スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-saki-全国編 第13局(最終回)「旧友」

全国麻雀高等学校選手権大会2回戦を勝ち上った清澄高校は、この日試合がなく休日だった。
目を覚ました原村和は時計を見て9:25である事を確認し、大慌てで片岡優希を起こす。
まだ「おねむ」だと二度寝しようとする優希だが、和から花田先輩の試合が始まっていると聞かされて飛び起きる。
実は目覚ましを掛けていたが、早起きして花田煌の試合を見るという約束をすっかり忘れてしまっていた優希が止めてしまっていたのだ。和は宮永咲にも声を掛けるが、咲は起きようとしない。
和たちは元先輩であるすばらが出てる試合を見るために起きる予定だったわけですが、寝過ごしてしまったという有様。
相変わらず朝に弱い咲はお姉ちゃんの試合も見る気皆無です。

急いで竹井久や福路美穂子らのいるテレビのある場所へと駆けつける二人。
起こして欲しかったという優希に、気持ちよさそうに寝ていたから起こさなかったのだと応える久。
そんな彼女も和と優希の中学時代の先輩である煌が先鋒で出ているという事は聞いて知っていたが忘却していたのだ。
和は二回戦の試合を観戦していた時に登場して驚いたのだ。
ま、すばらは実力からすると、おそらく本来は全国で戦えるレベルではないのもあって、試合に出ているというのは予想していなかったんだろうね。当然、すばらの方は和と優希が出場していることは把握しているのでしょう。
2回戦は白糸台を見るつもりで観戦していた時、つまりは咲がベンチで読書していた時の話ですね。
しかしみんな試合がない日も制服を着ているんだな。試合がない日なら私服でもいいような気もするんだけど。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

咲-saki-全国編 第12局「真実」

・インターハイ2回戦第3試合大将戦
永水女子 石戸霞(3年)
宮守女子 姉帯豊音(3年)
姫松高校 末原恭子(3年)
清澄高校 宮永咲(1年)

後半戦も終盤へと進み始め、宮永咲が動き始める。
他家を絶一門とする永水女子の石戸霞や宮守女子・姉帯豊音の追っ掛け立直さえも正面から打ち破り、槓を使った戦いを繰り広げて瞬く間に首位へと上り詰めた咲。
更に槓した彼女が珍しくそのままツモ切りという挙動に出ると、熊倉トシの片眼鏡が破裂してしまう。
もはや普通にオカルトの領域ですよ。

今までに無い打ち方に戸惑う他の者たち。
カンドラを増やすためのカンとも思えるが、末原恭子は咲がカンしてもドラを乗せることがほとんどない事が調査済みの上、彼女の手牌にカンドラが2つあった。
このためズラす事が目的で、今回の鳴きにより霞と豊音の手の進みが遅くなる。自分は怖くないと思われているのだと、憤る恭子は聴牌を迎えて高目の倍満をツモる。
鼻息の荒い恭子ですが、後々のことを考えるととても残念なこと。
咲は確かにカンドラが全く乗らないんだよね。ドラが乗ればもっと高い手になると思うんだけど。

続きを読む

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

咲-saki-全国編 第11局「脅威」

・インターハイ2回戦第3試合大将戦
永水女子 石戸霞(3年)
宮守女子 姉帯豊音(3年)
姫松高校 末原恭子(3年)
清澄高校 宮永咲(1年)

後半戦。開始早々から、『友引』の能力を発揮して連続和了で姫松高校からトップの座を奪い取った宮守女子・姉帯豊音だが、2位との点差も少ないことから更に攻めに動く。
そんな彼女に守りだけでは2位通過も難しいと実感する永水女子・石戸霞。
何しろ点差はわずか。簡単に首位が最下位、最下位が首位へと変動する点差ですから、当然豊音も攻め続けるのは必要。

9年前、8才の頃、霞は祖母に連れられて本家の姫様である神代小蒔の下へと案内された。
祖母は霞に、霞は分家の中でも最も小蒔が血が近く似ており、だからこそ生きた天倪となるのだと教えた。
姫が宿す降ろす使う女神は通常の9人だけでなく、極希に恐ろしいものが降りてくる。「それ」を姫に変わって宿して手懐けるのが霞の役割だった。
そして今、霞はそれを身に降ろした。
神社が凄い場所に建ってるけど、どこなんだろうか。

続きを読む

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

咲-saki-全国編 第10局「仲間」

全国高等学校麻雀選手権大会2回戦第3試合大将戦、各チームがしのぎを削る中、トップを走る末原恭子に対して、姉帯豊音は4連続の追っかけリーチにて先制立直を仕掛けた恭子から一発の直撃を奪い前半戦を終了する。
恭子は開始早々こそ速攻の連荘を決めたものの、その後は他校の連続和了に加えて、豊音から4連続の直撃を浴びたせいで姫松はリードを一気に失った感じで一人だけマイナス。
これにより1位姫松高校と2位清澄高校の点差はわずか900点。大量得点を得た宮守女子は3位へと急浮上する。
これまでその力を隠していたため、想定外の力を発揮してきた豊音に対し、恭子は対策の練り直しが迫られる。
小瀬川白望が副将戦で無理をした臼沢塞の様態は大丈夫そうだと豊音に伝えると、安心した豊音は仇を取ると誓う。
東京の夜は星空は見えないが、夜景が星みたいで綺麗だという豊音。
楽しいかと聞かれた豊音は、素直に楽しいと答えると、みんなとここに来れて良かったと笑う。
わざわざ足を運んで塞の様子を知らせに来ているシロは、なんだかんだで実は一番チームメイト思いですよね。
最下位転落となったシード校の永水女子だが、石戸霞は前半戦ではプラスの収支で終えており、2回戦突破の可能性を秘めていた。
トップとの点差は15000点なので、このメンツなら簡単に覆る範囲。
そしてこの時点でまだ姫様は眠ってます。先鋒戦は午前中だったわけで、外は真っ暗になってるし、何時間寝てるんだろ、この姫様。
で、こんな眠り姫の可愛らしさが発揮されるのは後2、3話先のこと。

続きを読む

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

咲-saki-全国編 第9局「出撃」

・インターハイ2回戦第3試合副将戦
永水女子 薄墨初美(3年)
宮守女子 臼沢塞(3年)
姫松高校 愛宕絹恵(2年)
清澄高校 原村和(1年)

北家の時に四喜和を引き寄せる悪石の巫女・薄墨初美の和了りを塞ぐために力を消耗する臼沢塞は、自分と二位との点差を鑑みて「塞ぐのを止めるか」と考える。
原村和によって容易く二副露となった初美に対して、塞は自らが放銃してしまう危険性を考慮しながらも、それを警戒しない和の方が振り込む可能性が高いはずと敢えて塞がずに、和の振り込みを期待する。
が、結果は和も初美の鳴きに警戒したことで、その局は流れてしまう。
初美の手は小四喜に一向聴(イーシャンテン)であったのを見た和は、「なかなかの偶然ですね」とあくまでオカルトを認めようとはしない。
この局では封じられなかったのに、初美は何故か和了れなかったんですよね。既に二副露だから本来なら十分に和了れる条件が整っていたはずなんだけど、ツモ限定ではないからまれにそういう事もあるんだろうか。
東二局では塞が初美を直撃、東三局では愛宕絹恵が和から和了り点数をプラスへと持ち上げる。姉の愛宕洋榎と同じ舞台で結果を残すため、力の入る絹恵は東四局でも満貫で点数を伸ばしていく。
一人勝ち状態の姫松がここでも好調続き。

続きを読む

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。