スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食堂かたつむり レビュー(ネタバレあり)

 【ストーリー】
おっぱい山のある田舎に生まれ育った倫子(柴咲コウ)は、ルリコ(余貴美子)の不倫で出来た子供だと陰口をたたかれる。
倫子は中学校を卒業したと同時に、田舎を飛び出して都会に住むおばあちゃん(草村礼子)の下へと身を寄せた。料理の得意なおばあちゃんは、魔法のぬか床を持っていた。
倫子も次第に料理が好きになって調理師を目指すが、おばあちゃんが亡くなってしまう。
一人で生活を始めた倫子は、やがてインド人男性と付き合うようになり、二人で店を開くためにコツコツと貯金を続けていた。そうして店がいよいよ持てるようになったある日、倫子が帰宅すると、男性が家財一切合切と倫子のお金を持って逃げてしまっていた。
倫子に残されたのはおばあちゃんの魔法のぬか床だけ。
ショックのあまり失語症となってしまう倫子。

失意の底、倫子は馴染めなかった田舎へ帰り、ルリコにお金を貸して欲しいと頼む。しかしエルメスという豚を可愛がっていた母は取り合ってくれない。
お金がなく何処にも行けない倫子は実家で暮らすことになる。
小学生の倫子(佐々木麻緒)が良く聞いたふくろう爺の、夜12時ぴったりにあげる12回の泣き声に懐かしさを感じながら眠る倫子。
『スナック・アムール』を経営するルリコは、常連のネオコン(田中哲司)と愛人関係。常連の雅子(徳井優)、山さん(諏訪太朗)、源さん(佐藤二朗)と毎夜明るく暮らしていた。
特別なパンしか食べないエルメスに、なんとか自分で作ったパンを食べさせようと頑張る倫子は、試行錯誤の末に遂に食べさせる事に成功する。

そんな中、倫子は熊さん(ブラザートム)と再会し、彼にお金を借り、物置を改造してお店を始める。
いよいよ『食堂かたつむり』を開店した倫子は、お客第1号として熊さんを招待する。
熊さんにバターライスと2人にとって想い出のイチジクを使ったカレーライスを振る舞う。
倫子のカレーライスを食べた熊さんは感動して涙を流す。彼の妻・シニョリータは姑との折り合いが悪く、娘を連れて家を出て行っていたのだ。
そんな妻達の事を思い出した熊さんは、久しぶりにシニョリータに電話を掛けようとしたところ、なんとシニョリータから電話が掛かってきたのだ。家を出て行ってから初めて掛かってきたという電話。熊さんがカレーを食べていた頃、シニョリータもカレーを作り、娘が熊さんの事を思い出したので電話を掛けてきたのだという。
熊さんは倫子の料理には何か不思議な力があるのだと熱弁する。

それから暫くして、熊さんから倫子の料理には願いを叶える力があるという話を聞いたという桃(志田未来)が予約にやってくる。
桃には片思いの男の子・サトル(桜田通)がいたのだ。
彼と共に食事にきた桃は、倫子の料理を食べて晴れてカップルになった。

桃の話は学生達の間に広まり、次々と倫子が2人に振る舞った「ジュテーム・スープ」を食べたいとやってくるようになる。
大反響の中、続々と願いが叶う人々。
食堂かたつむりの客を一日一組として、奇跡を起こしていく。

そんなある日、お客としてやってきていた中学時代の同級生・ミドリ(満島ひかり)が友人と共に食事にやってきた。
特製のサンドイッチを作った倫子だが、なんと料理の中に虫が入っていたのだ。
店を出て行くミドリの友人たち。ミドリも「残念だ」という言葉を残して去っていってしまう。
虫の話は尾鰭背鰭がついてたちまち町中に広まってしまう。

悪い噂に苛立つ倫子は食材に八つ当たり。
それを見ていたエルメスからに食べ物を粗末にするなんてプロ失格だと言われているようにさえ思う。
倫子がそんな状態でも、ルリコは人の噂など七十五日だとあっけらかんとしている。

ミドリの父(山崎一)が経営する喫茶店を訪れた倫子。
かつて店を経営していたミドリの祖父(上田耕一)はすっかりボケてしまっていた。そんな祖父の後を継ぐため、役所を辞めたミドリの父だが喫茶店の経営はイマイチ。ミドリは倫子に彼女の店など潰れてしまったら良いと思い、彼女が料理に虫を入れたのだと告白する。

そうしたある日、熊さんは四六時中喪服姿の老婆・お妾さん(江波杏子)の話をする。昔は明るかったというお妾さんに料理を振る舞うことになった倫子。
倫子の料理に最初はなかなか手を着けなかったお妾さんだが、一口食べて美味しいと感じると、ドンドンと食欲が湧いてくる。
食が進むに連れ、喪服を一枚ずつ脱いで行くお妾さんは、最後にはすっかり明るくなっていた。
その翌日、町でお妾さんを見かけた熊さんは、すっかり明るい服装で背筋を伸ばして歩いていた事に別人と見まごうほどにビックリする。
倫子の料理を食べたその夜に、お妾さんの夢枕に今までどれほど望んでも立つことの無かった愛しい人が現れたのだという。そしてどうせ直ぐに会えるのだから、残りの人生を精一杯楽しんで欲しいと告げたのだという。
改めて倫子の料理には不思議な力があるのだと熊さんは熱弁する。

