スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクエリオンEVOL 第26話(最終回)「LOVE」

ミコノ・スズシロを取り返そうと、アマタ・ソラはアクエリオンEVOLで無限パンチを放つも、神来天翅-ANCIENT AQUARION-に乗るゼシカ・ウォンの肉体を奪ったトワノ・ミカゲは『神来無限掌-INFINITE PALM OF THE BUDDHA-』で反撃。
因果律を超えて結果を先に現れる攻撃。
でもアクエリオンは因果律を無視してもさほど驚く兵器じゃない。

不思議な回廊で意識を取り戻したカグラ・テムリは捕らわれたミコノを救おうとするも、全く辿り着く事が出来ず、転げ落ちた場所には捕らわれたゼシカがいた。
アマタを苦しめる合体は嫌だというゼシカは、ここがミカゲの心の迷宮であると告げると、自分を殺せばミカゲが太陽の翼を操れないから殺して欲しいと頼む。
ゼシカを手に掛けようとするカグラ。
後一歩で合体が解けるほどに追いつめられていたアクエリオンEVOLだったが、ミカゲに力が消えかけて助けられる。
ゼシカという器だけがあっても、ゼシカの魂が死ぬとミカゲには操る事が出来ないのか。死体では意味がないんだな。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : アクエリオンEVOL
genre : アニメ・コミック

アクエリオンEVOL 第25話「アダムの断片」

ようやく出会えた両親との別れを経験したアマタ・ソラは、自分から二人を奪い取ったカグラ・テムリへの憎悪を募らせる。
まさにミカゲの思うつぼという奴だな。
自分を騙した犬コロ同士で殺し合いさせることが出来て大喜びでしょうか。

意識を取り戻したカグラはミコノ・スズシロを捜すも、そこに現れた怒りに燃えるアマタを死神のように感じ取る。カグラが自分たちの父親を殺した、と怒りをぶつけるアマタ。
真犯人はミカゲなんだけど、アマタは知らないからカグラだと思い込んでいるんだな。
ベクターゼドをアクエリオンEVOLのヘッドへと変形させて攻撃してくるアマタに対して、アマタに出来て自分に出来ない筈がないと、カグラもベクターソルをソーラーアクエリオンのヘッドへと変形して対抗する。
激しくぶつかり合う二人の様子を眺めるトワノ・ミカゲは、今こそ「赤い夢と青い現の逢瀬が始まる」と笑う。
二人のぶつかり合いの最中、アルテアは次元を超えてヴェーガへと出現する。
犬のぶつかり合いが星をも動かした。

続きを読む

theme : アクエリオンEVOL
genre : アニメ・コミック

アクエリオンEVOL 第24話「ephemera」

神話型アクエリオンの目覚めによりヴェーガの世界各地で異常気象が発生。
ネオ・ディーバはアルテア界へ行くために、アンディ・W・ホールが次元に穴を開けることを試みる。
神話型アクエリオンが復活しただけでいきなり世界崩壊の危機……最終的にはもう一度封印しないといけなくなるのか。
それともヴェーガとアルテアが一つに戻ることで世界は元通りになるのかな。

アルテア界ではゼシカ・ウォンの肉体を乗っ取ったトワノ・ミカゲにより、カグラ・テムリがミコノ・スズシロと共に太陽の翼でイズモ・カムロギの率いるグニス隊と交戦する。
グニス隊はアフラ・グニスを除いて一撃で粉砕。
イズモの倍返しの力を反転の力で相殺するカグラ。
そんなイズモの援護に駆けつけたのはMIXYのミクシィ・グニスだった。

ネオ・ディーバから出撃するベクターマシン。
男同士の合体は久しぶりだと語るモロイ・ドレッツァ。
「行くぞ、男だらけの殺伐合体!」
「そんな合体があるか!」
「え!?」
カイエン・スズシロがモロイの言葉を否定する。
「熱き血潮の益荒男合体!」
「GO!アクエリオォォォォン!」
アクエリオンゲパルトに合体すると、アンディはMIXを取り戻すために次元に穴を開ける必殺技『次元隧道弾-TUNNEL BULLET-』を放つ。

続きを読む

theme : アクエリオンEVOL
genre : アニメ・コミック

アクエリオンEVOL 第23話「神話のセンリツ」

次元の狭間で流されるベクターマシン。
「流れに逆らうな!
 周りの音を感じるんだ!」
脱出するにはアクエリオンになるしかないが、合体すればシュレード・エランの命はもうないと、アマタ・ソラは合体に反対する。
しかしシュレードは自らの命を旋律を最期の合体に賭ける。
「感じてくれているかい? 親友……
 これが俺の最後の合体……
 交響合体! GO! アクエリオン!!!」
シュレード最期の合体は決戦のためではなく、脱出のためでした。

主要なエレメント候補生と教官たちを集めたクレア・ドロセラ。
不動・ZEN総司令は12000年前と24000年前から伝わる悠久の神話について語り始める。
馬鹿馬鹿しいと、アマタたちの救援へ向かうべきと抗議しようとするカイエン・スズシロだったが、不動が眼帯を外すと、彼らの体は一冊の巨大な本の上へと移動する。
常に彼らともにあったその書こそ、創世の書。
不動と同じく常に傍らにあって、でも見えなかっただけという事か。

続きを読む

theme : アクエリオンEVOL
genre : アニメ・コミック

アクエリオンEVOL 第22話「復活の翼」

自室のベッドで横になっていたシュレード・エランはその身を起こす。
「呼んでいる。究極のステージが」

「この音色、この旋律!
 最終楽章に相応しい。
 もっとだ。もっと奏でろアクエリオン!」
ケルビム・ヴェルルゼバと戦うシュレードは歓喜の声を上げる。
「シュレード、その体のどこに、まだそんな力が」
「スゴイ!
 優雅で繊細で、だけど熱くて激しい。
 心の奥までぎんぎん響いてくる!!
 こんなの、初めて!!!」
共にアクエリオンで戦うカイエン・スズシロとサザンカ・ビアンカはシュレードの力に驚く。
シュレード様絶好調です。最後の灯火が燃え盛ってる。

エレメントスーツを着用していないため、感覚が更に研ぎ澄まされているシュレードだが、それは肉体へのダメージも激しい捨て身の戦いだと危惧するスオミ・コネピとドナール・ダンテス。
「俺の魂に、最高のカデンツァを!!!」
アクエリオンはスーツ着てないと、機体の受けた衝撃がそのままパイロットにも影響してしまうんだね。てか、シュレードって基本的にパイロットスーツ着てないよな。過去の搭乗のうち、半分は無断で乗り込んでるし。

続きを読む

theme : アクエリオンEVOL
genre : アニメ・コミック

プロフィール

黒虎

Author:黒虎
アニメや音楽・映画などの個人的主観に基づいた感想をつらつらと駄文で書き綴っています。

趣味はアニメ・音楽・カラオケ・映画。
大阪在住の関西人。

年中無休で貧乏人です
語学力はサッパリ。記憶力はトリです。感性もイマイチです。故に高尚な表現によるレビューなどは期待出来ません、あしからず。

リンクはフリー。トラックバックは基本的に本館(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)の方へお願いします。

いつでも里親募集中










ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログパーツ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
株式会社 藤商事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。