スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳 参 第四話「幼き日々に」

試験が終わり、夏目貴志は北本篤史や西村悟と何処かへ遊びに行こうという話で盛り上がっていると、笹田純が加わってきて父親から貰ったという美術館の鑑賞券を見せるも、篤史や悟はまったく乗り気にならない。
そういや、この町の人たちは何をして遊んでいるんだろう。あまりレジャーのための施設はなさそうだけど。

貴志が帰宅すると、藤原塔子が小学校の同窓会の葉書をじっと見ていた。
プレゼント交換した時の思い出を語り、自分のプレゼントが当たった栗山さんがこんなものいらない、と言った時の事を謝りたいと思っている事を口にする。
しかしこの事で自分の方が罪悪感を覚えるところが、塔子さんが昔から良い人だった事を露わしているよな。普通はこの内容では罪悪感を覚えるのは栗山の方だろう。
小学生の頃、友達との思い出がなかった夏目には、少し羨ましかった。

美術館に興味の無かったニャンコ先生だが、ラーメン屋の話を話を聞いて俄然行く気に。
猫の癖にラーメン喰うつもりか……まぁケーキを喰うぐらいだからな。

人間には姿の見えない木の上の妖怪は、人間は夏と同じでただ通り過ぎていくものに過ぎない、と考えるが、自分の姿を見ることが出来た1人の少年の事を思い出していた。
誰にも姿が見えずに暇だった妖は、道行く人を驚かせても誰も驚かない。
そんな時、他の子供から虐められていた幼い貴志を見かけた。
自分の姿を見ることの出来る貴志に興味を覚え、貴志を驚かせては追い掛ける日々を楽しんだ妖は、貴志が見えるという事で虐められている事を知る。
暇なのか、と訊ねられて妖は思わず、自分は忙しくて貴志に構っている暇などない、と強がってしまい後悔する。
逃げ回っているちび夏目が可愛いい。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 夏目友人帳
genre : アニメ・コミック

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。