スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼~新選組奇譚~ 第二話「動乱の火蓋」

大阪での任務で腕を負傷した山南敬助。仲間の前では平気な顔をしていたものの、内心はかなり気に病んでました。
みんなと食事をしていた雪村千鶴に誰が許可をしたと責める土方歳三だが、近藤を始めとしてみんなが自分が誘ったと言い出した事もあって、今後も食事を一緒にするのを容認しました。
既に半月が経過しているらしい。
こうしてなし崩し的に馴れ合いの関係になっていくのですね。

殻に閉じこもっている山南のために、料理を運んだ千鶴の気持ちと、みんなが心配しているという千鶴の言葉に、みんなと食事をとるぐらいに前向きになりました。

父親探しに出かけた千鶴は斉藤一に腕前を試された結果、その心意気を認められ、新選組の巡察に同行するコトになりました。
沖田総司と共に町に出た千鶴は、父親捜しに夢中になって、山崎烝や島田魁が調査中だった桝屋に入ってしまう。
完全に自分の立場を忘れて暴走気味。
今回はたまたまそれが良い方に転んだから良かったのだろうが、もう少し回りを見て行動した方が良いのだろう。
京都の町を焼き討ちして天皇を誘拐しようとする長州藩の企みを知った新選組は、池田屋と四国屋の二手に分かれて行動。
四国屋は土方が、池田屋は近藤が指揮。
池田屋が本命と知り、山南は山崎に千鶴をつけて伝令に。
新選組の頓所に長州の志士が押し込もうとしていたため、山崎が相手して千鶴が一人で伝令に。
向かっているのは四国屋にいる土方の下なんでしょうね。

次回 第三話「宵闇に咲く華」

次回は池田屋事変。
この辺の話は全て史実通りで、内偵中の桝屋から聞き出した情報や山崎の情報収集で京都焼き討ちを知った新選組は、集会に押し込む事になったが、病人などが多くて動けた隊士は34名程度だったと言われています。
会津藩は新選組の要請に応えず、新選組は2班に分かれて行動。
池田屋と四国屋に別れて捜査を行い、近藤が池田屋に「御用改めである!」との叫びで駆け込む事になるのは有名な場面かな、と。ただ実際には店は特定できていなかったとも言われてます。
後、階段落ちも有名ですね。
山南の不参加については、この作品同様に怪我を理由とする他、色々な推測がされていますが、結論は出ていません。この後に彼が逃亡をした事が更に謎を深めてしまったのだろう。
この戦いは新選組の勝利で終わるのですが、新選組も死傷者を出してしまっています。最終的な死亡者は3人ぐらいだったと思う。直ぐに死ななかった二人は、もしかするとこの作品に出てくる『新撰組』の方になって、隊士に殺されてしまうのかもなぁ。
ちなみに沖田は持病の悪化であまり活躍出来て無いが、この作品ではまだとても病気持ちには見えないので、活躍する事になるだろうか。


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい






こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 薄桜鬼
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。