スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼~新選組奇譚~ 第八話「あさきゆめみし」

最近の土方歳三は口うるさいとくだを巻く永倉新八が斉藤一、原田左之助と酒を飲んでいるところに千姫が声を掛けてくる。
雪村千鶴の事を問い掛けるが、千鶴は最近少し元気が無かった。

父の事で悩む千鶴は、お千に呼び出される。
茶店でお千と会話を楽しむ千鶴だが、実は左之助が千鶴を元気づけるためにお千に楽しい話をしてあげて欲しいと頼んだらしい。
普段野郎ばかりと会話していた事もあり、久しぶりの女の子との会話で少し元気になった。

酒を飲み歩いて門限を破った左之助、藤堂平助、新八に厳しく当たる土方。
自分たちに厳しく当たる土方に不満をぶちまけた左之助に、土方は新しく入った隊士たちから古株を優遇しているという目で見られるのをためであったが、厳しくしすぎたと頭を下げる。
土方の本音を知った左之助は土方と和解する。
古株だからこそ、馴れ合いは無いのだという事を見せ付けるため、他よりも厳しく当たるというのはままある事ですね。
まして永倉たちは兵卒ではなく、組長なのだから尚更だろう。
ちなみに永倉は数少ない維新後の生き残り組み。
将軍の死と長州軍に大敗した事により、幕府の威信が揺らぎ始めてしまう。

長州を逆賊として避難する立て札が川に投げ捨てられる事件が発生し、新撰組はこの警護にあたる。
制札を狙って襲いかかる浪士を返り討ちにする左之助たちだが、不逞浪士を裏で糸を引いていたのは千鶴に瓜二つの女性・南雲薫だった。
左之助は千鶴とそっくりの姿の女性に驚き、浪士を逃がしてしまった。
やはり薫は敵なのですね。オープニングの様子では、沖田と戦う相手になるのか。
しかも鬼の一族なんだろうね。

札を守った報奨金で飲みに出た新選組。
相手を努めるのは君菊。
土佐藩士を取り逃がしたのは薫のせいだという話になり、薫と千鶴が似ているかどうかという事になり、沖田の提案で千鶴を女装させる事になった。
女装というか、正装というべきなのか。
美人過ぎて左之助も彼女と薫が似ていたかどうかが頭から飛んでしまってます。

過去を振り返る土方は長い夢でも見ているのではないかと語る。
いいムードも空気読めない人たちばかりなので台無しだ。
その後、ひとしきりはしゃいだ隊士達。

宴から席を外した君菊は店の外に風間千景たちの姿を目撃し、その事を千姫に報告する。
「いよいよ、嵐になりそうね」
彼らが京都に戻ってきたと知った千姫は表情を硬くする。
君菊はくの一だったのですね。千姫はやはり将軍の娘とかですかね。
様子からしてもただの維新志士の用心棒ではなく、鬼の一族と知っているのでしょうね。

次回 第九話「修羅の轍」

新選組を脱退して御陵衛士となる伊東。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい






こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 薄桜鬼
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

薄桜鬼 第8話「あさきゆめみし」

原田さん、優しい~(*´∀`*) 今回は色々あって元気がない千鶴のために、みんなが優しくしてくれます! 千鶴のお父さんはホントに攘夷派側...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。