スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケメコデラックス! 第12話(最終回)「キリコVSケメコ」

 【ストーリー】
父親に特別に見せて貰ったナノボールに感動する三島名。

ヴァニラ・M・リペアーズによってミシマ本社に連れて行かれた小林三平太を取り返す為、本社へと乗り込んだケメコと黒崎リョーコ。
リョーコはどうしてもって言うならもう少し手伝ってやる、とケメコに告げるも、ケメコはそれを拒んで一人で先へと進んでしまう。
ケメコの傍若無人ぶりに立腹したリョーコは十文字と共に帰ろうとするが、そんな彼女をミシマ電機第5開発部長リコ・アット・アンドロイズが妨害する。

ケメコの侵入を聞かされたヴァニラは三平太との話を中断する。まだ聞きたい事があるという三平太に、ヴァニラはエムエムが三平太の中にあるナノボールを独り占めしようとしているのだと語る。
キリコの中に入ったヴァニラは三平太を守るのだと告げ、ケメコを撃退する為、三平太を連れてケメコの下に向かう。

ケメコによるミシマ本社の破壊活動で、爆発している様子に驚く町の人々。
ドラマを見ていて寝るのが遅くなった早川美咲も自宅の窓からその光景を目撃して驚くも、夜更かしは不健康だと眠ろうとするが、妙な胸騒ぎでミシマ本社に三平太がいるような感じを受けて飛び出してしまう。

リニアエレベーターで最上階へと上るキリコと三平太。
キリコはエレベーターに関しての説明を行うも、三平太は上の空でエムエムの事を考え続けていた。エムエムが父親を殺した聞かされた三平太は、本当に悪い奴なのかと悩む。
と、そこに壁を突き破ってケメコが現れると、そのままエレベーターに突撃。
三平太の乗ったエレベーターは地上へと落下してしまう。

ギリギリで三平太を救出したケメコは、突然三平太に往復ビンタをすると、エムエムが顔を覗かして「出かける時は一言声を掛けていけ」と怒鳴る。

その頃、小林ふみ子と小林タマ子の母娘は、出て行ったきり戻ってこない二人に対して、あまり心配もしていなかった。

ミシマ本社の爆発を見物する野次馬の中に混ざっていた南野リョータは三平太の家に電話するが、生憎と繋がらない。電話を諦めて携帯で爆発事故の様子を写メしようとしたリョータだが、野次馬に集まっていた美女たちの方に気がいってしまう。と、そこにやってきたイズミが、リョータに気付かずに膝蹴りを入れて顔面を踏みつけてしまい、更に急いでいると言って携帯を踏みつけて立ち去ってしまう。

再会したヴァニラとエムエム。エムエムが三平太と出会った時に負っていたお腹の傷、その事をヴァニラは知っていた。
ケメコの攻撃をヴァニラもキリコに入って受け、パワードスーツによる激しい戦闘が開始される。

一方、リョーコもリコのロボットたちを相手に十文字と共に迎撃する。
リョーコの力に感心したリコは、自分が乗る巨大ロボットでリョーコに立ち向かう。

キリコの猛攻を受けて武器であったノコギリを失い、次々と繰り出される攻撃に防戦一方を強いられてしまうケメコ。だが、キリコの回転攻撃による連撃を最大出力で受け止めたケメコはキリコを弾き飛ばすと、
「「ザ・エクスプロード・ケメコキック!!」」
火山の噴火を思い立たせる炎を纏った高出力キックを放ち、キリコを撃退する。
「遅いぞ、おかっぱ」

巨大なロボットを相手にするリョーコだが、これをも撃退したリョーコはリコを捕まえる。
リコは10歳にしてIQ400の超天才だったが故に、自分の両親にも人間扱いされておらず、突然消息を絶ってしまっていた。
一応両親が探しているから、と家に連れ帰ろうとするリョーコだったが、リコはあんなところに帰りたくない拒絶し、ロボットたちの自爆スイッチを入れる。
「僕はここでリセットする。
 バイバイ、楽しかったよ、お姉さん」

ロボット共々爆死しようとするリコを助けようとするリョーコ。

動かなくなったキリコに、歩み寄ろうとしたケメコに三平太はエムエムの事を色々聞いたと話す。
三平太を連れ帰ろうとするケメコに対して、エムエムがミシマの裏切り者であり、父親を殺したと聞いたという三平太だが、エムエムはアレは自分じゃないと弱々しく否定する。
「ゴメン。本当は判ってた。
 アナタが私の事を嫁だなんて思ってないって事を。
 私が、私があんまりにセクシーだから!
 セクシーでぷりんぷりんだから、
 自分の嫁にするにはもったいなさ過ぎると思っている。
 いつも、やらしな目で私の事をみてるしな」

