スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KIDDY GiRL-AND(キディ・ガーランド) #24(最終回)「いつまでも一緒」

アズランティア=銀河爆弾をアイネイアースへ落とそうとするガクトエル。
Gソサエティに捕らえられたク・フィーユを助けるためにミストラルで駆けつけるアスクール。
力が戻っていればテレポートで一瞬だったのですが、力が回復していないのでテレポートすら出来ないアスクールでは駆けつけても戦力としてはないに等しいです。

GTO本部のあるアイネイアースでは異常気象が発生し、3つ目の太陽が見えていた。
驚くアリサとベルはミ・ヌゥルーズに3つ目の太陽について訊ねるが、ミ・ヌゥルーズはそれがアズランティアだと気付いて、カツラを脱ぎ捨てて何処かへと姿を消す。
アズランティアの事件を知っているという事は、GTOでもそれなりの立場にいたという事。ESメンバーの一人か、それに順ずる立場で、ただの喫茶室長ではなかったという事ですね。

力を使い果たしたアスクールに、傷ついた仲間たちを救う手立てもない。
アスクールに力を使おうとするシェイドに、トーチはアスクールはパートナーを心配するただの子供だからと止める。
銀河系が消滅してしまうという事実に、守りたい人がいるのだから平気ではないというトーチは、アスクールの意見に賛同する。
銀河系を破壊し、全ての人を殺す事にどんな意味があるのかと問い掛けるが、ガクトエルは銀河系に意味がないと告げ、シェイドのトーチを殺すように命じる。
だが、シェイドにはトーチを殺す事が出来ない。
やはりトーチはここにきてガクトエルに反発。
シェイドもサフィルとは違い、ガクトエルよりもパートナーを選択しました。BLカップルの絆は女同士よりも強かった。簡単に結論を出したのは以前、ク・フィーユが捕らえられた時に、トーチがパートナーと戦うぐらいなら死ぬ方がマシと言ってから、ずっと考え続けてきたからなのかもしれないな。
ガクトエルは世界に絶望して、全てを壊してしまおうという極端な思考に走っているだけでした。
トーチを守ろうとするシェイドに代わり、サフィルが手を下そうとするが、ガクトエルがトーチの胸に薔薇をつき立ててしまう。
エルデメテオールから落下するトーチを追いかけるシェイドは、飛び降りる直前にアスクールへの礼だとガクトエルにミラージュ・Dの能力を使う。
やはり最強の能力者はトーチとシェイドだな。彼らの能力は最後まで誰にも破られなかったし。物理攻撃ではないから、ガクトエルですら一度受けてしまうとどうしようもないようだ。
落下しそうになったアスクールを助けるリュビス。
シェイドがガクトエルに力を使ったおかげで、ガクトエルのかけた時間停止が解けたのか。
ワープゲートが停止してしまい、トゥイードゥルダムは自分の力でエルデメテオールを止める。
ラストバトルがあるのかと思いきや、どうやらガクトエルの方もあまり派手に戦う力は無かったようだ。シェイドの幻覚攻撃を受けて戦えなくなってしまいました。
こうなると最早ただの狂人でしかない。こんな状態のガクトエルにでもつき従うサフィルはある意味で凄いな。

トゥイードゥルディはリトゥーシャとパウークに、人工惑星に住む人々を脱出させるように指示する。
コアと共にエルデメテオールを脱出するように、人々を説得するリトゥーシャは、この人口惑星を出るとまた虐げられると尻込みする人々に、ここを出て泥にまみれても自分たちは地球人の子孫であると呼びかける。
「リトゥーシャ、やっぱり君は僕のお姫様だよ」
そんなリトゥーシャに見惚れるパウーク。
パウークは最初から最後までリトゥーシャにベタ惚れで、100%彼女の意思を尊重する立ち回りだったよな。
お偉方のノーヴルズはGソサエティの陰謀に関与した事で失墜するだろうし、今後はリトゥーシャがこの人たちを率いていく事になりそうだな。成長したら立派な指導者となるのでしょう。
しかしあそこに集まっていた人数が5万人もいたようには思えなかったが。

脱出しようとするノーヴルズだが、ガクトエルがケーブルを繋げて脱出を阻止していた。
最初から誰もエルデメテオールをから逃すつもりが無かったようだ。
リトゥーシャたちを助けに向かおうとするアスクールたちを阻止しようとするサフィル。
リュビスの願いに応じて、サフィルの時間を止める。
元パートナーとしてサフィルを見ていられず、かと言って殺すのも躊躇われるので時間を止めてもらっただろうか。
て、ク・フィーユは時間を止める事が出来るぐらいに回復したのか。

エクレールとリュミエールは銀河爆弾の落下を必死に止めていた。
ヴァイオラとシザーリオ、デクステラとシニストラも復活。
出番の無かったESメンバーはやはりあの空間で凍結していたらしい。
懐かしい面々が一杯だ。
ところで、エクレールとリュミエールって昔の姿に戻ってるのは結局なんでなんだろうか。

壊れたようにみんなの死を望むガクトエルの姿に、アスクールは実験施設での再会を思い出し、一人留まる。必ず合流すると約束するアスクールに、ク・フィーユは来なかったら迎えに行くと約束する。
すっかり暴走してしまった兄だけど、最後の最後では見捨てられなかったのか。あの時、アスクールが残っていれば、ガクトエルもここまで暴走はしなかったのだろうね。
「一緒にいる。
 生きている限り一緒にいるって約束したから。
 あの時も、こんなだった……
 ずっと一緒にいるって約束したよね」
「リーゼロッテ」
「今度は約束守るから……ずっと一緒にいるよ」
重力ブロックが限界を向かえ、崩壊を続けるエルデメテオール。
落下するサフィル、ガクトエル、アスクール。
力を使う事の出来ないアスクールには瞬間移動で逃れる事も出来ない。
サフィルに至ってはガクトエルに気にも留めてもらえず、誰にも助けてもらう事すらないという哀れな最後。

