スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーキバ 第45話「ウィズユー・最後の変身」

 【ストーリー】

1986年――
歴史を変える一番良い方法、それは紅音也(武田航平)を殺す事だ、と告げるキング(新納慎也)。音也ほ攻撃するキングに対して、キックを放つ紅渡(瀬戸康史)。
ダメージを受けたキングは、真夜と音也の子供である渡に激しい憎悪を燃やす。すると、ダークキバの装甲が外れ、その姿がバットファンガイアへと変化してしまう。
強烈な攻撃を浴びるイクサとキバだが、爆発後に二人の姿は存在していなかった。
バットファンガイアから逃れた音也と渡。
音也は女性とのデートに遅刻する男は空き缶程の価値もない、と真夜(加賀美早紀)とのデートに向かうと告げる。そんな音也を必死に止めようとする渡だが、音也は渡は間違っていると彼のお尻を叩くと真夜の下に向かう。

だが真夜の姿は何処にもなく、真夜から「もう音也とは会えない」という伝言を持ってきたキバットバット2世(声・杉田智和)がやってくる。
キバットを追いかけてきた音也は会えないという理由を問いかける。
そこにやってきた渡はなおも音也と真夜を会うせまいとする。
真夜はキングから音也と会えば、彼女の子供である太牙を殺すと宣告していたのだ。
ならば自分がキングを倒すと告げる音也に、真夜はキングには勝てないとそれを拒絶する。だが、なんとキバットバット2世が音也に協力し、彼を闇のキバにしてやると提案する。
しかし人間が闇のキバになれば命はない、とそれを止める真夜はキバの力を持つ渡に強力を仰ぐ事に。
だが、音也は渡に自分の自由を奪う資格はないと、戦う決意を見せる。
そんな音也に渡は『カフェ・マル・ダムール』で頭を悩ませていたが、あまりにも変わっていないマスター木戸明(木下ほうか)にビックリする。

悩む渡の前にやってきたキング。
互いにキバとダークキバに変身して戦う。二人の戦いの場にやってきた音也。そんな音也を攻撃したダークキバ。
渡は音也を守る為に自らが盾となり、攻撃を受けてしまう。
渡が倒されてしまい、怒り心頭の音也はキバットバット2世に力を貸すように告げる。
キングが真夜に対して行った仕打ちが気に入らないと、キバットバット2世はキングの下を去り、音也に力を貸して彼をダークキバへと変身させる。
キバットの裏切り、そして人間でありながらダークキバとなった音也に怒りを燃やし、バットファンガイアに変身したキングと、激突した音也。両者のキックが激突し、吹き飛ばされた音也が立ち上がった時、そこにもうキングの姿は無かった。
ダークキバへの変身の代償で激しく疲労しながらも、音也は心配する渡を気絶させてキングを追跡する。

麻生ゆり(高橋優)に開放された渡は自分がどうすれば良いのかと悩み続ける。
自分のせいで大好きな鈴木深央(芳賀優里亜)を殺してしまったから、自分が生まれないようにする為、音也と真夜を結ばないようにして自分が生まれないようするために未来から来たのだとと告白する渡に対して、ゆりはそんな事をしても深央は喜ばないと渡の考えを否定する。
そんな事をすれば深央は渡と出逢えないから。深央はきっと後悔していない。自分も音也と別れた事はある意味で死ぬ事だが、後悔はしていないのだと笑顔で語る。

キングを探す音也の下にやってきた真夜は彼がダークキバに変身した事を察し、もう二度と変身しないようにと忠告する。しかし音也は真夜が自分と共に生きる覚悟をしたように、自分もまた愛する摩耶と共に生きるための覚悟があるのだと語る。
「真夜……オレの命を受け取ってくれないか?
 そんな弱い女だったか?」
音也の言葉に、真夜は彼のために道を空けるしか無かった。

音也を探し続ける渡に、真夜は音也の事を頼む。
普通の人間なら、もうとっくに死んでいる。
「あなたは私の変わりにあの人から受け取らなければいけない」
「受け取るって何を?」
「命を」