「ちょっと待て!」
「でも、もう少しだけ、もう少しだけ、あなたの嫁でいさせてくれ。
 私が、この世界から消える時まで」

巫山戯ていたかと思いきや、謎めいた言葉を真剣な表情で語ったエムエムは三平太に帰ると告げる。

だが、そこに再びキリコが声を掛ける。
倒れていたキリコはいつの間にかクマのぬいぐるみに変わっており、ケメコを甘く見ていたというキリコは今度は本気で行くと告げる。
再び対峙する両者だが、そんな二人の間に三平太が割って入る。
ヴァニラに対して、彼女とはいけないと拒絶する。エムエムは親をも殺した反逆者だと言い、何故かと問いかけるヴァニラに、三平太はそれを聞いて尚、エムエムが悪い奴だとは思えないのだと言う。
色々と問題があるも、それでもと語る三平太。悪口を散々並べる三平太に、エムエムがケリをお見舞いする。
「思う」という主観だけエムエムを受け入れようとする三平太。それを認めたくないヴァニラ。
「エムエムさん……だって私は、あなたの事、大っ嫌いなんですもの」
眼帯を外して本気を出そうとしたキリコだったが、突然床が崩壊を始める。
実はここに来るまでにケメコが開発室などを破壊して回っていたため、崩落が始まってしまったのだ。
そこにバイクで駆けつけたリョーコが、脱出のためにバイクに乗るように告げる。
バイクに乗ろうとする三平太を呼び止めて手を差し出すキリコに、三平太の足か止まる。
キリコとケメコを見詰める三平太だったが、その足はケメコの下へと向かう。

間一髪脱出に成功した三平太たち。
リコを救出していたリョーコは「命を大切にしろ」と呟く。
「ほんと命は大切にして欲しいわ。
 なーに、やってんのかしらぁ」

何故か怒り心頭でその場にいたイズミは、三平太に殴りつける。
夜更かしは身体の成長に良くないと主張するイズミに、彼女の胸を見ていたリョーコは早寝しようかと悩む。
と、そこにボロボロになったリョータ、更に妙なセンサーを感知した早川美咲もやってくる。

一人黄昏れていたエムエムを「ど暗い!」という三平太。
エムエムの正体がなんであるかは関係ないが、彼女に聞かなければいけない事は山程ある、だからまだ追い出すわけにはいかないと告げる。
エムエムと共に家に向かう三平太。そんな彼らと共に帰路につく他の仲間達。

そんな6人の姿を見詰める巫女服姿の少女。
「会いたかったよ、小林くん」
神代ユキナはそう呟く。

エンディングはユキナの止め絵と、小さな窓枠でいつもの映像。
歌は2番です。

立ち去る三平太たちの様子を監視するヴァニラは、カイト・ブライアン・サウンズに残りの6大開発部の緊急召集を告げる。
社長がナノボールの持ち主である三平太の強制回収と、ケメコの破壊を要求しているのだと語る。

 【感想】
最終回だしオールキャスト登場かと思いきや、葵ちゃんだけ出てこなかったな。

第2期があるという感じの終わりでしょうか。
まぁ、無くても良い感じの終わりにはなってるけど。どちらでも行ける作りにしておいたというところかな。
原作が終わっていない作品なので、謎が全て解けないというのは仕方ない事だろう。下手にオリジナル展開で独自路線を進むよりは、綺麗に終わらせたのではないかと思われる。

バトルシーンはなかなかに良かったと思うが、如何せんキリコもケメコも手足が短いので、その分迫力が若干減ってしまうよね。
でも良く動いているし、かなりの出来映えだったと思うなぁ。

ヴァニラは本気でエムエムが父親を殺して、ミシマを裏切ったと考えているのか、それとも単純に三平太を丸め込もうしているのか。
全ては現社長とやらが裏で糸を引いているのでしょう。

ちなみにこの作品はギャグではなく、コメディです。
つまりはラブコメです。監督が明言しているので間違いない。

ラスト直前はシリアスとコメディが入り交じった複雑な状況となっておりましたが、もう少し切り分けても良かったのではないかな、と。
それでもそんなシリアスな話として作りたくは無かったから、わざと合間合間にギャグを入れてきたのかもしれないな。

リコは最後リョーコに回収されてたけど、この後どうなるか。つーか、男の子だったんだ……

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい



ケメコデラックス!2 (初回限定版) [DVD]
ケメコデラックス!3 (初回限定版) [DVD]
ケメコデラックス!4 (初回限定版) [DVD]
ケメコデラックス!5 (初回限定版) [DVD]

ケメコデラックス!2 Blu-ray (初回限定版)(Blu-ray)
ケメコデラックス!3 Blu-ray (初回限定版)(Blu-ray)
ケメコデラックス!4 Blu-ray (初回限定版)(Blu-ray)
ケメコデラックス!5 Blu-ray (初回限定版)(Blu-ray)
ケメコデラックス!6 Blu-ray (初回限定版)(Blu-ray)



こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : ケメコデラックス!
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。