スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喰霊-零- episode 06「務 大義-つとめのたいぎ-」

「今日はクリームコロッケが食べたいなぁ」
「神楽が作ってくれるから平気だにゃあ」
「子分は親分に従うにゃあ」



喰霊-零-#06-01
早朝の丸の内のオフィス街で、諫山黄泉と土宮神楽は通信障害を引き起こしている怨霊 カテゴリーB『山彦』と戦う事になる。
喰霊-零-#06-03喰霊-零-#06-04
黄泉や神楽に変化して、その力も真似る山彦に苦戦を強いられる2人。
喰霊-零-#06-05喰霊-零-#06-06
力を合わせ、なんとか倒す事に成功した2人だったが、更に大量の『山彦』が現れて2人を取り囲む。
窮地に立たされた2人の許に、諫山冥が現れて霊獣・鵺『乱紅蓮』咆吼波を使う様に指示する。咆吼波で実体化が歪んだ瞬間を狙い、3人は山彦を一掃することに成功した。
妖怪の名前が付けられているのは、その能力が妖怪の力を持っているのですね。
冥はかなりの実力のようです。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 喰霊-零-
genre : アニメ・コミック

SOUL EATER ソウルイーター 第32話「聖剣伝説3~死武専番長物語~」

死武専の図書室でヒーロは聖剣エクスカリバーについての書物を読んでいた。
はい、そんな訳で今回は完全なインターバルです。

ルックスは良い方の彼だが、この死武専においては能力の低さからキム・ディール、ジャクリーン・オー・ランタン・デュプレを始め、多数の生徒からパシリにされ、ブラック☆スターからは技の実験台にされる毎日。マカ=アルバーンにもへっぽこ呼ばわりされている。
椿もブラック☆スターが技の実験台にするのを止めようとはしないのですね。椿なら止めてあげても良さそうなんだけど……
マカも意外と冷たいし。

そんなある日――ブラック☆スターと中務椿が死武専に登校すると、多数の生徒が倒されている。
なんと、それを成したのはあのヒーロだという。
ヒーロ・ザ・ブレイブと名を改めた彼は、『職人になるための1000の項目』をこなして聖剣エクスカリバーのパートナーになったのだ。
登場するなりウザさ炸裂です。

またも現れたエクスカリバーにウザさにうんざりするブラック☆スターは堪えきれず、勝負を挑む。
この勝負に伝説の聖剣の力を試してみたいキリク・ルングが双子の壺の武器ポット・オブ・ファイアとポット・オブ・サンダーと共に参戦を表明すると、デス・ザ・キッドもこんなのと一緒にいるのは耐えられないとエリザベス・トンプソンとパトリシア・トンプソンを従えて参戦する。
死武専を代表する武闘派3組を相手と聖剣を持つヒーロの戦いに沸き立つギャラリーとなった生徒達。
ブラック☆スターはともかく、他の2人も武闘派なんだ。
キッドはシンメトリーとか、キッチリしていないと切れるのが原因か?

いきなり椿を妖刀モードにして全力で攻撃するブラック☆スターだが、ヒーロはそれをやすやすと躱す。
そこにキリクとキッドが攻撃を仕掛けるが、姿が消えてそれを躱したヒーロが必殺技を叫ぶ。すると、どんな技なのかは判らないが、ブラック☆スターたちは一瞬で全員が倒されてしまった。
この3組相手に圧勝です。実力はそれこそデスサイズ以上なのかもしれないな。

彼らを倒したキリクは一躍時の人となり、エクスカリバーの能力を使って堂々と更衣室に潜り込んでの覗きや、キムやジャクリーンのスカートめくりなどでの復讐を行う。
ソウル=イーターはいずれ『職人になるための1000の項目』に耐えられなくなると睨む。
オックスくんはキムに惚れているのか。
今クールから他の死武専の生徒も少しずつ前に出てくるようになってきたな。スカートめくりのシーンでも、パンチラはさせないのがアニメ版ソウルイーターです。放送時間が夕方というのもあるのでしょう。

だが、ソウルの推測とは裏腹に、ヒーロはエクスカリバーの『職人になるための1000の項目』を楽々とこなしていた。
朝の挨拶、朗読会、エクスカリバーの歌。
エクスカリバーのうざさをものともしないヒーロは、こうしてエクスカリバーのパートナーとなり、死武専の番長となった。
死武専に番長制度導入です。
番長は既に絶滅危惧種に認定出来ると思います。リアル番長を見た事がない。

その頃、エクスカリバーの居なくなった洞窟では、妖精達によってこの世の夏が謳歌されていた。
妖精達、こんなにいたんだ。この子達はここを離れる事が出来ないのでしょうね。

へっぽこ職人とウザい最強の武器、という理想の組み合わせが完成した。
このコンビは永久に続くかと思われたが、その終焉は意外な形で現れた。

ブラック☆スターがある日、死武専でヒーロを見かけると、以前のようにパシリにされていたのだ。
エクスカリバーをどうしたのかと問いかけると、くしゃみが1回で終わらないのだと答える。
なんどもくしゃみを続けるエクスカリバーに耐えられなかったのだという。
ヒーロはブラック☆スターにどうすれば変われるのかと問いかける。すると、ブラック☆スターは自分を見習えと笑う。
本当に、ブラック☆スターじゃないけどそこは我慢しようよ。他の事は我慢出来るのに、何故くしゃみだけがダメだったのだろうか。

とりあえず、筋トレから始めることにした。
筋トレは基本です。ただし過剰な筋トレは、見かけはごっつくなりますが、使い物にならない筋肉しか育たないので注意しましょう。

エクスカリバーが戻った事で、喜び浮かれていた妖精達はまたもどん底。
憐れ……

次回 第33話「共鳴連鎖~奏でろ、魂たちの旋律?~」
次回はいよいよチームでの魂の共鳴。
主役チームでの共鳴特訓のようですが、なかなかうまくいかないようだ。おそらく、原因の一つにマカの魂の波長だけが他の2人に比べて小さい、というのがあるのではないのだろうか。
マカは知られていない退魔の波長を持つとは言え、魂そのものはまだ小さいからな。魂感知能力が役立つのか?


theme : SOUL EATER -ソウルイーター-
genre : アニメ・コミック

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
11 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。