アスクールたちを守り散っていくティフォン。
ケーブルの切断を行い、脱出艇の噴射に巻き込まれるリュビス。
あのケーブルを全部切断していたリュビスに驚きだよ。ク・フィーユのチョコボンボンももう残っていなかったのか?
リトゥーシャもリュビスたちを乗せてから出発しようよ。

寂しかったのかとガクトエルに問い掛けるアスクール。
「お前だけで、いい。
 銀河系も、ノーヴルズも、復讐も、何もいらない。
 こうしてお前がいてくれるだけで、他に何もいらない。
 どんな地獄でも、どんな苦しみを味わっても、お前がいれば、幸せだ」
「バカ、バカ」
「お前を……愛してる」
惑星へと落下していく2人。
「リーゼロッテ、お前の全ては私のものだ。
 お前の全ては私の」
自分の残された力を全てアスクールへと与えて消滅するガクトエル。
自分を受け入れてくれた妹を助けるために自分の命を投げ出したガクトエル。妹萌えに相応しい最後となりました。
それにしても最初から最後まで、妹しか目に入って無かったんですね、この人は。一切日和ることもなく、ここまで貫き通せばある意味立派です。

二つの力を手に入れたアスクールは、銀河爆弾を止めてみせる。
エクレールがGクラスの能力を超えたGクラスと評するほどに巨大な力。
アスクールはこれで最強のESメンバーになったわけだ。
そんなアスクールの下に、ディアはク・フィーユをアスクールの下へ向かわせるためにキスをする。
消耗していた力もパワーアップする事で復活したのか。実際には能力を底上げしているというより、自分のパワーを注ぎ込んでいるのかな。
限界を向かえようとしていたアスクールの下に、テレポートしてきたク・フィーユはアスクールにキス。
「向かえに来るって言ったでしょ。
 私も一緒に!」
「うん!!」
2人の力で、銀河爆弾を止める事に成功する。
ディアのエイ・キュアの能力を口移しでアスクールにも与えたという事でしょうか。
相変わらずこのアニメにおいてキスは万能です。

力を使い果たし銀河を漂う手を繋いだ2人を、男の姿になったミ・ヌゥルーズがディアと共に向かえに来ました。
やっぱり二人の正体を知っていたのか。つか、胸はどこ消えた? わざわざ男の姿に戻る必要があったのか?
彼も実はESメンバーだったという事かなぁ。

Gソサエティの陰謀が明らかになり、GTOは再建される。
ガクトエルのお墓は外れの方にひっそりと。
Gソサエティに内通していた議長達もちゃんと処分されたのだろう。ク・フィーユたちが知っているし、リトゥーシャたちが証人になるだろうから言い逃れ出来ないだろうし。
ミ・ヌゥルーズとエクレールは知り合いみたいだけど、前作に出ていたキャラだっけ? でもそれなら当時の人が声優をやってるだろうしな。
リュビスはもちろん、トーチとシェイドも生きていました。
どうやってあの状況から生き延びたのか気になるところですが。トーチとシェイドは近くにいた艦隊が拾ってくれたのかな。トーチが死んでないのは、薔薇の刺さりが甘かったのかな。
リュビスはきっと吹き飛ばされた勢いで偶然脱出する事になったのか。死亡者の次に重症でした。
サフィルは描写されていないので死んだのね。まぁ時間を止められたままでアイネイアースに落下していったのだから、いくら何でも燃え尽きてるよな。
受付嬢としてGTOに加わったエクレールとリュミエール。また受付嬢をやるのか。
ESメンバー勢揃い。
ちっこくなったエクリプスの後継者の事は不思議な感じなんだろうな。
しかしエクリュミの二人はアームブラストの代わりようをどう思っているのでしょうか。
シュウの事もフォローしてくれました。
アスクールとク・フィーユは今日も喫茶室『Touch&Go』でバイト。
アスクールだけでなく、ク・フィーユまでプリンの摘み食いしています。
正式にESメンバーになってもバイトは続けるのか。
なんでGクラス能力者は選任ではなく、別の仕事もやるんだろうな。

そんな訳で最終回でした。
もっとバトルな展開かと思いきや、ラストはバトルがほとんど無かったね。

全体としてはやはり序盤のお遊びの期間が少し長すぎた感じでしょうか。あれでユーザーを多く手放してしまった感じがある。序盤で嫌いになったユーザーは後半もかなり酷評していたが、個人的に終盤の展開は決して悪くなかったと思う。序盤の敵となったク・フィーユのエピソードをもう少し長くしたりしても良かったのではないだろうか。
人気作の第2弾だっただけに、期待が大きく、その反動も大きくなってしまった感じだな。
コメディも面白かったのだが、要所要所を締めるなり、もう少し創意工夫が欲しかった。
ラスト直前はスケジュールが厳しくなってしまい、TV大阪への輸送が間に合わない事態が発生、TVOでの放送が一週送れになったり、作画が不安定になったりという事態になったのは勿体無い。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい






こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : キディ・ガーランド
genre : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

キディ・ガーランド 第24話(最終回)「いつまでも一緒!」

ぽっきゅーんと最終回! 前回銀河系を爆破しようとしたガクトエル様でしたが、意外とアッサリと阻止されてしまいました。 でもそれで諦め...

◎キディ・ガーランド#24いつまでも一緒!

ガクトエルは惑星爆弾をワープさせて、アイネーアースへ落とすつもりだった。そして、アスクールがクフィーユのところへ到着。アイネーアースの太陽が3つになる。ミヌさんは、カツ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。