『スナック・アムール』でふぐ鍋が振る舞われることになり、倫子もルリコに呼ばれて参加する事に。騒ぎについて行けない倫子だったが、その中で倫子の出生の秘密が明らかになる。
なんと倫子はルリコが水鉄砲で精液を子宮に撃ち込んで産まれたという、嘘のような子供なのだという。
昔大好きだった男性とこの町のバンジージャンプにやってきたルリコだが、2人のロープが切れてしまい川に流された。ルリコは助かったものの、男性は何処かへと行ってしまったのだ。
以来、ルリコはずっと操を護り続け、今でも処女。愛人関係にあるネオコンにも身体を一切許していなかったのだ。
ショックを受ける倫子は、みんなが帰った後、何か作れというネオコンに乗り気ではない。嫌いな相手には出せないようなのはプロではない、と言われて作ったのはお茶漬け。
自分にでも作れると不平を漏らすネオコンだが、食べるに連れて夢中でかきこみ、最後は黙って1万円を置いて立ち去っていった。

ある日、倫子がお風呂に入っていると、ルリコもお風呂に入ってくる。
そして昔離ればなれになった先輩と再会したのだと喜ぶ。医者になっていたシュウ先輩(三浦友和)が、彼女のかかりつけの医師なのだというルリコは、自分が末期ガンである事を告げる。
しかしそれでも明るく振る舞うルリコは、手術で自分の身体に傷を付けないで寧ろ嬉しいとまで言うのだった。
短い余命の母のため、倫子は戸惑う事になり……


キャスト:
倫子(柴咲コウ)
ルリコ(余貴美子)
熊さん(ブラザートム)

ネオコン(田中哲司)
お妾さん(江波杏子)
シュウ(三浦友和)
ミドリ(満島ひかり)
桃(志田未来)

サトル(桜田通)
雅子(徳井優)
山さん(諏訪太朗)
源さん(佐藤二朗)
おばあちゃん(草村礼子)
小学生の倫子(佐々木麻緒)
ミドリの父(山崎一)
ミドリの祖父(上田耕一)



 【感想】
変にCGを多用したイメージ映像でちょっとノリについていけない部分もありましたが、笑える所もあり、最後は感動で泣かせてくれます。

倫子の料理は一日一組という事で、てっきりもっとお客の事を色々と調べて、お客の思い出に残るものなど最も適した食材を使ったりするのかと思いきや、まったくそんな事は無かったのが残念。
何故か食べたら奇跡が起こるという、ファンタジックなものでした。
倫子が自分の料理を食べて声を取り戻すというオチは読めていましたが、ちょっと浮いてしまったかな。オカンの手紙を読んでという事なんでしょうが、どうせならルリコが生きている間に取り戻して欲しかったところ。
ルリコの今際の際に声を発する方が、お約束ではあるけど盛り上げられた気がするな。

疑問点がいくつか残ったかな。
・一日一組の客で、熊さんに毎月少額でも返済するような利益が出るとは思えないという事。
・熊さんに出したカレーや、桃たちに出したスープって、熊さんやサトルのお腹がふくれるとは到底思えないのですが、あれ以外にも出したのだろうか。一番食事量が少なさそうな、お妾さんに出した料理がフルコースで一番ボリュームあったのだけど。
・シュウとルリコは同じ学校だったのだろうが、あの後シュウは家に戻っていなかったのか。


ルリコはどこか『おとうと』の鉄郎を彷彿とさせるキャラクターです。こちらは表向きは自由奔放でダメな人を振舞いながらも、根っこは真面目な人だったわけですが。
余さんは相変わらずこの系統の演技は秀逸です。ラストの本心が判る辺りまでは嫌な感じのキャラクターなのに、どこか憎めなさを感じさせる。
処女妊娠って実際に水鉄砲なんかで可能かどうかはおいておくとして、処女膜が残っていたので出産は帝王切開なんでしょうか?
ルリコの寿命はどれぐらいだったのかと思ったら、原作では余命半年という事になってるのですね。
結婚式の直後にいきなり亡くなった後だったのは驚いた。作品的に、ガンでやせ衰えて苦しむ姿などを描くのは回避されたのでしょう。

ブラザートムが思いのほか良い演技をしていました。
足が悪いという設定だったのか、微妙に足を引き摺って歩く仕草が何気なくて良い感じだったな。

ミドリとの仲直りエピソードがあるのかと思いきや、ないままに母親の話になってしまって、そのまま放置なのかと思いきや、結婚式には普通に参加していましたね……てっきり倫子の料理を食べて喫茶店が繁盛するようになるのかと思ったが。
何時の間に仲直りしたのだろうか。原作ではちゃんとあの後にフォローがあったのかな。


桜役の志田未来は何処かで見たことあると思ったら母べえに出演していた娘なんですね。
その彼氏役の桜田通は仮面ライダー電王で幸太郎役だった人ですよね。

ネオコンは本気でオカンに惚れていた事にビックリだよ。結婚式で号泣するまではそこまで惚れ込んでいたとは思っていなかった。

トータルしてみると面白かったと思います。
十分オススメできるレベル。

個人的評価:80点

にほんブログ村 映画ブログへ ←良かったらクリックして下さい




こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : 柴咲コウ 余貴美子 ブラザー・トム 志田未来 桜田通

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)/a>

料理とは祈りそのもの~『食堂かたつむり』

 原作の感想はこちら⇒『食堂かたつむり』  恋人に裏切られ、全財産と声を失った倫子(柴咲コウ)は、10年ぶりに故郷の 村へ帰る。母の...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。