ボロボロになった肉体でキャッスルドランにやってきた音也は、彫像に帰られていたガルル(松田賢二)、バッシャー(小越勇輝)、ドッガ(滝川英治)を回収する。
運悪くキングに発見されてしまうも、咄嗟にイクサナックルの力でその場を逃れる。
音也を追いかけてきた渡は、キングから隠れる音也と再会する。

音也は渡に死んだ深央を生かすには渡自身が強く生きるしかないと説得する。
人は前へと進んで生きる者、哀しみを乗り越えた時に大きく育つ。深央はそんな先に待っているのだと語る。
深央のガラス片を見詰めていた渡の前に、深央の幻想が現れる。
「僕……いいのかな、生きて?」
問いかける渡に、深央の幻想は微笑みで答える。

遂にキングに見つかってしまった二人。
音也はキングの相手を自分に任せろと告げると、渡には太牙を託す。
渡が泣きじゃくる太牙を連れて逃げている頃、音也は再びダークキバとなって、バットファンガイアに変身したキングとの戦いを繰り広げていた。
戦いの最中、バットファンガイアの強烈な攻撃を受けた音也の手から彫刻が零れ、元の姿に戻った次狼・力・ラモンはその場から立ち去る。
ウエイクアップによりダークネスムーンブレイクを放ったダークキバに大ダメージを受けたバットファンガイアは、ファンガイアの魂を甦らせると、キャッスルドランを操って攻撃を行わせる。

渡は太牙を真夜に預けると、キバ飛翔態に変身して凶暴化したキャッスルドランに立ち向かう。
そしてキャッスルドランを操っているファンガイアの魂をザンバットソードで切り裂いて沈静化させる。

バットファンガイアと戦い続ける音也は、攻撃を受けてダークキバの変身が解けてしまい、対には力尽きて倒れてしまった。


2008年――
深央の死に嘆き続ける登太牙(山本匠馬)に対して、ビショップ(村田充)は彼女は処刑されて当然の女であり、早く忘れるように進言する。処刑したというビショップの言葉の意味を問いただす太牙。
深央はキングである太牙を傷つけた。それ故にキバの攻撃を受けた深央に対して、彼がトドメを刺したのだ。何も知らない渡は自分が深央を殺したと落ち込み、もはや戦う事が出来ない。二人の邪魔者が消えたのだと語るビショップに、太牙の怒りが炸裂する。
「許さん! キンぐの名において貴様だけは!!」
激昂して自分を殺そうとする太牙から辛うじて逃れたビショップは、何故キングがそのような事をするのか理解出来ずにいた。

太牙に対して激しい恨みを抱いたビショップは、彼をキングの座から引き摺り下ろす為に大量の人間のライフエナジーを集め始める。
だが、それを阻止せんと名護啓介(加藤慶祐)が立ちはだかる。
「この身体……その全ての細胞が、正義の炎に燃えている。
 イクサ……爆現!!!」
名護はライジングイクサに変身、スワローテイルファンガイアに変身したビショップに向かっていく。

次回 第44話「終止符・さらば音也」

 【感想】


キングの怒りは音也ではなく、渡の方に向いたみたいです。
キバットバット2世の存在は謎。バットファンガイアがダークキバより強いなら、必要ないんじゃないのか? それとも、単にあれは人間である音也が変身しているから、本来の力を出し切れていないという事なのか。

マスターは絶対にファンガイアだよ。あれで人間という方が可笑しいよな。

次狼たとはてっきり力を貸すのかと思いきや、あっさり逃げ出しました。
しかし次回には音也が説得して一緒に戦うのだろう。

名護さんはバカっぷりが炸裂しすぎです。
どうやらビショップとの決着は名護の役割らしい。


さ~て、次回の仮面ライダーキバは?
「音也、三度変身して渡と共に最後の決着」
「ビショップ、新しいキングを作るために奔走」
「太牙、渡との決闘」
の3本でお送りします!
じゃーんけーん、ポン!! パー


にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さい





こちらはミラーブログになりますので、基本的にTBは本館(http://ameblo.jp/adam/)へお願いします
スポンサーサイト

theme : 仮面ライダーキバ
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。