ぎない存在に「神」という名を与え、そのシステムそのものに縋り、戦争をし、人を殺す。
だからそのシステム『神』を殺し、その世界の終焉を知らしめる決意を固めた阿九斗。
ブレイブは対魔王戦闘モードへと切り替える。
何が凄いって、「確実に仕留める事が出来る」モードを何の躊躇もなく使える事か。とても一時だろうと「兄貴」と慕ってた人間のやる事とは思えない。
マナを打ち消し、急速にマナを消耗させる。
更に帝国軍の飛行空母『ゲンカク』も現れるが、ピーターハウゼンたちは空母内部のマナ精製装置を狙い、接近戦を挑む。

100年前、望一郎の言葉を信じて先代魔王と戦った学長だが、今は彼の言葉を信用できないでいた。
学長、ハイパー化してムキムキになってる……亀仙人を思い出したわ。
魔王が世界を滅ぼすため、神が人類を管理するという言葉、それ自体は真実かもしれないが、彼が一人の女に拘り続けている事を指摘する。
100年前に望一郎が心を許し、真実を語っていた望一郎。
魔王になりたがっている、そのために自動律の少女が必要だということ。

平和を求める者達が違いに争い合う世界をどう思うか、と突然不二子に問い掛けたけーな。
不二子は戦争のない世界は誰でも虐殺の行える世界であり、歓迎するべき事だと主張するも、けーなはそれでは「ぼんっ」となると呟く。
喋っていたのはけーなではなく、100年前の少女の人格か。けーなは生まれ変わりなのでしょうか。

空母マナ生成装置によってマナを回復させたピーターハウゼンはこれに攻撃を加えるが、2Vは操舵士として潜り込ませていた人形を操り空母をピーターハウゼンへとぶつけて落下させてしまう。
ゆう子はもはや完全に悪人顔……魔獣のマナに心まで汚染されているのか。

ラストへ向けて盛り上げようとしているのは判るのだが、ごちゃごちゃと詰め込み過ぎて雑多な感じがしてしまう。
後、なんか気分的に盛り上がらないと思ったら、各キャラクターが自分の考えばかり主張していて、他人の事を考えるという事をしていないからなんだな。一番相手の気持ちを汲んで行動するのが、人間ではないころねなのではないのだろうか。
この世界の住人はほとんどが0か1しかないのだろうか。
ところで、キャラ名にあったD13って誰でしょう? V2が操っていた人形?

次回 ACT10「女たちの最終決戦」

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい






こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : いちばんうしろの大魔王
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。